Information
当ブログには随時、広告が掲載されています。お目に留まったサービスや商品などございましたら、是非ご検討いただけますと幸いに存じます💐

光る君へ ネタバレと感想 第12話 思いの果て

NHK大河ドラマ、【光る君へ】の12話は「思いの果て」です。道長もまひろも、互いを想う気持ちは同じなのに、プライドもしくは恐れ(また振られたらどうしよう😨)が邪魔をしましたね〜😔。でもだからこそ「紫式部」が誕生したのかもしれませんが😁。以下あっさりネタバレです光る君へ12話のネタバレ感想いきますよ〜( `ー´)ノ

妾の気持ち

為時は、引き続き、高倉の女あらためなつめ(藤倉みのり〜明本めぐみ@24JAPAN)の看病をしていました。ある日まひろがそこを訪れると、なつめはもはや臨終間近らしく、僧侶が来てなつめの髪を切る「得度」が行われていたそうです。

これでもう心穏やかにあの世に行けると思いきや、なつめは急に苦しみ出して、離縁の際に別れた娘のさわ(野村麻純〜杉亮子@こっち向いてよ、向井くん)に会いたいと訴えました。為時はまひろにさわを連れてくるよう頼みます。さわはすぐに駆けつけてきて、母との久しぶりかつ最後の対面を果たしました。こうしてなつめは今度こそ心穏やかに旅立っていきます🌸。

その後、さわがまひろの家を訪れます。さわは、家事や畑仕事をしているまひろを褒め称えました。さわの父は「女は何もするな」と命じるタイプの人間で、後妻の子供ばかりを可愛がっているのだそうです。さわは、なんでもできるまひろに憧れて、それからも度々やってくるようになりました。一緒に畑仕事をしたり、まひろから琵琶を習ったりしたそうです🤗。

同じ頃、宣孝がまひろの婿に藤原実資の名を挙げました😵。予告でもしや〜とは思ったのですが、たまたま実資が赤痢にかかったとかで立ち消えになります👍。

でも実資もまひろを「鼻くそ」扱いしていたそうです。以前まひろは兼家から「虫ケラ」扱いされていました。下級とは言え仮にも貴族なのに、一般庶民がどれほど軽んじられていたか、想像に難くありませんね😔。

まひろは「婿など要らぬ」と豪語しますが、宣孝は甘いと叱りました。

一方で道長は兼家に左大臣家への婿入りを願い出ています。兼家は早速、左大臣・源雅信に縁組を頼みにいきました。兼家を嫌っている雅信は即答しかねましたが、倫子が大いに乗り気です。この縁談を認めてくれなければ、一生猫しか愛さない!とまで断言しました😂。さすがの雅信も、さめざめと泣く愛娘の姿を見ては、無碍に反対もできません。

その後、道長は道綱から「妾の気持ち」について聞かされました。兼家がどれほど寧子のもとへ通ってきても、所詮「妾」は待つことしかできぬ、と。道長はこの言葉にハッとします。まひろがあれほど妾にはなりたくないと言ったのはそういう訳だったのか!

その頃まひろはまひろで、道長以外の妻にはなりたくないと再認識していました。妾でもいい、やはり道長の妻になりたい!!

そこへ折りよく百舌彦が道長からの手紙を持ってきます。その日は「庚申待」で、惟規やさわも一緒に「夜明かし」するところでした。庚申待の夜は「寝ないで過ごす」習わしだったのだそうです。この夜に寝てしまうと、人間の体の中にいる三尸の虫が這い出てきて、天帝にその人の悪事を報告するのだそう😱。

まひろは急いであの廃墟へ出掛けていきました。正直な自分の気持ちを伝えようと決心していたはずが、道長の言葉でその決意が崩れます。道長は、左大臣家への婿入りを決めたと、まひろに報告に来たのです😨。地位と権力を手に入れて、まひろの願う世を作るために精進するつもりだ。でも心の中では「妾でいいと言ってくれ怒り炸裂と叫んでいました。

道長の想いなど知るはずもないまひろは絶望しながらも、倫子はおおらかで素晴らしい姫だと祝福します。いつもの勉強会でも、まひろが畑仕事や家事をしていると聞くと、他の姫たちは皆まゆを潜めたのに、倫子だけは楽しく共感してくれたのです。まひろがこの勉強会に出かけていくのも倫子に会えるからなのですよね。

私は私らしく、己の生まれてきた意味を探します

予告では、どうやらまひろは庶民に文字を教えるようでしたね💐。

入れておしまい!😁

最後の望みを断たれた道長は、こちらも絶望しながら、その足で左大臣家へ向かいました。本来、貴族の男性が女性の家を初めて訪れる際にはまず手紙をよこしてから(歌を贈ってから)が習わしなのでしょうが、道長はそれもせずに門を叩いたのです。でも、倫子と道長の縁談に大賛成の穆子は「入れておしまい!😁」と命じました😂。

倫子も積極的に道長に抱きつきます😍。こうしてふたりはめでたく?初夜を迎えたようです。

周囲の思惑

源明子

その一方で、皇太后となった詮子は道長に、もう一人「妻」を迎えるよう勧めていました。相手は後醍醐天皇の孫にあたる源明子(瀧内公美〜桂歌子@二月の勝者)です。明子の父の源高明は左大臣を務めていたそうですが「藤原」が太宰府へ流刑にしたのだそう。この「藤原による他氏排斥事件」を「安和の変」と呼ぶそうです。

そこに兼家がどう関わっていたのかはよく分からんのですが、明子はことのほか兼家を憎んでいました👿。明子自身は詮子の庇護を受けていましたが、道長の妻になれば兼家を呪詛することができる(髪の毛一本でも手に入れられる)と息巻いています😤。当の道長は、本命のまひろに振られた今、妻は誰でも構わないようです無関心

藤原公任

関白から太政大臣となり、ある程度の地位は与えられたとは言え、内実はまったくのお飾りと化した頼忠は、思い切って引退することにしました。息子の公任には、兼家の時代もそろそろ終わるだろうから、これからは(長男の道隆ではなく)道兼だと教えます。

以前公任は「貴族男子の心得」として、上流家庭に婿に行き、娘を産んで入内させる、とエラソーに語っていましたが、この公任の姉の遵子は円融天皇から愛されこそすれ、皇子を産むことはついぞできなかったのですよね。当時詮子は帝から毛嫌いされていたけれど、今や一条天皇の母で皇太后というわけですわ😎。

かつては名実ともに若手ナンバーワンだと誇っていた公任が、今後どう藤原家、道兼や道長に接触していくのかも見ものでござりまするね😁。

NHK大河ドラマ 歴史ハンドブック 光る君へ: 紫式部とその時代 (NHKシリーズ)
NHK大河ドラマ 歴史ハンドブック 光る君へ: 紫式部とその時代 (NHKシリーズ)
関連記事