韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

だまされても夢心地 ネタバレと感想 40〜44話 人生は"もがき"の連続

韓ドラおばさん
2022/06/03
だまされても夢心地 0
だまされても夢心地 リュ・ジン

韓国ホームドラマ、【だまされても夢心地】も毎日楽しく見ています。今日の放送分(44話)だけは、途中何箇所か雷のために視聴不能になりましたが😭、たぶん、そう大きな影響はないものと思われるので、そのまままとめまするね。何か大事なこと(めちゃ楽しいこと)が抜けていたら教えていただけると嬉しいです🙏。以下あっさりネタバレですだまされても夢心地のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

ヨンエ

最近ヨンエはユヨンとの友情が復活し、職場の居心地もまずまず快適になったと思われましたが、院長が患者数を増やしたとかで、日々の疲れが抜けないらしく、毎日イライラしていました💢。しかも日に何度もトイレに駆け込んでいます🤔。そんなヨンエが、スカートが入らなくなったと聞いて「もしや😁」と思った方も多いことでしょう。案の定ヨンエも、仕事帰りに薬局へ行き、妊娠検査薬を買って帰ります。妊婦の娘に続いて母親までもが?と複雑な心境で調べてみたら、その日は「陰性」だったそうです。

それでも納得がいかなかったのか(この辺は不明)、仕事を途中で抜け出し、産婦人科を受診したら、妊娠じゃなくて更年期だと診断されてしまいました。私はまだ45歳なのに、と訴えても、最近は早いのだと切り返されてしまいます😨。ヨンエから「妊娠したかもしれない」との話を聞いて、これから子育てなんてとんでもない!と青くなっていたサンベクは、妊娠ではないと知って大喜びですが、ヨンエはそのデリカシーの無さにも腹が立ってなりません😡。でも更年期だとは言えません。いや、いっそ言っちまった方が楽になるのにねえ。ここはモランの出番でしょうか。

サンベク

サンベクは、相変わらず仕事が忙しくてこちらも毎日疲れ切っていました。その原因の1つに同僚のおじいさんが挙げられます。優しいサンベクは、彼が困っているのを見ていられず、ほぼ毎日二人分の仕事をこなしているのです😔。これを思いやったインソがお弁当を持ってきてくれたのがまた嬉しかったですね〜💕。

サンベクの職場は「住民によるパワハラ」がひどくて辞める人が多いと聞いてはいましたが、確かにそれもあるようですが、本当の理由はその「おじいさん」だったことがこの度明らかになりました👎。あのおじいさんは、新人が来るとこき使い、自分はうまく立ち回ってサボってばかりいるのだそうです😈。でも誰もそれを指摘することができないらしい😓。

あの一見意地悪そうな社長がサンベクを雇ってくれたら良いのですが🤔。

サンミンとガンウ

サンミンは、なんだかんだ迷いながらも、スジンと寄りを戻すことにしました💦。モランの家も出るつもりのようですし、新しい就職口も、絵に無関係な仕事を探していました。これを知っているのはガンウだけで、ジョンファは、サンミンのために新しい絵の道具を買い揃えてプレゼントしてくれましたし、モランは、家に飾る絵がほしいと待ち望んでいるそうです😓。

ガンウは、サンミンのことが好きらしいのに、サンミンとスジンの関係を知るとすぐに身を引いてしまいました。サンミンも、意地悪な先輩からガンウを庇ってくれて、満更でもなさそうなんですけどね〜。やはり「家族」だという意識が強いのでしょうか。

グルとシウン

グルはいつまで経ってもジョンファに距離を置いていました😈。モランは見かねて、自分の育て方が悪かった、と注意します。グルが家族以外に敵意をむき出しにするのは、苦労するモランを見てきたからで、モランはそんなグルに甘えてきてしまったというのです。でもそれではいけない。自分だけが正しいという頑迷さは改めるべきだ👍。

グルは大いにショックを受けました😨。それを知ったタバルとガウンがグルを慰めます。これからも「悪人」には強いグルでいてほしい。でもジョンファの家族は決して「悪人」ではない。モランも、少しずつでいいから、家族以外を受け入れる「器」を作っていけばいいと諭してくれます🌸。

そしてシウンはグルにますます積極攻勢をかけています。頑固なグルには柔軟なシウンがピッタリですよね😁。

タバルとジョンファ

タバルはモランから再婚を勧められて困っていました😔。母に悪気がないのは分かるけれど、まだ亡き夫を忘れることができないそうです。というより、最近では顔も忘れそうになるので、そうした自分を責めていたのだそう。

これを知ったジョンファが、自分の経験を話してくれました。ジョンファもまた亡き妻を忘れられずに独身を通してきたけれど、今モランという女性に出会って幸せになれた、と語ります。忘れられないのに無理をすることはないが、もしまた縁があったら、臆することなくその出会いを大切にしてほしい。タバルもこれでだいぶ楽になったようでしたね🤗。

ろくでなし=ソク

ソクは、相変わらず、ユヨンから金をむしり取ろうとホンを利用してきました💀。ホンから冷たいと責められても真実を伝えられないユヨンが、なんとも気の毒でしたよね。挙句の果てにソクは「投資詐欺」で警察に捕まったとユヨンに助けを求めてきます。慌てて駆けつけたユヨンのあとをホンが付けていきました。こうしてようやくホンが父親の本性に気づきます。大いに傷ついたホンを「新しい家族」が慰めてくれたのがまたよかった💜。

ミニとサング

ミニはそのオーバーな演技と思い込みの激しさから、現場で四面楚歌となりました💦。でも本人はそのことに気付かず、ネットで叩かれるのが悔しくてなりません🐵。そんな時でもモランとジョンファは「良い演技だったのに!」とミニのために憤慨してくれました😭。

サングも内心ではミニを心配しているのですが、あの性格だから素直にそうは言えません。それでふたりはますます険悪な状態になってしまいます。サングはその現実から逃れるかのように、口実を見つけては「憧れのユヨン」と連絡を取り合っています。その間にミニは共演者と喧嘩をして怪我をし、ついには番組を降板させられてしまいました😱。

まとめ

確かにミニはうるさいけど、サングがあともう少しだけでいいからミニを大事にしてあげたら、結構落ち着くと思うんですけどね〜。そうすればこのふたりは、互いに足りないところを補い合う良い相性だと思うのだけれど💦。

🌷見逃した方はAmazonPrimeで🌷
だまされても夢心地(字幕版)
関連記事

コメントをどうぞ♪ 0

There are no comments yet.