ラブリー・スター・ラブリー ネタバレと感想 第7&8話 ウニョンの陰謀

パク・シフさん主演の韓国ドラマ、【ラブリー・スター・ラブリー】は7話と8話を視聴しました。またいくつか謎が明らかになってまいりました。以下早速ネタバレですラブリースターラブリーのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


まずは、以前から不思議に思っていたウルチュクの家(のリンゴ)ですが、あの家は元々ウルスンの家だったらしいことが判明しました。現在の大家のソンジュンが幼い頃、渡米するまで住んでいた家らしく、ウルチュクが出ていくなら「本来の持ち主」に返したいと語ったので間違いないと思われます


ウルスンの実家だったとしたら、あのリンゴの樹があるのも頷けますね。あの樹はウルスンの運気をすべて吸い取り、それでウルスンの父が弱った方の樹を切り落として燃やしたにもかかわらず、その樹は死なず、今、カメ設備社の庭に生き続けているのだそう。それがウルスンの強さの象徴なのですね~きっと


またそのリンゴの樹で作ったネックレスですが、ウルチュクはゴンことドンチョルに狙われる前に、これをこっそりウルスンに返していたそうです。そ~れで襲われちまったのね~きっと


意識不明の重体となったウルチュクを、ウルスンは密かに毎日見舞ったそうです。それも中には入らずに、ドア越しに無事を祈っていたらしく、可哀想に思ったヨンマンは、ユナとウルチュクはなんでもないから気にするなと伝えました


その後、お米ゲットに続き、ロトまで当たりそうになったウルスンは、ウルチュクの不幸はペンダントのせいだと気づきました。ロトが当たったらその分ウルチュクが不幸になると思ったのか、当選を確認する前に券を食べてしまいます


そのおかげなのか、ウルチュクはついに意識を取り戻しました。意識不明のウルチュクに代わって他の俳優を主役にしようとしていたデシクは、喜ぶより先に罪悪感に苛まれます


ヨンマンは、真っ先にウルスンに知らせるべきだと主張しましたが、ウルチュクは、ウルスンに迷惑が掛かるといけないと口止めしました。


そこへウルスンがまた見舞いにやってきました。今度はヨンマンに言われるまま病室に入ったウルスンは、ペンダントをウルチュクに渡します。これが必要なのはあなたの方だから


ウルチュクは、以前ペンダントを拾った際に、ウルチュクがあの男の子だったと気づいていたそうです


でもウルチュクもまた、あの占い師のおじいさんから(もう亡くなっているようです)、ウルチュクは「泥棒の四柱だから、他人から奪わない限りすべてを失うと忠告されたにもかかわらず、ペンダントをウルスンに返そうとしました


何もかもこのペンダントのせいだと怒ったウルスンは、思い切ってこれを海に投げ捨ててしまいます。え~~~~~っ!?


一方で、ドンチョルとウニョンがグルだったことも判明しました。アイドル時代のドンチョルはウルチュクより人気があったそうなのに、多分ウルチュクのせいで怪我をしたために、そこから人生も転落してしまったそうなのです


しかもドンチョルは、ラヨンのことが好きだったらしい


チャンスと恋人を横取りされたとウルチュクを恨んだドンチョルは、ウニョンと組んでウルチュクを陥れよう(殺そう)としました。それをウニョンのアシスタントのスジョンに知られたために、彼女を殺すことにしたようです


そのスジョンの幽霊が今、ドンチョルを死に導こうとしていました。どうやら海に落ちたらしいですが、生死のほどは不明です


またウニョンはユナとも組んでいたようですね。これはおばさんの妄想ですが、8年前に優しくしてくれたウルチュクを好きになったユナは、恋人のラヨンが邪魔だった、それで、同じように「才能あふれる脚本家」のウルスンを羨んでいたウニョンと手を組んだに違いありません


ウルスンは8年前の火事の際、当時執筆中だった脚本を持ち出してきました。ウニョンはここでまんまとウルスンの書いた脚本を手に入れたのです


ウルスンはその後も皆が止めるのも聞かずに火の中に戻っていったようですが、これがウニョンの策だったのかしらね。困っている人を放っておけないウルスンにラヨンが助けを求めていると知らせて、ラヨンとウルスンの両方を葬ろうとしたとか


ウルスンの無事を願うソンジュンは、ウルスンを守るために脚本家から降ろしましたが、同じようにウルスンを思うウルチュクは、ウルスンには決して近づかないから、彼女を脚本家として戻してほしいと懇願します


そんなこととは知らないウルスンが、そばで書くのが条件だった、と言い出してウルチュクの家にやってきたのを、ウルチュクが慌てて追い出そうとしたのが可笑しかったですね~。そこにソンジュンまで来たために、隠れたら置いてやると言って、ソファーの後ろに隠します


ソンジュンが帰った後、行き詰ったウルスンは気分転換にハングルのタイプライターで脚本を書こうとしましたが、タイトルを打つだけで四苦八苦です


そこへウルチュクがやってきて、そんなにきれいな額を今まで隠していたのか、と前髪をダブルクリップで止めてくれました。額には8年前の火事で負った火傷の跡がありますが、そんなことは関係ない、頭の形も眉も額もキレイだ、と言ってくれます。ウルスンは美人なんだもの


そのウルチュクが髪をダブルクリップでちょんまげに止めて、ウルスンが語る内容をタイプライターを打ってくれたシーンも可愛かったですね~


も~久しぶりに楽しいラブコメで超嬉しいです。「ラブリースターラブリー」は来週の放送も楽しみですね


←前回のレビュー  次回のレビュー→


 
ラブリー・スター・ラブリー Blu-ray SET1&2(特典映像DVD付)」


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません