韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

Welcome to my blog!

ヘチ~王座への道 ネタバレと感想 第21話 ピンチをチャンスに!?

2020/04/13
ヘチ-王座への道 0
ヘチ チョン・イル コ・アラ クォン・ユル

チョン・イルさん主演の【ヘチ~王座への道】の21話を視聴しました。果たしてクムは、その言葉通り、ピンチをチャンスに変えられるのでしょうか?

以下ネタバレのあらすじですヘチのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

反乱は全国各地に広がりました。特に心配なのは慶尚道で、ここには海賊の襲撃に備えて多くの火縄銃が保管してあるそうです。また慶尚道は長年朝廷の恩恵にあずかれなかった不満から、民は皆軒並み反乱軍に参加したようです長年の民の不満が爆発した( `ー´)ノ

それでクムは慶尚道に軍を送るよう命じました。イ・グァンジャに残りの兵で防衛計画を立てるよう促します。このままでは3~4日で都に到着する!

クムはジノンとテグを呼び、このような開国以来最悪の反乱が起きたのは、王である自分の責任だと嘆きました。ふたりは民心がすさんでいるからだとクムを慰めますが、クムはそれもすべて自分のせいだと責任を感じています。死傷者は既に数千人に達したそうです

テグは、むしろ責任は自分にあると、これまで皆に王への不信感を植え付けてきた己の行動を猛省しました。でもジノンは、今は過去を振り返る時ではなく、超党派でこの難局を乗り越える時だと励まします

朝廷とも心を一つにしたクムは、戦地に赴く兵たちに、必ず生きて帰ってくるよう命じました。これは王命だ!

若いタルムンやムンスに交じって50歳のチャンダルも出陣していきました~いやいや、50歳はまだまだ若いぞ! ヨジは、自分がいけないのがよほどもどかしかったようですが、ムンスは、ヨジが女官になったことを初めて良かったと思ったと微笑みました

ジノンとテグもこの様子にはひどく心を打たれたようですね。血を流すのはいつも非力な民だ。民のためにも二度とこのようなことがあってはならない!

クムは、自分だけ何もできずにいることを悔しく思い、チャドン相手にその無念を口にしました。するとチャドンは、クムにはクムにしかできないことがある、王であるクムだけがこの危機を打破することができる、と激励します。チャドンは、この反乱の根底に、南人への迫害があると察していたようです。

それでクムは早速、南人と交流のあるテグを呼び出し、没落した南人の子孫に会わせてほしいと頼みました。クムは彼らを朝廷に登用することで、反乱軍の不満を解消しようとしたのです。でもテグは老論が黙っていないと憂えました

案の定、ジノンは南人の登用に猛反対します。これすなわち、老論派の既得権が奪われることに他ならないからです。権力を他人と分かち合うことなどありえない!

一方の反乱軍は、南人派を始めとする民たちを次々と取り込んでいました。特に密豊君は、ユニョンが持って来た財産を食料に変え、民たちに大盤振る舞いします。これまでどんだけ民の生き血をすすってきたかしれやしないのに、皆から祭り上げられてもはやすっかり「聖君」気取りです。彼らは都の近くの天安まで近づいていました

ヨジは密かに宮殿を出て行こうとしますが、クムに見つかって止められてしまいます。お前まで守れなかったらどうすればいいのか!

それからクムは南人に会いに行き、反乱を治めるために協力してほしいと取引を持ち掛けました。が、南人の代表は、いくらクムが本気で南人を登用すると約束しても、老論派が邪魔をするに違いないと断ります。当時いかに王が老論派の傀儡だったかという証でござるね

その老論派の代表のジノンを説き伏せたのは、たった一人の貧しい農民でした。役人はもとより皆が都を逃げ出した中、その農民だけは畑仕事があると残っていたのだそうです。どうせどこへ行っても死ぬだけだ

農民は、それよりなぜ身分の高いジノンがまだ残っているのかと不思議そうに尋ねました。そう言われることがどんなに恥ずべきことか、ミン・ジノンになら分かるはずですね

その頃グァンジャやムンスたちは、反乱軍の行く手を遮るために作戦会議を開いていました。ここでのキーワードが「稷山」(チクサン)です。グァンジャやムンスは、反乱軍はきっとこの稷山を通るに違いないと網を張っていましたが、この情報はイ・インジャが放った間者によって筒抜けになってしまいます。彼らは別のルート=安城を通って進軍してきました

ここは~裏をかかれたと見せかけて、実は相手の裏をかいていた、ってことはないんですかね。つまりムンスは稷山ではなく安城で待ち伏せしているのでは??視聴者も騙されているのでは?

あ~本当に皆が王命を守って無事生還することを祈るばかりです

ヘチ」もいよいよ残り3話でカウントダウンですね。来週の放送が待ち遠しいです

←前回のレビュー  次回のレビュー→

 
韓国ドラマガイド ヘチ 王座への道 前後編 (講談社 MOOK)

これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.