韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

太陽の帝国~復讐のカルマ~ネタバレと感想 3&4話 サクサク進んで楽しい

2020/10/29
太陽の帝国-復讐のカルマ 0
太陽の帝国 韓国ドラマ

韓国ドラマ、【太陽の帝国~復讐のカルマ~】も順調に視聴しています。あくまでもここまでの印象ですが、サクサク進んでくれるのでイラっとせずに楽しめています。以下早速ネタバレです太陽の帝国のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

出生の秘密

やはり、グァンイルはテジュンとミランの子どもでした。この辺は韓ドラあるあるな感じですものね。でもミランは、お世話になった社長=ウォルチョンを裏切ったテジュンを軽蔑していたようです。それなのに、騙された社長、現在の会長のウォルチョンは、テジュンのグァンイルへの愛情は本物だ、自分の息子でもないのに真剣に考えてくれている、などと感動していたようです。当たり前ですよね、本当に自分の息子なんだもの

でも、ユウォルを消そうとしたのは、本物の後継者を消そうとした訳ではなくて、ほかならぬウォルチョンが「始末」を命じたからだそうです。テジュンは良心の呵責に苦しみながらも、それが最終的には最善の策だという結論に達し、ユウォルを交通事故に見せかけて殺そうとしました

~その日は大韓航空機撃墜事件の遭った日だそうです。アタイの知り合いがアレに乗るはずだったのでよぉ~っく覚えていますわ

復讐

一方のユウォルも危険を察し、しばらく家を離れることにしました。シウォルはそんなユウォルと一夜をともにし、「忘れ形見」を宿します

それからしばらくして「ユウォルの事故死」を知ったシウォルは半狂乱になりました。その後、ユウォルの友人の会計士=ギジュンから、シウォルはヤンジグループに殺されたに違いないという話を聞かされます。その上さらにテジュンとミランの話を耳にしました。ミランは、テジュンがユウォルを殺したに違いないと察して問い詰めていたのです。

自分の息子と入れ替えたばかりか、殺すなんて人間のすることじゃないわ!!

シウォルは、他でもない副会長のテジュンが愛するユウォルを殺したと知り、復讐を誓います。毒薬を入手し、これをコーヒーの中に入れて仇を殺したら自分も死のうとしていました

忘れ形見

そこでシウォルはようやく妊娠に気づきます。ここで自分が死んだら、お腹の子も殺してしまうと思いとどまったシウォルは、もっと積極的な復讐をすることにしました。グァンイルに会いに行き、以前グァンイルが誘ったイタリア旅行に行くことにしたと伝えます。ふたりは3カ月も旅行していたそうで、戻った時にはグァンイルは「パパ」にさせられていた、という訳ですね

ユン秘書(シウォル)のお腹には僕の子どもがいるから結婚する!

ウォルチョンとテジュンは猛反対しましたが、ジョンヒが間に入ってウォルチョンを説得しました。これに加えてチョン道士が、シウォルはグァンイルが帝王になるのに欠かせないピッタリの相性だと教えに来ます。本当はグァンイルじゃなくてユウォルにとってなんですけどね

それでウォルチョンはシウォルとグァンイルの結婚を許しました。

ユウォル

もちろんユウォルは生きていました。それもなんと、ミランの娘のチェ・ドクシル(ハ・シウン)に助けられたのだそうです。トクシルはすっかりユウォルに一目惚れしたようですね。

肝心のユウォルは数カ月間目を覚ましませんでしたが、目覚めるとすぐにシウォルに連絡しようとします。が、その頃ユウォルは、グァンイルとともにイタリアに婚前旅行に出ていたため連絡が付かなかったようです

何とかギジュン連絡が付くと、彼からシウォルの「裏切り」を聞かされました。ユウォルはシウォルを信じようとしますが、ギジュンはシウォルを激しく非難します。シウォルは必ず、ユウォルがヤンジに殺された証拠をつかむと言っていたはずなのに、彼はそう悔しがりました

感想(再び妄想)

な~るほどね~その後エドモン・ダンテス、否、ユウォルが名を変えて彼らの前に姿を現すのでやんすね

またシウォルがグァンイルと結婚したのは、ヤンジグループの正当な後継者はユウォルなのだから、その子どもであるお腹の子にヤンジを継がせようとしているのでしょうか。もしくは、内側からヤンジを破滅させようとしたのか。

何せユウォルの子はヤンジの血を受け継いでいるわけだから、たとえDNA鑑定をしても赤の他人にはなり得ないという訳ですな。でも相手はグァンイルじゃなくて母親か祖父で調べなくちゃいかんね。でもそうすると今度はテジュンに気づかれちまいますが

さ~て今日はどうなったのかな。続きもとっても楽しみですね

~それにしてもなんでこうも皆似た名前なんですかね。そのうち絶対間違える自信があるわ

これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
《他にこんな記事も書いています♪》