韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

ミスティ〜愛の真実〜ネタバレと感想 第13&14話 言論弾圧

2021/09/16
ミスティ 0
ミスティ キム・ナムジュ チ・ジニ

キム・ナムジュさん主演のサスペンスドラマ、【ミスティ】の13話「緊急逮捕」と14話「陰謀」を視聴しました。も〜これは本当に面白くなってまいりましたね😻。旦那や妻が不倫したなんて言ってる場合じゃありませんよ😁。以下早速ネタバレですミスティのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

緊急逮捕

ジウォンのネタを採用し、ファニル鉄鋼とカンヘ建設、そして「元主席秘書官かつ最高裁判事でもあった政治家」のチョン・デハン〜3者の癒着に切り込んだのも束の間、ヘランは「ケビン・リー殺害容疑」で緊急逮捕されました💀。ちょうどJBCのスタジオでは、皆がヘランの「報道官内定」を祝福していたところでした。ギュソクもテウンも旋風のようなヘランを、半ば批判し、半ば尊敬して送り出そうとしていたのです💕。

さすがのヘランも何一つ反論できず呆然と立ち尽くしました😨。でも、なんとか正気を取り戻すと、手錠をかけて連行しようとする刑事の手を振り払い、ギュソクに向かって「私はやっていない」と明言します。それでもギュソクは「コ・ヘランがケビン殺害容疑で緊急逮捕された」との速報を流すよう命じました。それでもその後は「事実でないことは一切報じるな」と厳命します👍。

緊急逮捕の本当の目的

ヘランが緊急逮捕された本当の理由は「言論の弾圧」でした😠。ヘランとジウォンが「ファニル鉄鋼とカンヘ建設の癒着」を暴こうとしたために、ヘランは口を封じられたのです。ヘランの自宅と職場には検察が家宅捜索にやってきて、ありとあらゆるものを押収すると見せかけて、実は「ファニルとカンヘの資料」を盗んでいきました👊。

さすがのヘランも、緊急逮捕された動揺もあってか、そこまでは気づきませんでしたが、ソンイは素早く見抜きます👌。2013年にソンイは、今のヘランと同じようにファニルとカンヘの癒着を暴こうとして報道局を追われたそうです😈。

ジウォンはひとりでも取材を続け、夜のニュースで報道しようとしました。検察の押収にも先手を打って密かに取材資料を隠しますが、これを見破ったギュソクに取り上げられてしまいます😔。

愛の勝利

一方のテウクは、ウンジュの家で例のビデオを見て打ちのめされていました。でもそのまま帰宅したのではなく、チップをフォーマットして=すべてを削除して出てきたのだそうです❣️。後にこれを知ったウンジュがすぐにテウクの家に来て彼を引っ叩いたのを見ると、やはりウンジュは「テウクがあれを盗み見するのを計算していた」ということでやんすね😎。

テウクはそのままバーへ行って、心配して何度もかけてきた事務長の電話も無視し、ずっとやけ酒を飲んでいたので、ヘランの緊急逮捕をまったく知りませんでした😥。ぐでんぐでんに酔っ払って帰宅した後、検察が自宅に乗り込んできて、初めて妻の逮捕を知ります😱。事務長からは、担当検事はピョン・ウヒョンだと知らされました。テウクは早速ウヒョンに会いに行き、ソ・ウンジュが何を言おうとそれは「遺族」の証言だから証拠にはならないと批判します。ヘランは証拠隠滅や逃亡の可能性がないのに緊急逮捕をするのは違法だ😡!ウヒョンは得意げに裏に大きな力が働いていることを匂わせますが🐵、テウクはまだ気づきません💦。

テウクはカンユルの代表に会いに行くのですが、居留守を使われた挙句、テウクと連絡が取れなかったので代わりの弁護士を派遣しておいた、とごまかされました。その弁護士は、ヘランに「女のくせにでしゃばるからだ、分をわきまえろ😏」とのたまいます😡。またウヒョンに至っては「ケビンと寝たんだろう?」と何度も繰り返して質問してきました。もちろんヘランはこれらを一言一句覚えています

それからテウクはソンイから、これは「こじつけ逮捕」だと教えられました。ヘランはケビンを殺していない。カンヘとファニルの不正を報じただけだ。その1時間後に緊急逮捕され、検察は入札の前に関連ファイルをすべて押収した。ソンイは、今日のニュース9を見れば分かると語ります。ヘランは続報があると言っていたが、今日は何も報道されないだろうと。その予言は当たり、テウクはソンイの話が事実であると確信しました。それでミョンウに連絡をし、ウヒョンを見張るよう命じます。

ウヒョンは得々としてゴールドムーンクラブにやってきました🐵。それを聞いてやってきたテウクは、インハンもグルだと察します👍。それで事務長をヘランに会いに行かせ伝言を託しました。「今日カンヘ関連のニュースはなかった」これで全てを察したヘランは事務長にジウォンを呼んでくれと頼みます。ジウォンからあらかた事情を聞いたヘランは、ギュソクに2013年の事件の再来だと伝えるよう言い渡しました。伝言を受け取ったギュソクの顔色が変わります😨。

今日のトップニュースはコ・ヘランだ!😡

数時間後には勾留期限が切れて、検察が記者会見を開くことになっていますが、ギュソクは構わずに「弁護側と検察側の見解」をそのまま流せと命じました。弁護側の意見はテウクが述べます。テウクはスーツを着てJBCに乗り込んできました。テウクは、検察側の意見が報じられないのでは不公平だと言われかねないと憂えますが、ギュソクは「公権力がメディアを踏み躙った!💢」と怒りをあらわにします。

コ・ヘランの緊急逮捕は典型的な不当逮捕だ。確固たる証拠もなく、遺族の証言だけで逮捕された。法の執行には、いかなる疑問も説明もあってはならない。公権力を行使する時は法解釈以外にいかなる理由も名分も介入させてはならない。検察側はこの点において責任を持って説明してほしい

このニュースを見ていたウンジュは怒り心頭に発し、テレビ局に電話をします。車載カメラの映像を渡そうとしたのです。でもそれはテウクがフォーマット済みでした😜。データの復活は不可能だと知ったウンジュはテウクの家に乗り込んできます💢。テウクは「ヘランとケビンの間には何もなかった」と断言しました。私はあの女を、コ・ヘランを愛している!!ウンジュの完璧な敗北です😏。

テウクは一躍ネットで有名になりました💕。無実の妻を救うために、検察に宣戦布告するなんて😻!ようやく解放されたヘランは、ソンイからテウクの活躍を聞かされたところで、そのテウクの姿を目にします🌹。テウクは、今度こそヘランを守るために、迎えにきてくれたのです。外には記者たちがハイエナのように群がっていました💀。ヘランも、今度こそ、自分は一人ではなかったのだと感激します😿。記者たちがヘランに質問を浴びせかけると、ヘランに代わってテウクが答えました。ケビンの死は遺憾に思うし、一刻も早い真相解明を望んでいる。が、それだけだ。これ以上、コ・ヘランを疑うのは止めてほしい😠。

その頃、検察からも相手にされなくなったウンジュは、ひとり、雪の街を彷徨って、今度こそ腹痛で苦しんでいました💦。

一方のヘランは早速局に戻り、皆殺しにする!!と息巻きます💢。まずはチョン・デハンを潰す!反撃開始!( `ー´)ノ

感想

も〜ヘランがなんであんな風になっちまったのか、その理由がひしひしと伝わってきましたよね😠。女性がどんなに頑張っても、多くの男どもは結局は馬鹿にしているのです👊。ウンジュもケビンに馬鹿にされ&利用された一人なのだから、どうしてその怒りを「加害者=♂」に向けんのかしらね😔。人権や社会正義を守るのために戦っているヘランの足を引っ張ってどーすんねん👎。

確かチョン・デハンは「お嬢さんと楽しくやっている」って言ってましたから、コイツも買春してるんですよね、きっと😡。ヘランがこの恥知らずをぎゅうぎゅうにとっちめる姿が早く見たいですね〜この偽善者め、覚悟しいやっ!( `ー´)ノ

ミスティ ~愛の真実~ DVD-BOX 1、2 [ キム・ナムジュ ]
関連記事

コメントをどうぞ♪ 0

There are no comments yet.