韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

アンサング・シンデレラ あらすじと感想 第3話 自分より弱い者をいたわる気持ち

2020/07/31
アンサング・シンデレラ 0
アンサングシンデレラ 石原さとみ 桜井ユキ

石原さとみさん主演の医療ドラマ、【アンサング・シンデレラ】の3話を視聴しました。人間、どんなに悪ぶってみても、自分より弱い者をいたわろうとする気持ちはあるんだな~とちょっと嬉しくなりました今回もええ話やったね~。以下ネタバレのあらすじですアンサングシンデレラのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

今回の患者は小学校教師の新田奏佑(浅利陽介~藤川一男@コードブルー)です。新田は慢性腎不全で週に3回4時間ずつの透析をしていました。どうやら体育の授業で走った途端、貧血を起こして倒れてしまったようですね

新田はすぐにも帰りたそうでしたが、医師は入院を命じました。担当になった葵も病室に話をしに行きます。新田は毎日7種類15錠もの薬を飲んでいたらしく、そのために飲み忘れも生じていたようでした。しかも葵はとんでもないモノを目にします。通常食前に服用するはずの薬が食後のものとまとめて一包化されていた上、割ってはいけない薬=アダラートCRが半分に割られていたのです

葵は早速、新田のかかりつけのドラッグストアに電話をしました。その担当が、以前から、例のクレーマーの店=娘娘亭で出くわしていた小野塚綾(成田凌~灰谷俊平@コードブルー)だったから驚きです。葵はそんなこととは夢にも思わず、小野塚を問い詰めました

医師の指示を鵜呑みにしたのか?疑義照会をしなかったのか?

新田への処方は「DO処方」(DOはDittoの略)と言って、前回と同じ処方を繰り返していたそうで、小野塚は問題はないと答えました。アダラートCRに関しては、今回から減量されたのに10ミリグラムの在庫がなかったのでとりあえず半分にしたのだと説明します。

~え~うちはかなりの田舎だけど、医師が処方したのにドラッグストアに在庫が無かった時は、遅くても翌日には自宅に届けてくれましたよ

呆気にとられた葵は納得できず、ドラッグストアに出向いてきました。そこで小野塚に気づきます

小野塚はついに本音をぶちまけました意識高い系の病院薬剤師が熱く語ってんのが笑えるよな

しかも自分は多忙だから、ひとりの患者になど関わっていられないと言い訳します。そう言いながら、小野塚は新田のこともよく見ていて、仕事が忙しい新田はいつも夜遅くまでやっている透析クリニックを利用しており、夜中まで空いているこのドラッグストアに処方箋を持ってくるのだと語りました。その度に新田はカップ麺と栄養ドリンクを6本買って行くそうです。

葵はこれにも驚きました。腎機能障害のある患者が栄養ドリンクを飲んだりしては排出がうまく行かず尿毒症になる可能性があるからです

あなたは何のために薬剤師になったんですか?

葵の問いは小野塚の胸を刺しました。小野塚は奨学金で薬剤師になったそうで、その600万を返済するためにドラッグストアに勤務することにしたのだそうです。そこで3年働いたら店が全額払ってくれるのだとか

それでも最初は、実際瀬野が開いていた勉強会にも参加し、その瀬野が患者を救ったのに感激して、瀬野に勧められた認定薬剤師の勉強もしたそうです。でも3年間に週3日、深夜の仕事をひとりですべてこなすという「ワンオペ」を続けたら、そんなことはどうでもよくなってしまったらしい

でも葵は、それはすべて小野塚次第だと反論しました。ドラッグストアにも志の高い薬剤師さんたちはたくさんいる、どこにいても、どんな境遇でも、必死に理想を追求し続けている人はいるものだ、と

そのひとりが新田です。新田も最初は、慢性腎不全になったことで時間を制約され、同僚や父兄、しまいには子どもたちからも馬鹿にされるようになったそうです。特に新田は貧血の薬=フェロ・グラデュメットを飲むと気持ちが悪くなってしまい、子どもたちから「ゲロゲロ先生」などと呼ばれていたのだそう。

それでも新田は、最初に抱いた「理想の教師」への夢が捨てきれず、精一杯頑張ってきました。この入院中も、運動会の応援旗を作ろうとして夜中も起きていたそうです。が、出来上がったその旗を持って学校へ行こうとしたら、その手前で力尽き、また倒れてしまいました透析してるのに無理しちゃダメだ~( ;∀;)

そこを見つけてくれたのは小野塚です。新田がいなくなったと聞いた葵が、かかりつけの薬剤師なら何か知っているのではないかと電話で頼んだからです。小野塚は、その日が小学校の運動会だったと思い出し、必死で自転車を飛ばしました。案の定、学校の前には新田が倒れています。小野塚はすぐに救急車を呼び、葵から聞いていた「貧血」の可能性も伝えました

新田の容態はすぐに安定しましたが、結局は旗すら満足に届けられなかったとすっかり落ち込んでしまいます。そんな新田を救ってくれたのは子どもたちです。新田を「ゲロゲロ先生」と呼び、かつ走るよう促した子ども=柿沢信吾は、自分のせいで新田が倒れたとひどく新田を心配し、何度も病院を訪れました

それで葵はこの子にお願いをして、クラスメート全員に新田への激励メッセージを書いてもらうことにします。子どもたちも皆、自分たちの前で倒れた新田を心配していたそうです。そうそう、子どもは確かに残酷な一面も持っていますが、自分より弱いものをいたわろうとする優しさも持ち合わせているのですよね

もはや自棄になりかけていた新田も、これには勇気づけられました。葵は動画も撮影してきて、子どもたちの声を直に新田に伝えます

先生に早く会いたいよ。いつも一緒に教室掃除してくれてありがとう。先生が教えてくれた漢字、テストで書けたよ!ありがとう!

葵は、子どもたちは皆、新田の頑張りを分かっていたと伝えました。かつての夢とは違うかもしれないけれど、病気と付き合いながら、別の形の理想の先生を目指すこともできるのではありませんか?

葵はその子どもたちのメッセージの1枚1枚をお薬カレンダーに入れてくれました。皆が後押ししてくれれば、お薬もきちんと飲めますよね? 葵は新田が苦手だった鉄剤も副作用の少ないフェロミアに変えてもらってくれたそうです。

感激した新田はこれを一生の宝物にすると言ってくれました。そしてその言葉通り、最後に1つ余っていた袋に入った「葵のメッセージ」も読みながら、毎日薬をきちんと飲み、子どもたちと楽しく過ごしたそうです

葵から話を聞いた小野塚は、次に新田が来た時、勇気を出して声を掛けました。

困ったことがあったら何でも相談してください!

社会の荒波にもまれて希望を失ってしまうことはざらにあることですが、こうした気づきがあった時、素直に改める気持ちだけは失いたくないものです素直でいたいね

一方の販田はこの度、萬津総合病院勤続20年を迎えたそうです。あの七尾まで加わって、薬剤部全員で販田を祝いました。販田はてっきり「ストの相談」をしていると思い込んでいたのがまた笑えましたね~

それを見て、20年もこの仕事しているなんて相当ヤバいと語っていた相原も、今やしっかり大阪弁で大阪のおじちゃんに注意ができるようになりました。薬が大きくて飲めないというおっちゃんのために半分に割ってあげたのです

割ったらあかんのもあるけど、これは割ってええやつや

慢性的な人手不足の薬剤部に、小野塚が加われたらよいのにね。もう借金は返済し終わったみたいですし

七尾の良いところも垣間見え()、「アンサングシンデレラ」は来週の放送もますます楽しみですね


アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり(1) (ゼノンコミックス) [ 荒井ママレ ]

これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.