韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

Welcome to my blog!

連続テレビ小説【エール】を見始めました(第1週 ネタバレと感想)

2020/04/04
エール 1
エール 唐沢寿明 風間杜夫

朝の連続テレビ小説、【エール】がいよいよ始まりました

福島が誇る作曲家=古関裕而さんがモデルと言うことで、最近は朝ドラとはご無沙汰だった父もトライしたのですが、1話の演出にぶっ飛んで断念してしまったようです。確かに~あれがずっと続いたらおばさんもちと付いていけなかったかもしれません

ところが2話目からはこてこての朝ドラに早変わりです。果たして父は戻ってきてくれるでしょうか~は内輪の話でござりまするね

また本日放送の5話に至っては、既にダイジェストを放送していました。これはコロナウイルスの影響で出演者やスタッフを心配したNHKさんが、収録を当分中止したことが原因なのでしょうか。漏れ聞くところによると、既に10週分(50話)は収録を済ませてあるとのことです。

実際問題として「NO三密が叫ばれているのに、撮影だけは別だという訳にも行きませんよね。子どもから大人まで出演するドラマですから、そこは放送に固執することなく「人命ファーストでお願いしたいところでやんす。

前置きが長くなってしまいました。以下ネタバレのあらすじですエールのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


福島県福島市にある老舗呉服屋=喜多一に、長男の古山裕一(石田星空)が生まれました。父の三郎(唐沢寿明~樋口彰吾@ボイス)は大喜びで「レジスター」を買ってきたそうです。が、母のまさ(菊池桃子~樋口未希@ボイス、ここでも夫婦役ですね)は呆れ果てていました

三郎はとにかく新し物好きなのですが、次男が生まれた時に買ってきた蓄音機は、裕一の将来を決定づけたといっても過言ではありませんでした

蝶よ花よと育てられた裕一は人前に出るのが苦手な大人しい子どもに育ってしまい、学校でも苛められてばかりいたそうです。子どもたちは皆裕一を「ずぐだれ」と呼んでバカにしました。ちなみにドラマでは「いくじなし」の意味で使われていましたが、実際には「だらしない・役立たず」の意味で使われることが多いです

そんな裕一を蓄音機から聞こえてきた「威風堂々」が音楽の世界にいざないました。音楽から「エール」を贈られた一瞬です

これに続いて担任の藤堂清治(森山直太朗)も裕一にチャンスを与えてくれました。担任の他、子どもたちにハーモニカを教えていた藤堂は、クラスで「作曲」もさせたそうで、それが裕一の才能を引き出したのです

それからというもの、裕一は一躍クラスの人気者となりました。特に女子からモテモテです

これを面白く思わない同級生は裕一を苛めようとしましたが、意外にも、喜多一にも出入りしていた魚屋の長男=村野鉄男(込江大牙・こみえたいが)が庇ってくれました。鉄男も以前はひ弱な裕一を嫌っていたのですが、裕一が、弱っちいなりに「音楽」を大切にしていることが分かったからのようでしたね

その鉄男の父親は、外では愛想のよい優しい人物に見えましたが、家では飲んだくれて鉄男に辛く当たり、鉄男に外で働くよう命じていました。ちょうど本を読んでいた鉄男は、父親に張り倒されてその本を落としたところに裕一が出くわします

裕一は、自分を助けてくれた鉄男に本を返しに行こうとしましたが?

裕一には、また一風変わった佐藤久志(山口太幹・やまぐちたいき)という友達もいました。この久志の成人役を演じるのは山崎育三郎さんだそうなので、後々、歌が期待できそうですね

また時代は第一次世界大戦の真っただ中、喜多一の経営もご多聞に漏れずひっ迫していたらしく、まさは、まさの兄で川俣町に住む銀行家の権藤茂兵衛(風間杜夫~大貫誠一郎@ケイジとケンジ)が裕一を養子にしたいという申し出を真剣に考えていたようです。

あ~川俣町、懐かしいですね~。おばさんも小学校に入るまで住んでいました。説明にもあったように絹織物(羽二重)が有名ですが、今はこれに加えてコスキン・エン・ハポンというフォルクローレや川俣シャモが有名です。人情もタップリでええとこですよ~

ドラマでは、成人した裕一(窪田正孝~成瀬慎司@Nのために)が、妻の(二階堂ふみ~白木リン@この世界の片隅に)とともに、1964年の東京オリンピックの開会式を訪れるシーンも放送されました。そこで演奏された「オリンピック・マーチ」も彼の作品だったのだそうです。大人になっても引っ込み思案は相変わらずのようで、裕一は緊張のあまりトイレに立てこもっていました

そこに長崎出身の警備員(萩原聖人~植野雄吾@BG)が現れます。彼は小山が作曲した「長崎の鐘」に励まされと語り、裕一の背中を押してくれたそうです。今日は先生の晴れ舞台です

今後は先日コロナウイルスによる肺炎で亡くなられた志村けんさんも登場する予定だそうです。文字通りの遺作となった作品で最後にどんな姿を見せてくれるのか、その登場を楽しみにお待ちしたいと存じまする志村さんの登場を楽しみにしています


次回のレビュー→



こんなものまで出ていたとは知らんかった


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

Comments 1

There are no comments yet.
こん

Fさんへ

拍手コメントをありがとうございます♪

Fさん、ありがとうございます。

志村さんの役はその後も代役を立てずに工夫されるそうですよ。
何とも切ないですが、
きっと楽しい役に仕上がっていて元気を与えてもらえそうですね。こん

2020/04/05 (Sun) 07:09