韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

だまされても夢心地 ネタバレと感想 53&54話 サンベクの決意

韓ドラおばさん
2022/06/17
だまされても夢心地 0
だまされても夢心地 リュ・ジン

韓国ホームドラマ、【だまされても夢心地】は53話と54話を視聴しました。これまたなかなか楽しかったですね〜💕。以下、2話分まとめたあっさりネタバレですだまされても夢心地のネタバレ感想行きますよ〜( `ー´)ノ

インソの進路

インソは結局ヨンヘの気持ちを気遣って、大学に行くことを決意しました。以前、死ぬほど頑張ったけどできなかった、とは言ったけれど、時々カフェに行ったりしたから、今年はもっと頑張ってみる、と語ります。

でもヨンヘは逆に、今本当にやりたいことは何なのかと尋ねました。インソは木工芸だと答えます。インソは、大学へ入ってから木工芸を学べるような学科を選ぶ、と妥協点を見出していたのです。それでもヨンヘは、今年いっぱいは「将来を考える時間」として、他にもいろいろトライしてみるよう勧めました。これにはミナの後押しも大きかったようですね。ミナはインソから木工芸の作品をもらい、その完成度の高さに感心していたようなのです👍。

海外では大学へ行く前にボランティアをするなどして将来を考えるというから、インソもそうしてみればいい。

インソはほんの少し考えた後、その勧めに従うことにしました。それでも大学へ行きたいと思ったら、その時は本当に死ぬ気で勉強するよ!!😁

木工芸もそうですが、インソは車の運転も上手だそうで、「勉強しかできないホン」と違って「勉強以外のことは大体なんでもできる」のだそうです。も〜足して2で割ればちょうどいいのにね。でもまあ、そうやって向き不向きがあってこそ、社会は成り立っているのかもしれませんが。

サンベクの決意

サンベクもまた、任せてもらえるというレストランの近所をくまなく調査し、すべて好きにやらせてもらえるならという条件で、経営を引き受けることにしました。サンベク曰く、その店はその地域にまったくそぐわない店だったのだそうです。しかも高くて不味いのでは、繁盛するはずがありません💦。

あとはユヨンを説得するだけですね〜。とはいえこれがまた難題でござるね。若い息子のチャレンジは認めても、もうイイ年をした夫の「無謀な挑戦」を素直に「頑張って」というほど、ユヨンは甘くはありませんよね😓。

サンミンとガウン

またサンミンとガウンは、もうすっかり「恋人同士」の雰囲気です💘。職場でも行き帰りもいつも一緒で、夜には手を繋いだりしているのですから、ふたりとも意識していないはずはありませんよね?ガウンはそもそも「家族」とはいえ、ソル以外の誰とも血がつながっていないから、いつもの「姻戚同士は付き合えない😈」には当たらないのかしらね🤔。ふたりともとってもお似合いだから、すんなりうまくいくに越したことはありませんが🌸。

サングとミニ

こちらはますます前途多難です😔。ミニはモランの家ですっかり自分らしく=図々しく振る舞っています。それでもジョンファ以外は皆女性ですから、ミニが泣きながら「サングの浮気」を訴えたら、大いに同情されました💦。サングは兄弟に無実を訴えますが、「過去の秘密」を知っているヨンヘは騙されません。ユヨン=初恋の人という時点で、サングは有罪なのだそうです。

そうは言っても、サングもミニを憎んでいるわけではなさそうでしたよね。少なくとも「家族としての情」は持っていたようです。ミニだって監督の自分への好意を利用して仕事をもらってたじゃないね。あの時だって、サングへの態度とは全く違って、めちゃ優しかったのですから、お互い様だと思うのだけれど。どっちも少しずつ譲ればイイのに😥。

グルとシウン

こちらはようやく進展です😁。シウンがグルに、シウンのことが好きだと認めるよう迫ったのです💕。シウン自身、グルがシウンを思うよりずっと強く、そしてグルよりずっと前から、グルを好きだったと告白しました😍。グルはシウンへの気持ちを認めながらも、どうせすぐに別れなければならないことを心配していましたが、シワンは、今の気持ちを大事にしようと語っています。シウンがアメリカ行きを止めるか、いっそグルも一緒に渡米すればイイのにね🤗。

ジワンとタバル

こちらの仲もゆっくり進行中です🌹。タバルは家族に気を使い「いつも元気でいなくては」と思い込んでいたようなのですが、ジワンは、無理をする必要はないと慰めました。そのジワンは、タバルからもらった靴下を大切にしまっていたらしいのに、シウンがこれを履いたのを見つけるとすぐに脱ぐよう命じたのには大笑いでしたね😁。鈍感なタバルは、シウンにも買ってくれば良かったと後悔しきりでした😂。

🌷見逃した方はAmazonPrimeで🌷
だまされても夢心地(字幕版)
関連記事

コメントをどうぞ♪ 0

There are no comments yet.