Information
当ブログには随時、広告が掲載されています。お目に留まったサービスや商品などございましたら、是非ご検討いただけますと幸いに存じます💐

不適切にもほどがある ネタバレと感想 第5話 小川の心中察するに余りある

クドカン脚本、阿部サダヲさん主演の【不適切にもほどがある】の5話は「隠しごとしちゃダメですか?」です。これがまたいかにもクドカンらしい「泣かせる伏線😭」でございましたね。クドカンは、確かにドタバタコメディが多いけど、そこにホロリとさせるようなエピを盛り込むのが本当に上手なのですよね👍。それをまた阿部サダヲさんが見事に演じてくれて〜おばさんはもう早くも涙腺緩みそうでした。以下早速ネタバレです不適切にもほどがあるネタバレ感想いきますよ〜( `ー´)ノ

1枚の写真

いい年をしたおっさんから「お父さん」と呼ばれて事態が理解できないでいる小川に🤨、渚がメールで1枚の写真を送りました。それは純子が「幼子」を抱いている写真です。それが犬島、あらため「渚」でした。そう、やはり渚は小川の孫だったのです🌸。

驚きながらも「ピリピリ」の理由に納得もした小川は、純子はどうしているのかと尋ねました。渚と犬山は困った顔をしながら「嘘」をつきます。以前の渚の話だと、純子は既に「阪神淡路大震災」で亡くなっているはずなのですが、ふたりは犬山と離婚して海外にいるとごまかしました。

ここでまず「泣かせる第1弾」がやってきます。小川は以前順子からこの話を聞いた時「これから9年後に阪神淡路でとんでもない大地震が起きる」と知って「覚えておく」と語っていました。初めて「ググる」も経験したことですし、忘れるはずがありません。小川はここで「純子の死」を悟りましたが、何も言わず、騙されたフリをしました

純子と犬山の馴れ初め

純子は、担任から「顔がいいから嫁には行けるが大学は無理だ」と言われたそうです。でも純子は、女子大生じゃないとマハラジャへ行ってもモテない、と言い張り(😂)、頑張って猛勉強して大学に現役合格したのだそうです。

当時の「女子大生ブーム」のおかげでどこへ行ってもチヤホヤされた純子は、モデル事務所にスカウトされて「大学生モデル」となり、カメラマンに「ディスコデビュー」と称してマハラジャに連れて行かれたのだそう。いや〜ワンレンボディコン、懐かしすぎ!😍 今じゃ絶対あんなカッコできんね😅。

そこで純子は、当時マハラジャで黒服をしていた犬島ゆずる(錦戸亮〜岸本耕助@家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった(かぞかぞ)、嘘やろ!🤣)と知り合いました。犬島はまだ新人でえんじの服を着ていましたが、着々と出世してキャプテンとなり(ここで初めて「黒服」が着れる)「覇者」になったら結婚してほしいと、純子にプロポーズしたのだそうです。覇者のスーツは肩パッドがバリバリに入ったシルバーなのかな🤨。

公言通り「覇者」となった犬島は「お腹に渚がいる純子と一緒に小川に挨拶に行きました。小川はブチ切れて結婚を許そうとしなかったそうです😤。

1995年1月17日午前5時46分

その後バブルが弾け、ディスコ産業も斜陽を迎えました。それで犬島は実家の神戸に帰って仕立て屋を継いだそうです。父親が厳しくてなかなか独り立ちさせてもらえなかったけれど、ようやく5年目にして1人で1から作ってみろと勧められたのだそう。最初の一着は是非小川にプレゼントしたいと考えた犬島は、思い切って小川に手紙を書きました🌹。

手紙だけでは来ないだろうと考えた純子は、引きずってでも連れてくると、東京まで小川を迎えにきたそうです。渋る小川をなんとか兵庫まで連れて行くのですが、今度は犬島が緊張しすぎてなかなか採寸できませんでした😨。そこで休憩を取った時、純子は渚に「じいじに抱っこしてもらえ」と勧め、小川はめでたく渚を抱っこ💜したのだそうです。

採寸が終わった頃にはもう終電も無くなっていたため、純子と小川、そして犬島の3人は、朝までやっている居酒屋で酒を酌み交わし、朝になって純子が小川を駅まで送っていったのだそうです。お父さん、背広できたらお届けに上がりますね🤗。そう語る「婿」に小川は、渚の顔を見るためにも自分が取りにくる、と約束したそうです💐。

それが1995年の1月17日早朝。おそらくはその直後の午前5時46分に純子と小川は帰らぬ人となったのだそうですあの日のことは忘れられない

29年越しのプレゼント

小川は、おっさんになった犬島からハガキをもらって「犬島の店」へ出かけて行きました。犬島はそこで全てを打ち明け、29年前に作ったスーツを取り出します。ジャケットの見返しには「小川市郎」の名前が刺繍してありました。

小川を心配して駆けつけてきた渚の前で、そのスーツをパリッと着こなした小川は得意げにネームを披露し、Yシャツの胸ポケットからハイライトを取り出して火をつけると、美味しそうに燻らせました。渚もまた、似合って当たり前だ、父が仕立てたのだから、と泣き笑いです

霞んでしまった辛辣パートほか

そんなわけで、いつもの「辛辣パート」はすっかり霞んでしまいましたが、一応あっさりまとめておきますね🐒。

暴言

純子の担任が「もし純子がブスだったら(嫁に行けないから)死ぬ気で頑張って国立目指せ、って言う」と力説していました😅。「ドラゴン桜」でも言ってましたね〜ブスとバカほど東大に行け、って💦。

コンプラとプライバシー

栗田は、社員のみならず出演者の素行もチェックすることにし、GPSで追跡調査をすることにしました👿。最も問題視されたのは八嶋です。皆から不倫を疑われた八嶋が、実は「けん玉」を習っていたのには大笑いでしたね〜🤣。あの格好で走っている時点で不倫はないっしょ、どう見てもランニングですよ、見りゃ分かるっしょ

収支合わせりゃええんか?👊

過去に残って「PTA」の役員になった向坂は、早速、過去の帳簿が見たいと催促しました。校長とキヨシの担任は、帳簿はない、運営費は年度はじめに徴収し、足りなかったら再徴収し、余ったら、お菓子やジュースを買う、と答えます。領収書はノートに貼っているが、もし収支が合わなかったら、テキトーに帳尻を合わせるのだそう👻。

隠蔽工作じゃないか!!雑所得として申告(納税)すべきだっ!!

「使途不明」って書かないだけマシかもですね😜。

ちなみに向坂は幼い頃から正義感が強く、皆から「PTA」と呼ばれていたのだそうです。向坂は昔の自分を見てこう呟きました。変わらないわよね、自分も社会も

SNSは使い方次第

何かと叩かれがちなSNSにも良い点があります。対面や直接、もしくは電話やメールなどと違って「やんわりと励ます」ことができることです。匿名だから罵倒する、んじゃなくて、匿名だからこそ施せる善行もある、ってことですよ。昔は何枚もハガキを書いてラジオに投稿しなきゃできなかったことが、今はSNSで簡単にできちゃう🤭。

まとめ

古田新太さん、俳優さんとしては決して嫌いじゃない、むしろ好きな方ですが、いくらなんでも錦戸さんって、あんまりじゃないクドカンにいくら渡したっ!?(`・ω・´)!?とテレビの前で罵倒していたのはおばさんだけでございましょうか😤。その錦戸さんと純子役の河合さん「かぞかぞ」で親子共演したのが今度は夫婦役で、思わずホッコリしちゃいました🤗。

ドラマの方は、まず、小川が渚を「孫」として抱っこしたのにピリピリが来たシーンには苦笑いでしたね〜😁。また小川は自分の運命は粛々と受け入れていたようだけど、純子に対しては違うんじゃないかな、なんとかして娘を守ろうとするんじゃないかな、と期待いたしておりまする

宮藤官九郎書き下ろしシナリオ
不適切にもほどがある!
出版予定日は2024年4月2日〜ただいま絶賛予約受付中!💕
関連記事
2024/02/29 (Thu) 14:23

こんさん、先日は「みんな誰かの娘」に突っ込みが噴出していたことを教えていただき、ありがとうございました。ちっとも存じませんで。

相手のことを尊重するために自分に置き換えて考えようという教えに倣い、若い女性が対象ということで簡潔明瞭なフレーズをクドカンさんがしっかり考えて「娘のように」と言い切っただけのことだと思います。それに突っ込むというのはやはり、やりすぎですよね。

例えば、いじめにあっていた人がドラマの中のいじめシーンを見たら、いろいろ辛いと推察いたします。視聴率獲得のために過激さを煽っているような軽率な場合は非難に値するでしょうが、いじめのひどさを視聴者に伝えるために必要な程度の表現にまで非難を浴びせてメディアを委縮させると、いじめ問題を考える機会が減って却って問題意識が低下してしまいますよね。ドラマスタッフの方は、その点についてはすでに意識高いので、十分考慮されていると思うのですが。

「汝の隣人を愛せ」という宗教的フレーズに対して、「いや、我が家の隣人は意地悪だから」といって文句を言う人はいませんよね(というか、実際はいたりするのだろうか?)。苦情って、格上の人間には黙っているけど、格下の人間には口に出すではないですか。ということは、ドラマのスタッフって、世間から舐められているのでしょうか。だとしたら、お気の毒です。

「あまちゃん」の中でアキちゃんが、逆回転で震災前に戻せたらいいのに、って悩む場面がありましたよね。あれはクドカンさんのやりきれなさの表れだったんでしょう。今回のドラマは、SF要素満載なので、震災で死ぬはずだった人を助ける展開もアリな雰囲気です。たぶん、あまちゃんでやれなかったことを今度はやったるでー、なクドカンさんの意気込みがあるのではないかと思いました。
今後の展開が楽しみです。

あと、蛇足ですが、犬島一家の現在の居住地は調布ですので、令和の市郎がスーツを作ってもらいに行ったのは神戸ではないと思います。辛い思い出のある神戸を離れ、心臓病を患う父とシングルマザーの娘が助け合って生きているという涙ぐましい設定ですよね。
以上

こん
龍さんへ
2024/02/29 (Thu) 14:45

そうかそうか^^;

龍さん、こんにちは〜(^^)/。

>「我が家の隣人は意地悪だから」といって文句を言う人

むふふ(ネット社会になら)きっといると思いまするよ( ̄▽ ̄)。

>ドラマのスタッフって、世間から舐められているの〜〜

というより(たぶん)匿名だから言えるのだと思いますよ。
上の隣人の話も、顔を晒して対面で正々堂々とは言えませんよね。言えちゃうようなら世も末だ^^;。

本当に、ぜひ「SF設定」を思う存分使いまくってほしいですね〜。

>犬島一家の現在の居住地は調布

あ、そうなんですね。親子は別居していると勝手に思い込んでましたが、そうだとすると、あんなに早く来るわけないですもんね^^;。訂正しておきますね〜。いつもありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ。こん