韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

ヘチ~王座への道 ネタバレと感想 第7話 扇動の技術

2019/12/23
ヘチ-王座への道 0
ヘチ チョン・イル

チョン・イルさん主演の【ヘチ~王座への道】は7話も面白かったですね~。イ・イギョムを見こんだ粛宗には先見の明がありましたね。以下ネタバレのあらすじですヘチ~王座への道のネタバレ感想行きますよ~(^^)/

粛宗が亡くなった時、世子と延礽君は同じやるせなさにとらわれていました。優秀な延齢君に続き、頼れる父まで亡くなったというのに、残されたのはたいして役に立たない自分たちだけ

でも延礽君は己を奮い立たせ、かつ、世子をも鼓舞しました。我々が生きているのは天によって生かされたから。本当の悪人をこの手で罰して世の中をひっくり返しましょう世子チョアー

1年後、その言葉通り、延礽君は老論派による科挙の不正を暴きました。きっかけは、ムンスを支援したいという気持ちだったそうです

そのムンスは、王となった景宗に直訴をしたことで棒叩きの刑に処せられていました。30回も叩かれては死んでしまう!とヨジや仲間たちが訴えますが、役人は耳を貸しません。王命が無ければ無理だな

そこへ延礽君がその「王命」を持ってやってきました。景宗は、今度は自分が約束を果たす番だと奮起してくれたのです

どうせ来るなら、お尻が無事なうちに来てほしかったというムンスには大笑いでしたね。それを聞いていたヨジがまた本気にして、せっかく助けてもらったのに文句を言うとは何事だ!と気色ばみます

延礽君はそんな二人を見ていて感無量の様子でした。こうしてようやくまた笑い合えるようになったのですからね。

司憲府ではユン・ヒョクが、延礽君の集めた証拠に基づいて、徹底的な取り調べを行っています。ビョンジュがいくら皮肉を言っても聞く耳を持ちません

追い詰められたミン・ジノンは、景宗に直談判に来ました。景宗は震えながらも、不正をもみ消すつもりはないと断言します

ジノンは、景宗の母、張禧嬪と、延礽君の母の淑嬪崔氏の名を持ち出して、景宗を動揺させようとしましたが、賢い景宗はその手には乗りません

それでジノンはタルムンを使って、民衆を黙らせようとしました。科挙の不正など一般庶民には関係ない、とうそぶきます

それを知った延礽君は、味方になれとは言わないが、せめて民を裏切るな、と釘を刺しました。不正によって官職に付いたものが民を迫害しないと言えようか?

一方、ムンスとヨジは、ムンスと同じように、この不正によって損害を被った者たちを扇動しようと思いつきました。皆で両班の格好をして、成均館近くの泮村に行って、学生たちを焚きつけます

この作戦は見事に奏功し、老論派の学生も含めた大勢が捲堂(授業のボイコット)に参加しました。また司憲府には、この学生たちの親まで詰めかけてきました

延礽君vsミン・ジノンの闘いを傍観していたイ・イギョムは、亡き粛宗の言葉を思い出していました。粛宗は、次の王に延礽君を据えるつもりだったのです。その時はとんでもないことだと思ったけれど、こうして見てくると、ジノンを倒せるのは延礽君しかいないと確信したようです

イギョムは早速キム・チャンジュンに会いに行き、この旨を伝えました。本来、老論派のトップはこのキム・チャンジュンなのだそうです。それなのに実権を握っているのはジノンだというイギョムの言葉に、チャンジュンも心が動きました。身分の低い母親から生まれても、先王が世継ぎにと推したのだから、それが大義名分となる!

イギョムたちは、早速、ソ・ジョンジェに会いに行きました。ジョンジェは延礽君の舅です。ジョンジェは驚いてすぐに娘のソ氏を呼びつけました。ソ氏も青天の霹靂です

世継ぎになるという話は本当なのですか?!

ソ氏からそう言われた延礽君も驚きました。いったいどこから話が漏れたのか??

王宮では、イギョムとチャンジュンが仁元大妃に掛け合いに行きました。大妃は困惑しながらも、それが粛宗の遺志だと聞いて納得し、一緒に景宗に伝えに行きます。景宗もさすがに困っていたようですが、密豊君よりはマシだと考えたようです。

何せ密豊君は人殺しの血が騒いで、捕らえていた囚人を惨殺してしまったのですからね。これからは俺のやり方でやる!

一方、延礽君とヨジが、それぞれ刺客に襲われました。延礽君はタルムンが助けてくれましたが、ヨジは?ヨジを襲った老人はジノンが差し向けたようですが??

そのヨジを、延礽君が思いっきり女性として意識し始めたのも楽しかったですね~。なのにヨジは「ヒョンニム」(兄貴)としてしか見ていないから下着姿を見られても動じません。ヨジが延礽君をオラボニ(お兄様=恋人)と呼ぶ日は果たしてやってくるのでしょうか?

ヘチ~王座への道」の次回の放送は年明けの1月5日になるようです。続きもとっても楽しみですね

 
韓国ドラマガイド ヘチ 王座への道 前後編 (講談社 MOOK)

←前回のレビュー 次回のレビュー→

これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.