Information
当ブログには随時、広告が掲載されています。お目に留まったサービスや商品などございましたら、是非ご検討いただけますと幸いに存じます💐

光る君へ ネタバレと感想 第11話 まどう心

NHK大河ドラマ、【光る君へ】の11話は「まどう心」です。うーん、これまたなんとも切ない展開でございましたね。まひろを応援したいけど、パチーノ道長の気持ちも分からんでもないですし💦。以下あっさりネタバレです光る君へのネタバレ感想いきますよ〜( `ー´)ノ

失職

為時が職を失ったことで、まひろの家は一気に財政難に陥りました。まひろは、親しくしている倫子(の父=左大臣)ならなんとかしてくれるかもしれないと、源家を訪れますが、倫子は「摂政が決めたこと」は覆せない、と断ります。摂政の決断は帝の決断だからです。

それでまひろは、その摂政=兼家に直談判することにしました。本来なら、会ってなどもらえない立場、文字通り雲の上にいる兼家ですが、それなりに為時との縁を重んじてくれたのか、まひろの話を聞くことにします。

まひろは、父は不器用ながらに「間者」の役割も一生懸命務めていた、ここはなんとか温情をかけてもらえないだろうかと頼みましたが、兼家はにべもなく断ります勘違いしてもらっちゃ困る。何か勘違いしているようだが、最初にわしの元を去ったのは為時の方だ。わしは、去りたいと言う者もとめぬが、一度背いた者に情けをかけることもせぬ。

わしの目の黒いうちに、そなたの父が官職を得ることはない。下がれ。

まひろはすっかり落ち込んでしまいました。東三条殿にやってきた時は、ここが愛する道長の住まう処か、などと考える余裕のあったまひろも、帰りは、その道長がまひろの姿を見てそそくさと物陰に隠れてしまったことにも気づかずに立ち去っていきます。

道長は兼家に(答えを知りながら)客人は誰だったのかと尋ねたところ、兼家は「虫ケラが迷い込んだだけ」と答えました。道長的には、もしかしたら、まひろが父に何か(2人の仲)を話しにきたのではないかと勘繰ったやもしれませんね。また兼家が意味ありげな視線を送ってそう答えたので、やはりまひろとの婚姻は決して認めてはもらえぬだろうと再確認したかもしれません😨。

妾になれ

宣孝の助言

まひろが兼家に直談判に行ったと聞いた宣孝は、大いに感心していました。が、所詮は無理な話だから、裕福な婿を迎えれば良いと助言します。まひろは「妾」は嫌だと断りますが、宣孝は「北の方=正妻」は無理だと諭しました。その宣孝にもたくさんの妾がいるそうですが、ちゃんと分け隔てなく慈しんでいるのだそう🐒。

道長の申込

まひろは、長年使えてきた使用人たちに暇を出し、自分で家事をすることにしました。残したのはいとと乙丸だけです。そこへ百舌彦がやってきて「いつものところ」で待っていると道長の伝言を託していきます。まひろは喜んで出かけていきました😍。もしかしたら、道長が力になってくれるかもしれない、との期待もあったかもしれません。ところが・・・😈。

なんとなんと道長はまひろに「妻になってほしい」と言い出しながら、その内実は「妾」でした。まひろの望む通りに政で頂点に立って世の中を変えるから、側にいてほしいと申し出ます。「北の方」にはできないが、心の中ではまひろが一番だ!

でもまひろは承服できませんでした。妾になるのは嫌!😤

道長は苛立ちを隠せません💢。遠くの国に行くのは嫌だ(誰にも邪魔されず二人で暮らせる唯一の方法)、偉くなって世の中を変えろ(父に背いては偉くなれない👻)、北の方じゃなきゃ嫌だ(父が許すはずがない👎)、と、勝手なことばかり言うなっ!!😡

道長は帰宅して兼家のもとへ行きました。

平安のコルレオーネ家

花山天皇の攘夷に伴い、わずか7歳の懐仁親王が即位して一条天皇となりました。母の詮子は国母となり、皇太后になります。摂政になった兼家は、早速人事を一新し、息子たちを昇進させました😈。道隆を権大納言、道兼を参議、そして道長は蔵人です。道兼は不満のようですが、そこはうまくなだめます。

ほぉ〜脚本家の大石静さんは、最初柄本さんにこう話したそうですよ。確かに、それはかなりのプレッシャーでござりまするね🤭:

「光る君へ」藤原道長は『ゴッドファーザー』アル・パチーノをイメージ 柄本佑、プレッシャーを明かす|シネマトゥデイ

「光る君へ」藤原道長は『ゴッドファーザー』アル・パチーノをイメージ 柄本佑、プレッシャーを明かす|シネマトゥデイ

吉高由里子主演の大河ドラマ「光る君へ」(NHK総合・日曜午後8時~ほか)で藤原道長を演じる柄本佑。

まとめ

道長と兼家のラストシーンですが、いや〜あそこで「まひろと一緒になりたい」は言わんね、このヒトは。情熱的そうに見えて結構「お利口さん」だもんね。一条天皇の即位式で高御座に子どもの生首が置かれていたのも、さっさと処理して何事もなかったかのように甥を帝にしてしまいました💀。

それにいよいよ倫子が本気を出してきたようですよね。私には好きな人がいる。必ず我が家の婿に迎える、って。倫子からそう打ち明けられたまひろが、相手が誰かも知らず、一緒に興奮していたのがなんとも哀れでございました

NHK2024年大河ドラマ 光る君へ THE BOOK (TVガイドMOOK)
NHK2024年大河ドラマ 光る君へ THE BOOK (TVガイドMOOK)
関連記事