トップナイフ ネタバレと感想 第8話 今出川の思惑

医療ドラマ、【トップナイフ-天才脳外科医の条件-】の8話を視聴しました。最後の最後で「今出川の思惑」が分かりましたね。以下早速ネタバレですトップナイフのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


今出川の妻が深刻な脳腫瘍を患っていたことが判明しました。これまでは他の病院に入院していましたが、意識障害が進行したため、手術をするために転院してきたそうです。内頸動脈を巻き込んだ頭蓋底腫瘍と聞くと、あの黒岩でさえ、全摘は難しいと指摘したほどなのだとか


君たちに治してもらいたい。そのために呼んだんだ


黒岩は、自分の妻のために黒岩と西郡を呼んだらしいですね。自分の立場を利用したことへの責任を取って辞めるつもりのようです


自分の大切な人を助けるためならどんなことでもしたいと思うのが人間ですものね~。羨ましいとは思うけれど、明らかに誰かを犠牲にした訳じゃなし、責める気にはなれません


呼ばれた方の黒岩は当初は期間限定での契約でしたが、保を一人きりにするのが心配で、日本に残ろうとしていたようです。もちろん今出川は手放しで喜びました。


また西郡はカテーテルとの二刀流で「凡人」を補っていたようです


一方の小机は、前回から引き続き「エイリアンハンド」に悩まされていました。手術の同意書が取れないと悩んでいたけど、左手の麻痺には触れずに腫瘍を手術すると言えばいいだけじゃないんですかね。それは患者を騙すことになるの?


マヒした左手を「若い恋人」だと思い込んだ夫を恨んでいた妻の純子は、ある時、その「若い恋人」の名前が「あつこ」と聞いて、それが在りし日の自分だったことに気づきました。純子は前川と結婚する前、前川があまりにもしつこかったため、自分の名前を「あつこ」と嘘をついたことがあるのだそうです


糟糠の妻を忘れて若い頃の妻に恋をするなんて、それもまたひどい話ですけどね。何せ前川は純子に離婚するとまで言い出したのですからね


純子はでも最終的には同意書にサインしてくれました。純子はがんサバイバーで、これまで3度開腹手術をしているのだそうです。


深山は病気のことも夫のことも諦めないよう励ましましたが、純子の場合は女癖の悪い夫のストレスで病気になったんじゃないですかね。夫の腫瘍が無事取れたら、思い切って慰謝料をタップリふんだくって、新しい人生を始めてみても良いのではないでしょうか。(


また深山は、真実を心配した元夫とその妻が病院に押しかけてきました。真実は帰りたくなさそうでしたから、自分でちゃんと今の両親にその気持ちを伝えた方がいいんじゃないですかね~。深山と一緒に暮らしたい、って


一方で、人間は苦手だとすっかり落ち込んでいた小机は、前川夫婦を見て「人間=脳は面白い」と感じたそうです。今出川の目に狂いはなかったということでしょうか。また来島は小机に相応しいのは自分じゃないと身を引いたように見えましたね


トップナイフ」も残り2話ですかね~。最後は是非その「トップナイフ」ぶりを見せてほしいですね


←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません