優雅な友達 ネタバレと感想 10〜12話 見れば見るほど分からなくなる?

ユ・ジュンサンさん主演の韓国ドラマ【優雅な友達】の10話から12話までを視聴しました。このドラマ、結構気合い入れて見てないと何が何だか分からなくなりますね。気合い入れるの、今からじゃ遅すぎですかね💦?なんだかな〜このままだとホントに結論が出るのか、疑わしい気がしてきちゃったんですが😓。以下早速ネタバレです優雅な友達のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

タハン老人ホーム

以前から「老人ホーム」にいる女性がクローズアップされていました。マンシクがボランティアに通って世話をしていたというあの女性ですが、なんとあの女性はク・ヨンソン(キム・ヒリョン〜ソン・ミョンヒ@ナイン~9回の時間旅行~)と言って、グンチョルたちが学生時代に殺されて亡くなったというヨンガン大学教授=ハン・ウンシク(イ・ジュソク〜医者@契約主夫殿オ・ジャクトゥ)の妻だったのだそうです?!

それっておばさんの妄想でなければ、確か首を吊って自殺したはずですよね?あれはあくまでも未遂で命が助かって、その後に老人ホームで暮らすことになったのかしらね。アタイは、ガンサンがこの二人の息子だっていう妄想もしたな、確か😓。

それと、老人ホームで彼女の世話をしており、マンシクの葬儀で大泣きしていた女性はト・ドヘ(サガン〜チン・ジュホン@天上の花園)という介護士だそうです。

今回老人ホームへ行ってこの事実を突き止めたグンチョルは、そのドヘに、ジョンヘは全て知っていたのか?と尋ねましたが、ドヘはジョンヘに聞けと言い、そのジョンヘも単なる偶然だと主張しました。え〜いくら韓ドラの世界が狭くても、そんな偶然あるわけないっちゃ😓。しかもジョンヘは、事件当日もそこへ行っていて、かつその日の車載カメラの記録を削除していたそうです😨。

ハン教授殺害事件

ハン・ウンシクの事件を担当したのは、やはり、チョ・テウク刑事だったそうです。テウクは、ようやくそれを思い出し、ガンサン殺害の容疑者であるグンチョルが、ハン教授の事件の鍵を握っている可能性がある、とグンチョルの実家を探りに行ったのだそうです。テウクは、グンチョルの家族や友人への愛情=執着が強すぎることが危険だと考えていたそうです。彼らのために人を殺す、もしくはその罪を隠蔽することも厭わない、と😱。

そのテウクによると、このハン教授殺害事件は警察のデータベース=KICKSから抹消されていたそうです。よほど裕福な友達がいたに違いないとのことでしたが、それはジョンヘ?それともジェフン??🤔

ジェフンとヘスクの陰謀?

これまでおばさんは、ジェフンはジョンヘが好きなのだとばかり思っていたのですが、もしかしたらそうじゃないらしい〜15年前に二人の間に何かあったらしく、恨んでいるとか言ってましたね。単にフラれたとかいう理由じゃなくて、他にも何か秘密があるのでしょうか🙄?ジェフンの父親はヨンガン大学病院の次期院長になるとか言われてましたが??🤔

またジェフンはへスクに何か提案をしていたようです。たぶん、グンチョルとジョンヘが今夫婦の危機にあるからこの機に別れさせよう(でもって自分達がそれぞれとくっつこう😈)とかいう話だとは思うんですが、ヘスクはともかく、このジェフンの意図がいまいちよく分かりませんね〜。ちなみに、マンシクの死をへスクに知らせたのはジェフンだったそうですよ。

そのジェフンの元妻のチェ・モラン(イ・ヨンドゥ〜アンスン王妃@インス大妃)がアメリカからやってきたそうです。この人いまさらどんな役割??🐒

ジョンヘの秘密

ジョンヘは、以前ガンサンから脅された5億ウォンを、自分の父親(クォン・テウォン〜アン・サギ@チョン・ドジョン(鄭道伝))から借りたようですね。でも口振りからすると(不要になったので)すぐ返したようですが。なんでもジョンヘの母親もまた、彼女が(たぶん)高校生の頃バスタブの中で手首を切って自殺したらしいのですよね。で、ジョンヘと父親は(たぶん)それ以来疎遠になってしまったらしい。

でもジョンヘは20年前に父親を頼ったことがあるらしいのですよ。そして彼女自身は留学したということですから、KICKSからデータを削除させたのはやはりジョンヘの父の仕業だったのかしらね。もしかしたらその留学先にジェフンも追いかけていったのかな。同じ医者同士だし、15年前って言ってたから、グンチョルと結婚する前の話ですよね、きっと

実際その頃グンチョルは兵役に就いていたらしく、入隊先に面会に行ったヘスクと初体験?をしたらしいですわ💦。ジョンヘが今だにヘスクに嫉妬する理由もわかる気がしますね。しかもヘスクは、そんなふたりの結婚式にもこっそり出席していたらしい?😱

その結婚式ですが、ジョンヘは、誰一人、家族を呼ばなかったのだそうです。でもグンチョルの両親はとても良い人たちで、身寄りのないジョンヘの素性に関してまったく詮索せずに嫁として迎えてくれたらしいです💜。姦しい親戚はグンチョル父(イ・ムンス〜ユルの祖父@ジャグラス)が喝を入れ、グンチョル母(ソン・ビョンスク〜イ・グムジャ@トップスター・ユベク)はジョンヘの母役を買って出てくれたのだとか💐。

だからジョンヘは今もこのふたりをとても大事にしていました。でもってグンチョルの母は、グンチョルは頑固なところがあるけれど、女の問題で妻を泣かすようなことだけはしないから我慢してやってくれ、とジョンヘに謝っています。いや、ジョンヘが悩んでいるのはまさにその女性問題=ヘスクなんですけどね😓。

ガンサン殺害犯

マンシクの葬儀でヘスクとグンチョルが二人きりで会っていた映像をジョンヘから見せられたグンチョルは、ガンサンとジョンヘが争った動画を送った人物=ガンサン殺しの真犯人が送ったものではないかと直感しました😨。それをテウクに見せるとテウクも同意見です。となると〜やっぱり怪しいのはジェフンですよね〜🤔。

ギョンジャが頼もしい💕

ギョンジャは、ヒョヌのために、いやらしいパク・シオ(キム・グァンギュ〜ホン・ジョンハク@検事ラプソディ)の誘いに応じて枕営業をしました😭。でもシッカリ「ヒョヌと一緒に映画を撮る」という覚書を書かせます。それをヒョヌには一切話さないのがまたこの姉さん女房の健気なところですよね

またチュンボク妻のウンシルから、男どもが初恋の人=ヘスクの店に集まって鼻の下を伸ばしていると聞くと、そのウンシルとジョンヘを誘ってヘスクの店に乗り込んで行きますギョンジャがかっこいい。ヘスクはまったく悪びれもせず、皆の前で「思い出の歌」を弾き語りしました。店に入るなりずっと飲み続けていたジョンヘは、酔っ払って自分も歌うと言い出します。それは明るい曲調だったので観客は大喜びでした。

最後は足元がふらついて倒れてしまったジョンヘに最初に駆け寄ったのはジェフンです😓。グンチョルは「亭主は俺だ!」と怒鳴りつけて彼女を抱き起こし、家に連れ帰ろうとしましたが、ギョンジャはジョンヘとウンシルを連れて、自分の店に連れて行きました。ジョンヘは、今度は泣きながら歌を熱唱します。なんとその日はジョンヘの実母の命日だったのだそうです。これをグンチョルは知らず、ジェフンが知っていたというのがまたいかにもありがち=「家族だから、夫婦だから、ってなんでも知ってるわけじゃない😈」でやんすね😥。

ほか

娘の「祖父」と間違えられたチュンボクですが、ついに「ネクタイの結び方」をど忘れしていました。これはかなり危ないかもです😨。

関連記事
 0

COMMENTS

ミステリーその他