Information
当ブログには随時、広告が掲載されています。お目に留まったサービスや商品などございましたら、是非ご検討いただけますと幸いに存じます💐

医師ヨハン ネタバレと感想 3&4話 安楽死事件の真相

チソンさん主演の医療ドラマ、【医師ヨハン】の3話と4話を視聴しました。ここで少し彼の人となりがわかってきました🌹。以下早速ネタバレです医師ヨハンのネタバレ感想いきますよ〜( `ー´)ノ

ドクター10秒

ヨハンは、さまざまな医療器具を使わなくても、患者を見ただけでその状態を把握することができる天才でした。3年前に安楽死事件が起きるまでは疼痛医学会では知らない人がいないほど有名だったそうです。患者が診察室に入って席に着くまでがちょうど10秒ぐらいなことから、ついたあだ名は「ドクター10秒」。学会やマスコミでも大いに注目されていました💕。

その彼を今回ハンセ病院に推薦したのは、保健福祉部の元大臣、イ・ウォンギル(ユン・ジュサン〜ファン・ノソプ@リセット〜運命をさかのぼる1年)なのだそうです。ウォンギルはテギョンの恩師であり、院長のカン・イムン(オム・ヒョソプ〜キム執事@ショッピング王ルイ)も反対できなかったのだそう。イムンはテギョンを「義姉」と呼んでいたことから、シヨンの叔父にあたるのですね。でもその関係は良好ではないらしく、教授のクォン・ソク(チョン・ジェソン〜ミョン教授@刑務所のルールブック)と一緒に派閥を作って対立していたようです😈。

それはさておき、ヨハンのような優秀な医師がなぜ患者を「安楽死」させたのか🤔。

安楽死事件

その真相も(ほぼ)明らかになりました。当時ヨハンは「殺人犯ユン・ソンギュ」(ハム・ソンミン〜チョン・ホヨン@愛の迷宮~トンネル)の疼痛管理を任されていました。ソンギュは21歳という若さで肛門ガンの末期だったらしいのですが、ちょうど新薬が開発されたらしく、その臨床試験に参加する同意書にサインをしたその日に亡くなった=ヨハンが安楽死させたのだそうです😨。

その同意書を受け取ったという看護師=チェ・ウンジョン(シン・ドンミ〜ハン・スジ@甘くない女たち~付岩洞(プアムドン)の復讐者)は、ソンギュには生きる意思があったのにヨハンがそれを無視して殺した!と病院の前でデモを行っていました。

が、必死に患者を救おうとするヨハンの姿を見ていたシヨンはにわかに信じられず、ヨハンを直接問いただします。ヨハンは、最初は沈黙を通そうとしましたが、シヨンの真剣さに負けて、真相を明かしてくれました。

疼痛管理とは医療の名を借りた「拷問」だ。激痛を抑えるために鎮痛剤で気を失わせた後は、死なないように薬を減らしてまた苦痛を与える、その繰り返し💀。若さゆえに病の進行は早いが、栄養を供給されていた体は丈夫でもあり、心臓が止まるのを待つしかなかった。栄養の供給を止めても、鎮痛剤を増やしても「殺人者」になる。それが嫌で、ヨハンは2ヶ月以上ソンギュを生かし続けたそうです😔。

ソンギュはついにヨハンに懇願したそうです。先生、どうか俺を・・・お願いします。助けてとも殺してとも言われなくても、誰よりもヨハンがその言葉の意味を理解していました。ヨハンは、たとえ彼が死んだとしても、その苦痛を取り除こうとしたのだそうです。

チャンピオン

そんなヨハンが今回担当したのはボクシングのチャンピオン=チュ・ヒョンウ(ハ・ドグォン〜ヤン・インテ@チェックメイト!正義の番人)でした。ヒョンウはすでに延命治療を拒否する同意書にサインしており、何度もその「延命治療」を必要としますが、ヨハンは決して諦めません。実際に患者を安楽死させた経験を持つヨハンが、なぜ今回は助けようとしているのか。その最たる理由は、ヒョンウの病名が分からなかったことです。

ヨハンはでも最初から重症筋無力症を疑っていました。格闘家で「痛み」には強いはずのヒョンウが、その時が来たら殺してほしいと懇願するほど耐え難い苦痛だと語ったことがヒントになったようですね👌。

どんだけ無能なんだ😱、と呆れるほど役立たずな他の医師たちは、行き当たりばったりの診断を下してさっさと彼を退院させようとしますが、ヨハンはただひたすら考え続けました。その真剣な様子はシヨンやユジュンを感動させます💜。

それは患者のヒョンウも同様でした。ヒョンウはヨハンを信頼して彼に治療を任せます。その結果、ついにヨハンが正しかったと証明され、ヒョンウはすっかり回復して退院していきました💐。

患者は父

かつてシヨンが「殺しかけた患者」とは、父であり理事長のカン・イス(チョン・ノミン)だったそうです。そしてそのイスはまだ植物状態で生きていました。それがついに容体が急変し、主だった医師たちが皆駆けつけました。テギョンは必死に心臓マッサージを施しますが、ヨハンに励まされてようやく姿を現したシヨンは、イスの涙を目にし、パパが苦しんでいる、と蘇生をやめさせようとします😢。

ペインクリニックには母だけじゃなくて、妹のミレ(チョン・ミナ〜シン・アリ@ピオラ花店の娘たち)もレジデントの3年目として勤務していました。ミレは、シヨンが父を殺しかけたと怒っていたようですね。この真相はまだ明らかにされていません🤔。

関連記事