韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

浪漫ドクター キム・サブ2 ネタバレと感想 第15〜17話 若手の著しい成長に惚れ惚れ

韓ドラおばさん
2022/09/15
浪漫ドクターキム・サブ 0
浪漫ドクターキム・サブ2 ハン・ソッキュ

韓国ドラマ、【浪漫ドクター キム・サブ2】の15話から17話まで視聴しました。これまた実に感動的で楽しかったですね〜🤗。以下3話分合わせたネタバレです浪漫ドクターキムサブ2のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

著しい成長

ウンジェ

ホットラインのおかげで、トルダム病院には再び急患がわんさかと押しかけてきました。キムサブは冠動脈バイパス手術の執刀をウンジェに任せようとします。でもヘジンは、手術恐怖症のウンジェに手術は任せられないと言って、オペ室を使わせまいとしました😈。

キムサブがどうしたものかと成り行きを見守っていると、ドイルがやってきて麻酔を引き受けます👍。あなたがバイパス手術に自信がないなら、私が担当しよう😏。解雇されたはずではなかったのかと呆れるヘジンには、友人が背中を押してくれた、と言って退けました。ふたりが手術室へ入るとキムサブが姿を表します。ドイルの背中を押した友人は自分だと語り、契約解除通知はキムサブが破り捨てた、と言い渡しました。そう院長に伝えてくれ😎。

ウンジェは、途中で想定外のことが起きたものの、キムサブの激励を受けながら、見事にオペを成功させます🎉。またキムサブのアドバイスが的確で優しいんですよね〜😍。以前ミョンシムが「もっと優しい言い方があるでしょ」と指摘していたのを思い出しました。ちゃんと優しく言えるじゃないね😁。ウンジェは無事に手術を終えると、最後まで持ち堪えてくれてありがとう、と患者に礼を言っていました🌸。

その後ウンジェは、キムサブからもらった「薬」が切れたので、処方箋を書いてもらいにやってきます。キムサブは、こともなげに、あれは消化剤だ、と教えました。ウンジェが手術室に入るとやたらとお腹が空いていたのはそのせいだったのです😁。キムサブは以前精神科医にウンジェのことを相談したら、それは手術恐怖症ではなくて不安障害だと言われたそうです。狭い手術室の圧迫感がウンジェを不安にさせていたのです。キムサブは、これまでもよくやってきたし、これからもできるはずだからもう心配入らない、と励ましました💜。

またウンジェは「医者」として自信を持つことで、母離れも果たします👍。ウンジェは医者、しかも外科医になどなりたくなかったのに、母が自分の夢をウンジェに託したのだそうです。優しいウンジェは母の願いを叶えたくて、皆から馬鹿にされながらも、必死で食らいついてきたのだそうです😔。

今回ウンジェの母はウジンに息子のミスを「隠蔽」するよう頼み、否、命じに来たのですが👎、ウンジェはこれも見事に撃退しました。失敗したのは兄なのだから、来るなら兄が来るべき。そんなことをウジンに頼むのはお門違いだ。それにここは私の職場。2度と来ないでほしい!恥ずかしいことしないで!

ウジン

一方のウジンは、肛門からエアガスを撃たれて腸管が破裂した患者のオペを担当しました。こちらはヘジンが麻酔をします。ミョンシムはオペ中にウジンの手技を讃え、これからも自分が正しいと信じる道を進むよう激励しました。

ヘジンは以前ミョンシムに、ウジンはせっかく過去の汚名を晴らしつつあるのに、今また同業者のミスを指摘したりしたらせっかくの努力が無駄になってしまうと忠告していたのです。でもミョンシムは、医者がすべきことは患者を救うことであって、周囲に忖度することではないと豪語しました。トルダム病院には、そんなことで医者を追い出す人間は誰もいない。これを「かっこつけ」と呼ぶなら呼べばいい😏。

ミョンシムはウジンの成長をキムサブに伝えます。キムサブとは違う形で成長していますよ。キムサブも実に嬉しそうでしたね🤗。

ウジンはミングクに、ウンジェ兄のミスを被害者の家族に伝える旨を明らかにしました。それでウジンはオペを禁じられてしまいますが、ウジン以外に緊急患者を治療できる医者がいないため、この命令はすぐに撤回されてしまいます😂。ホジュンが使えないのはミングクも承知しているのです。これはヘジンも同様です。ウジンがそれを百も承知でわざとミングクに電話したのは痛快でした。看護師のヒョンジョンはミョンシムに、ウジンが変わったと伝えます。前は笑うような人じゃなかったのに🤗。

このウジンもまた、これは皆の協力もあって、ついに過去の因縁=ヒョンジュンと借金取りから解放されました🎉。ホジュンから「目障りなウジン」を追い出すよう頼まれたヒョンジュンは、借金取りとグルになり、ウジンを他の病院に移そうとしたのです。ウジンは泣く泣く承知しました😨。

そんな仲間の危機を黙って見ているようなトルダムスタッフではありませんウジンを救え!。キムサブは、ギテの協力を得てヒョンジュンから「スカウトされたスタッフ名簿」を盗み出し😂、その病院を調べました。そこは平気で法を犯すような病院ばかりだったそうです。またウンジェは、以前名刺をもらったヤクザ、否「ペクジャン流通のイ・ジャンシク」に頼ろうとしましたが、ムンジョンがこれを止め、自分で話をつけたようです。同じ人物に頼んだのか、それとも別ルートがあるのか??🤔

キムサブから卑怯者呼ばわりされたヒョンジュンは深く反省し、ウジンの雇用契約書を返してくれました。また借金取りも、これ以上金を返す必要はないと言いにきます。それよりむしろそっちが「過払金」を返すべきでない?😤

またキムサブは、ウジンを引き止めるために、キムサブの病気が何なのか当ててみろとウジンに「宿題」を出しました。やはりただの痛みではなさそうですよね。キムサブ自身、どうやらトルダム病院を去るような思わせぶりをしていましたし。そのために自分に代わって皆を率いる「剛直な人」を探しているようなのです😓。

治療

大腿部切断

工場で仕事中、切断機に脚を挟まれて運び込まれた男性患者が、金がないから接合手術は受けたくないと言い出しました。高い金を払ってもどうせ元に戻るかわからない、というのです。でもキムサブは、金がないからという理由で人生を諦めるな💢、と恫喝しました。父親がそんなんでは、息子も人生を諦めることになる!!😡

男性は一念発起し、手術を了承してくれました🌹。キムサブは、辛い決心をしてくれた彼のためにも、必ず手術を成功させて、もう一度歩けるようにしてやろう!と檄を飛ばします。ムンジョンもキムサブもそれぞれベストを尽くしました👍。

この男性の会社の責任者がまたひどい人間で、妻をうまいこと言いくるめて労災を使わせないようにするのですよ😤。何も知らない妻は騙されそうになりましたが、キムサブがこの会話を耳にして、この男を罵倒しました👊。社員が脚を切断されたというのに、責任者が責任を取らないなんてけしからんにも程がある!!それでも人間か!

またこの難しい手術は最新機器の整ったオペ室じゃないとできなかったのですが、ミングクからその部屋はVIPように開けておくようと命じられた看護師のホ・ヨンギュ(ペ・ミョンジン)は、準備にやってきたドイルを締め出そうとします😈。これをヘジンが救ってくれました😍。VIPのオペは延期よ。ドイルはヨンギュを「とんでもない謁見行為だ!😡」と怒鳴りつけました。オペ室の管理は麻酔科医の仕事だ!!院長にそう伝えろ!

ウニョン

肺癌末期の男性が行き倒れで運ばれてきました。それが元院長のウニョンです😨。皆ショックを受けましたが、懸命に彼を救おうとします。が、最初の処置が終わったところで、ウニョンは心停止しました。それを見たキムサブとウンタクの動きが止まりますなんてこった!( ;∀;)。ウニョンは「延命措置を拒否」していたからです。

ウンタクは本当に辛そうにしながらも最後まで動こうとしませんでしたが、キムサブは動かざるを得ませんでした。必死で心臓マッサージを行った結果、再び心臓が動き出します。キムサブはウニョンの側に座って動こうとしませんでした😢。

VIP患者

ミングクは本院から呼んだVIP患者のオペを何としても成功させようと気張っていました。が、彼には厄介な既往症(先天性の不整脈)があったため、ヘジンはオペは危険だと反対します。それでもミングクは、内科医のOKをもらって手術を強行しました。助手にはウジンが入ります。

が、オペ中、患者の容体が急変しました。ヘジンが憂えていたことが現実となったのです。もはや打つ手はなく、患者は死亡(テーブルデス)してしまいました😱。

浪漫ドクター キム・サブ2 DVD-BOX1
関連記事

コメントをどうぞ♪ 0

There are no comments yet.