韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

太陽の帝国 ネタバレと感想 34~36話 「口では言えない恐ろしいこと」が起きた

2020/12/11
太陽の帝国-復讐のカルマ 0
太陽の帝国 韓国ドラマ

韓国ドラマ、【太陽の帝国~復讐のカルマ~】の34話から36話まで視聴しました。チョン道士が、来年ならいいが、今年テヤンとトクシルが結婚したら、とても口では言えない恐ろしいことが起きると予言した際、もしかしたらトクシルは流産するのではないか、と妄想したおばさんでした。が、それが見事に外れ~流産したのはシウォルで~親子3人仲睦まじく暮らしている今になって、こんな不幸が起きようとは思いもよりませんでした。以下早速ネタバレです可哀そうなセッピョル( ;∀;)

悲劇

セッピョルが運命の犠牲?になりました。ミランが携帯を忘れたのに気づいたセッピョルは、携帯を届けようとして追いかけた時にそこにやってきたバイクに轢かれ、おそらくは亡くなってしまったようですそもそもはミランとテジュンが悪いね( `ー´)ノ

そのミランはテジュンから、テヤンがシンミ食品の取締役会に出席するのを阻止するために睡眠薬を飲ませるよう命じられていました。そうしなければ、ミランが「グァンイルとテヤンをすり替えた」ことをトクシルに暴露する、と脅します

あ~やはり赤ちゃんを取り換えたのは、テジュンじゃなくてミランだったのですね。以前テジュンもグァンイルにそう説明していたけれど、確か最初の頃ミランがテジュンを「罰当たりなことをしている」と責めた覚えがあったので、テジュンが嘘をついたのかと思っていました

ミランは、どうせ何もできやしない、それにこんな風に脅されるぐらいなら、自分で警察に自首をして罪を償う、と豪語します。当然睡眠薬は飲ませませんでした。怒ったテジュンはミランを拉致させます。セッピョルは、ミランが男たちに車に連れ込まれたのを目撃したので、祖母を心配して尚更後を追いかけ続けたのかもしれませんね

天罰が下るべき当人たちにはこれが下らず、最も無邪気な天使が神に召されてしまいましたミランとテジュンに天罰を!

ジミンは人質に

テジュンはジミンがテヤンの息子だということも突き止めました。これでグァンイルが自殺を図った理由も頷けます。そして、例のDNA鑑定のことも腑に落ちました。テジュンはシウォルとグァンイルを離婚させようとしますが、グァンイルは応じようとしません。そこで、グァンイルがヤンジの継承者に決まるまでは、何とかしてシウォルを黙らせておこうと、ジミンを「人質」にすることにしました。ジミンを一人でアメリカに留学させたのです

ジョンヒには、ただ、シウォルには結婚前から好きな人がいて、その気持ちは今でも変わっていないとだけ伝え、そのためにグァンイルが自殺を図ったと教えました。息子を苦しめているシウォルに激怒したジョンヒは、テジュンの言いなりになってジミンをアメリカに追いやります。付き添いにはヤン室長が抜擢されました。テジュンはヤン室長が密かに借名口座を作っていることを探り出しており、それを盾に彼女を脅しています

ジミンが、最後の挨拶をしようとテヤンを訪れてきたのに、ミランが嘘をついて会わせませんでした。ミランもまた、シウォルとテヤンの仲を疑っていて、自分の孫のジミンがテヤンに懐いているのを面白く思っていないのです。そう、ミランはまだ、ジミンがテヤンの息子だとは知りません

実際、ジミンとテヤンは、互いが「ソウルメイト」のように思えていた=心が通じ合っていたのだそうです

感想

もうね、テジュンやグァンイルから冷たくされても健気に我慢しているジミンが可哀想でなりませんでしたねシウォルはある意味自業自得だけど、何の罪もないジミンは本当に不憫ですよ

でも、そのシウォルがジョンヒやウォルチョンに真相を言えない理由は「ジミン」だけだったのですから、そのジミンがいなくなった今こそが、真相を告げるチャンスなのにね。ウォルチョンはともかく、まずはジョンヒに、グァンイルは実子ではない、テジュンがテヤンとすり替えたのだ、と教えれば済むことなのに

これまでは、いや今も少し、グァンイルが可哀想に思えるけれど優しいシカから復讐の獅子と化したグァンイルなら、もうやり返しても構わんのではグァンイルめ、覚悟しいや( `ー´)ノ?心配なのはヤン室長だけれど、あの人もまさかジミンを殺そうとまではせんでしょう

さ~て来週はどうなりますかね。目の中に入れても痛くないほど猫可愛がりしていたセッピョルの事故の原因がミランとテジュンだと知った時のテヤンの変貌がまた怖いでやんすね

これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.