韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

赤い月青い太陽 ネタバレと感想 第10話 偽りの記憶

2020/07/20
赤い月青い太陽 0
赤い月青い太陽 キム・ソナ

キム・ソナさん主演の韓国ドラマ、【赤い月青い太陽】の第10話は「偽りの記憶」です。今回はまた新たな可能性が出てまいりました。もしこれが本当ならなんとも可哀想な話ですね。以下早速ネタバレです赤い月青い太陽のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

ウギョンは、子ども時代のもう一人の友人に会いに行きました。がそこでも「仲の良かったはずの友人」から、その事実を否定されてしまいます。それでウギョンは、アルバムを見ながら色々話してくれた父が、ウギョンの記憶を塗り替えたのではないかと疑いました

ウギョンの父親がそこまでするとなると、やはり、目的は「母親による虐待」を隠すためですよね~きっと。その母親が実母なのか継母なのかは決めかねるところでやんすが。(あくまでもまだまだ妄想でやんす

一方、前回辿り着いたミン・ハジョンですが、あれほどウギョンを悪く言っていた割には、本人の方がかなり危ない人物だったようです。娘のピンナへの虐待もありそうでしたし、実際に「前科」もあったのだそう。その前科は「汚物投てきと騒音、業務妨害と暴行に器物損壊、と例のデモの延長みたいで、脱税ではありませんでしたね

ジホンとスヨンが早速「みんなの子ども」の元会員らに裏を取りに行くと、皆口々にハジョンを非難します。あの女は最悪だわ!評判悪い~(;´Д`)

保育園の前でうるさく抗議活動をしていたので注意したら、店に嫌がらせの落書きをされたし、ハンソル君事件で母親のパク・ジヘも被害者かもしれないとネットに書き込んだら、店の掲示板を荒らされたそうです。またスリをした子供ではなく親を罪の問うのはおかしいと反論したら、いきなり殴りかかってきたのだとか

その中のひとりは、ハジョンはウギョンと気が合うようだったとも答えました。虐待する親を根絶やしにしたいと過激なことを騙っていたそうです

ジホン達はウギョンのもとを訪れ、ハジョンについて尋ねました。ウギョンはあくまで冷静で、セギョンが事故に遭ったのはウギョンと喧嘩をして家を出た直後だったから、ウギョンがおかしくなるのも当然だと釈明し、ハジョンのことも、偏屈ではあっても人を殺すような人間ではないと庇います。

ウギョンはハジョンのピンナへの虐待を疑った(確信した?)ことがあるようですが、ウギョンからは何も話さず、ピンナに直接会って話をしたスヨンがピンナらから聞き出しました。でもピンナはそれを完全否定しています。

またハジョンは「麻薬」に関する事件の参考人でもあったそうです。それは教育ママの間で評判になった「集中できる薬」だそうで、違法に大量処方をした病院に捜査が入ったことがあったのだそうです。その時の医師が「パク・ヨンテ」~パク・ヨンテは、やはり抗議デモでパク・ジヘを糾弾し、しまいには焼き殺した(と言われている)人物です。詳しくはこちらの記事をご確認くださいませ

赤い月青い太陽 ネタバレと感想 第2話 詩からの伝言

キム・ソナさん主演の韓国ドラマ、【赤い月青い太陽】の第2話は「詩からの伝言」です。これまた実に思わせぶりで分かりにくかったですね~めっちゃおばさん好みです。以下ネタバレのあらすじです。...

ハジョンはそのヨンテの葬儀に行き、香典も送っていたそうに、何も知らないふりをしました

嘘をつくのは何かを隠している証拠だ!

ジホン達が帰った後、ハジョンはパソコンのチャットで何者かにこのことを知らせて不安を吐露していました。相手は「潔白なのだから堂々としていろ」と促しています。あのチャットの相手は「赤い涙」でしょうか?

またピンナも、何者かから携帯をもらったらしく、その相手に「これは使い捨て携帯か?」とメールで尋ねていました。もしこれが「赤い涙」の携帯、もしくは赤い涙がその携帯と話していたとすると、ついに赤い涙の携帯番号を突き止めた警察が察知するはずなので違いますよね。勉強しろ、と言っていたからには、10年前に別れたという父親でしょうか?

ちなみに、警察が赤い涙の携帯番号を突き止めたのは、ウギョンがメッセージを送った際にその返事を送り返してきた=スイッチを入れたことからです。でもその後が続かず、逮捕には至っていません

一方、ジホンはコ・ソンファンに対するハナへの接見禁止命令の申請が却下されたため、ウギョンとハナを連れてソンファンに会いに行きました。ソンファンは、優しい口調で「パパと呼べ」と命じますが、ハナは恐怖のあまりおもらししてしまいます。それでも決して何も語りませんでした。しかもソンファンは、ウギョンが好みのタイプなのだとわいせつな表現でウギョンを侮辱します。怒ったジホンはソンファンを殴り飛ばしました。そのジホンを、後ろからハナが小さな手で抱いて押しとどめます

ジホンは何が何でも罪を暴いて刑務所にぶち込んでやると息巻きますが、ウギョンは懐疑的でした。ジホンがふたりの親子鑑定をしたのは虐待の罪を明らかにするためだったようですが、むしろ逆効果でしたよね。ウギョンは、ジホンはハナをモンスターの前に差し出したと非難し、今なら「あの人=赤い涙」の気持ちが分かると語っていました

こうしてウギョンに疑いが集まる傍ら、ハヌル文化センターのイントラネットの脆弱性が明らかになります。システム自体ではなく、それを管理する人間がパスワードを皆で共有していたからです。その「皆」の中にはウンホも含まれていました。ウンホは今回スヨンに、イ・ヘソンが死んだおかげでハナは幸せになれた、と語っています

一方、車に引かれたソグの母親=チェ・ミソンは重傷を負ったものの生きていました。彼女は、事故に遭う前にプレゼントに同封されていた詩の一節、「悲しみの排泄物、排泄物の餌」を見舞いに来たウギョンに伝え、初めて後悔の念を吐露します。車に轢かれて死んだ息子の無念や恐ろしさにようやく気が回ったようです。ソグとヒスの父親は今刑務所にいるそうなので、残されたヒスはどうやら施設に預けられるようでした。

この一節に聞き覚えのあったウギョンが帰宅して早速調べたところ、「この手で救えない君」という詩の一部だったようです。やはり~彼女を襲ったのも赤い涙のようです

赤い月青い太陽」は続きもとっても楽しみですね


赤い月青い太陽 DVD-BOX1 [ キム・ソナ ]

これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.