Information
当ブログには随時、広告が掲載されています。お目に留まったサービスや商品などございましたら、是非ご検討いただけますと幸いに存じます💐

仮想儀礼 ネタバレと感想 第2話 信者がくる

プレミアムドラマ【仮想儀礼】の2話は「信者がくる」です。いや〜これはホントにおもろいわ〜smile。こういう辛辣な作品は大歓迎😁。民放で作るとやたらと「要らんギャグ」をぶち込んできてオブラートに包もうとするんだけど🐒、NHKはズバリ本質に斬り込んできて実に清々しいですね👍。以下早速ネタバレです仮想儀礼のネタバレ感想いきますよ〜( `ー´)ノ

聖泉真法会

鈴木と矢口は事故物件だったという小劇場を安く借り、もっともらしく幕をかけたりライトを灯したり、お香を炊いたりして「教団施設」をこしらえました。本尊はワインボトルに石膏をくっつけて金色に塗っただけのハリボテです💦。

鈴木の信念

早速「看板」を見たという女性が入ってきましたが、この如月秋瞑(美波〜柏木理津子@グレースの履歴)がまた「霊視」ができると主張する曲者で、二人は度肝を抜かれます😱。矢口は途中からいかにも「薄気味悪そう」にしていましたが、鈴木は如月の話を聞き終えると、至極真面目な顔でその悩みに答えました。あなたに必要なのは精神科医です。(😂)

鈴木は誠心誠意、自分にできることを伝えたのですが、矢口は大いに不満です。なんで「宗教」に繋げないんだ!?😤

鈴木はキッパリ断言します。

俺は、オカルトも洗脳も脅迫もしない。霊感ビジネスなどもってのほかだ。聖泉真法会は入会も大会も自由。悩みの解決と精神の安定の対価を「お布施」という形でもらうだけだ。額は俺たちが決めることじゃない。我々は「真っ当な商売」を立ち上げたんだ。弱っている人を食い物にはしないっ!!

次にやってきたのは、その元小劇場で芝居をしていた女優=徳岡雅子(松井玲奈〜お万@どうする家康)です。鈴木はこの徳岡の話にも真剣に耳を傾けた結果、徳岡はすっかり救われてお布施(1000円)を置いて行きました。矢口と鈴木は「初めて稼げた!」と大喜びです。

また鈴木はご近所づきあいも大事にしました。ゴミが落ちていれば率先して片付け、近所の主婦=山本広江(石野真子〜村井恵子@アライブ-がん専門医のカルテ)にも笑顔で挨拶をします。山本はすぐに鈴木が「宗教家」だと見抜きました。ホラ、私たちの世代は「毒ガス」作ってた教団とかいたから「教団施設」には警戒心が強いのヨ😼。

この山本も「ハーブティー」に誘われてやってきます。家族の愚痴を話して居心地が良くなったのか、たびたび訪れるようになりました。矢口は彼女を「ロイヤルカスタマー」と呼んで大事にします。その読み通り、口コミで次々と人がやってきました。山本の友達もやってきますが、その友達=藤田圭子(峯村リエ〜持丸栄@ケイジとケンジ)は明らかに教団を疑っていました

自明の理

鈴木は、相談者が来るたびに真摯に耳を傾け、的確なアドバイスをします💜。生活困窮者には役所に相談するよう勧めました。矢口は、それじゃあまるで役人のボランティアだと不平を言いましたが、その地道なボランティアが実を結びます🤭。

毎日祈るようになった山本は、心に余裕ができたらしく、家族にも優しく接するようになった結果、皆から優しくされて「すべては教祖のおかげ😍」と感謝しました。彼女はついに「10万円を包んできます

また「危険な詐欺☠️」も紹介されました。大学で勉強会に誘われたコンビニのバイト=伊藤真実(川島鈴遥〜おみち@善人長屋)が、次には合宿に誘われて、その合宿で「洗脳」されそうになったのだそうです。伊藤は恐ろしさに気づいて逃げ出しましたが、あまりにもしつこく追ってくるので、いつもコンビニで見かけていた鈴木に助けを求めました😭。

必死で逃げ込んだその場所に「宗教😈」のにおいを感じた伊藤が怯えるのを、山本が優しく慰めます。大丈夫よ、ここは危ない場所じゃないわ🤗。伊藤が誘われたのは悪名高い恵法三倫会という「政財界とも繋がりの深い新興大教団」なのだそうです。伊藤の前に「探検」に来ていた高校生の竹内由宇太(齋藤潤〜栗木四郎@ユニコーンに乗って)は、一番ヤバいとこだ😍、と目を輝かせました。

竹内は彼らを「宗教右派」と呼びます。

家父長制の権化のロビイストだ。男は男らしく、女は女らしく、子供を産んで共同体に奉仕しろ、間違っても個人の幸福など追求するなという思想で、保守政党の手厚い庇護を受けている仕組みだ。日本は腐ってる。

が、鈴木はこの「尤もらしい理屈」に(おそらくは)内心では共感しながらも、竹内はここにいるべきではない、と追い返します👌。そうして社会批判をするばかりでは「成長」できない、ひいては「ただ文句を言う大人」になるばかりなのは明白だからです🐒。でも話くらいは聞いてやりたい〜真面目な鈴木はそう考えていたのだそう💜。

また伊藤には「安全な場所」を提供しました。山本がアパートを持っていて、その部屋が空いているのだそう。

その後は、藤田も「祈り」によって奇跡を手に入れたと感謝してきました💐。末期がんを患っていた母が奇跡的に元気になったおかげで、折り合いの悪かった藤田と最後に仲直りができたのだそうです。母親はその後すぐに亡くなったそうですが、藤田はこれを「奇跡」だと信じて疑いませんでした😭。

瓢箪から駒

最初に来た如月も、鈴木が如月の霊視を利用しようとしなかったことで鈴木を信頼して入信します。もはや、鈴木たち以上に熱心になった「信者たち」は「教義」はどこにあるのかと尋ねました🤨。そこまで考えが及ばなかった鈴木たちは大慌てです😱。

こうして瓢箪から駒=教団はますますそれらしくなっていくのでございましょうね😎。

仮想儀礼(上) (新潮文庫) 仮想儀礼(下) (新潮文庫)
仮想儀礼(上・下) (新潮文庫)
関連記事