ヘチ~王座への道 ネタバレと感想 第10話 哀しき殺人集団

チョン・イルさん主演の【ヘチ~王座への道】の10話を視聴しました。なんともやるせない事実が判明いたしました。以下早速ネタバレですヘチ~王座への道のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


前回延礽君が遭遇した持平殺人事件の犯人は、その顔にまだあどけなさが残る少女=コンニム(アン・ソヒョン)でした。コンニムの背中に彫ってあった黒い刺青「殺主」は、先王=粛宗の時代に暗躍し、国全体を恐怖に陥れた「殺主会」で知られていたのだそうです。文字通り主(両班)を殺す団体です


それでミン・ジノンが知っていたのですね~


延礽君は、殺人犯が幼い少女だったことに衝撃を受け、真実を話すことができずに捕まってしまいました。ビョンジュは、延礽君が「こんな少女が!」と叫んでいるのを聞いていたにもかかわらず、延礽君が黙秘したのをいいことに彼を犯人と決めつけます


延礽君の窮地を知ってムンスとヨジが駆け付けてきました。延礽君はヨジを抱き寄せてそっと殺主と少女について教えます。


その後延礽君は司憲府に連行されますが、相手が王族だという理由で、義禁府が引き渡しを要求してきました。


一方で延礽君が役人を殺したと聞いた景宗は、延礽君を信じると言って呼び出し、真実を聞き出そうとします。延礽君もさすがのそこまで言われては黙っていられず、知っていることをすべて打ち明けました。


その上で延礽君は、少女の罪は許せないが、その罪を問う前に、彼女をそこまで追い詰めた理由が知りたいと訴えます。本来世弟は政に関わってはいけないとされていますが、延礽君の心中を察し、また自分も同じ義憤にかられた景宗は、延礽君に3日の猶予を与えました。それが済んだら義禁府に延礽君を渡すと約束します。


こうして釈放された延礽君は、早速、ムンスやタルムンたちに会いに行きました。ヨジから事情を聴いたふたりは既に調査を進めており、最近起きた一連の両班殺しも皆、子どもたちの仕業らしいと突き止めています


妓楼で出会った少女の手は煤で汚れていたことを思い出した延礽君は、王宮で煙突を掃除していた子どもたちの中にコンニムを発見しました。


延礽君は、コンニムを罰するのではなく助けたいのだと説き伏せ、彼女が殺人を犯した理由を聞き出します。コンニムの家では小作料が払えずに姉を清国に売り、自分もまた売られそうになったため、やむなく役人を殺したのだそうです。


こんな酷い国だけど、家族や仲間と一緒にこの国に住んでいたかった


涙ながらにそう語ったコンニムの言葉を聞いた景宗は愕然とします。そうした少女たちが掃除してくれたおかげで自分は今暖かい部屋にいられるのに、王として彼らを守ることができなかったと猛烈にに反省したのです


このやり取りを聞いていたイ・グァンジャは大妃に延礽君が王材かもしれないと認めました


一方のタルムンとムンスは、殺主会の巣窟を発見し、このあどけない子どもたちが人殺しをしたのか、と愕然とします。その世話をしているらしい船頭も、大人しそうな老人だったのですけどね


そして延礽君は、司憲府の齊坐(チェジャ)で裁きを受けることになりました。が、そこにミン・ジノンがやってきて、真犯人=コンニムを差し出します


またムンスとタルムンはついにとジグァンの妓楼に乗り込んで、人身売買の罪で捕まえようとしましたが、こちらは密豊君がしゃしゃり出てきました。悪人は悪人を呼ぶものなのですね~


ヘチ~王座への道」は来週の放送も楽しみですね


 
韓国ドラマガイド ヘチ 王座への道 前後編 (講談社 MOOK)


←前回のレビュー 次回のレビュー→


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 2件

コメントはまだありません
おにぎり  

はじめまして。韓ドラは歴史物を中心に観ています。
話は結構シリアスで重いですが、ヨニングンがここに来てヨジへの好意をあらわにしていて、微笑ましいです。同時にチョホン気の毒じゃない?って思ってしまいます。チョホンはできたいい女なので、幸せになってほしいです。

  • 2020/01/29 (Wed) 22:31
  • 返信
こん
おにぎりさんへ  
私好みです♪

おにぎりさん、はじめまして^^。

このシリアスさが私好みです(笑。
でもヨジやチョホンと延礽君の関係も嫌いじゃありません。

チョホンは多分、今でも幸せを感じていると思いますよ~。
そんなチョホンだからこそ、もっともっと幸せになれるに違いありませんね(^_-)-☆。こん