韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

ミスティ〜愛の真実〜ネタバレと感想 第7&8話 容疑者

2021/09/08
ミスティ 0
ミスティ キム・ナムジュ チ・ジニ

キム・ナムジュさん主演のサスペンスドラマ、【ミスティ】の7話「容疑者」と8話「スキャンダル」を視聴しました。ここでよ〜やく「事故」の全容が判明しました👍。以下早速ネタバレです。こうしたドラマにありがちな手法〜過去と現在が行き来していたのをできるだけ時系列に並べ替えてまとめましたミスティのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

事故当夜

ヘランとケビン

ケビンはヘランの車に乗り込みました。その様子を外からテウクが見ていますが、ヘランは知りません。ヘランはここで、なんとかしてケビンを丸め込もうとします😈。心の中では「ありのままの自分を愛してくれたのはテウクが初めてだった🌹」と呟きながら、口では真逆のセリフを吐きます。私はあなたを愛していたわ。辛い時はいつもあなたを思い出していたし、当時のことを思い出すと気持ちが癒されたわ。だからこの先もずっとあなたを憎んだり恨んだりしたくない。愛した男として心に留めておきたいの(😥)。テウクはあくまでも「野心を叶えるのに必要な人間」なのだと思い込ませようとしました。ケビンがキスをしようとしたので、ヘランは自分から仕掛けたそうです。ブローチはその時に落ちたらしい💦。そしてその様子はどうやら車載カメラで記録されていたようですが、その映像は、ギジュンが令状もなしに調べようとした時にはもう既に無くなっていたそうです🤔。

ヘランとウンジュ

が、ヘランが本気でなかったことは、その後ひとりになってから、いかにも汚らわしいと言ったふうに唇を拭っていたことからも明らかです。そこへウンジュが電話をかけて来ました。ウンジュはジウォンを呼び出して「浮気の代償として金を払う」と申し出たところ、卑劣なジウォンが「ヘランとケビンの関係」を示唆したのです💀。ウンジュはヘランに電話をして、ケビンと寝たのか、と問い詰めました。驚いたヘランは車をガードレールにぶつけてしまいます😱。

それでもヘランはすぐにウンジュに会いに行きました。そこで例の「タイでのキスシーン」の写真をウンジュに見せて、ケビンに脅されているのだと打ち明けます。これは強制わいせつ罪よ😡。ヘランは、ジウォンとの浮気写真を撮らせたのはヘランだと「誤解(😓)」したケビンが怒って反撃して来たのだと説明しました。ウンジュはケビンの子を妊娠していると泣きながら訴えます。ヘランは、全てを忘れ、ケビンとともにアメリカへ戻れと促しました。こちらのことは私が何とかするわ。

ウンジュとケビン

ヘランはウンジュを自宅まで送りました。それが午前1時過ぎ。それから10分以内にケビンが帰宅したそうです。でもケビンはその30分後すぐに家を出て行ったらしい。そしてその時からふたりは「結婚指輪」を外していたようですね。つまり、ウンジュの話に腹を立てたケビンからは「離婚話」が出ていたに違いありません。ふたりが指輪をしていなかったことは、ギジュンも気づいています。

被害者はケビン

翌朝の午前5時、ケビンは事故車の中で遺体となって発見されました。その車内にヘランのブローチが落ちていたことから、ヘランは参考人として呼ばれたのだそうです。刑事のギジュンはこれが事故ではないと確信していました。その後解剖して遺体を調べたところ、死因は多発性複合骨折だということで、致命傷は頭頂骨の骨折でした。ケビンはシートベルトをしていなかったそうで、衝突した反動で頭を打った可能性もあるそうです。現場にブレーキ痕はありませんでしたが、ケビンのふくらはぎには筋硬直が見られたそうです。また、車は燃えていたのに、気道からは煤が検出されませんでした。ギジュンは、ケビンは事故の前に既に死んでいたと推理したようですが、検察官は事故の瞬間に息絶えた可能性もあると答えます。

曖昧な事実より勘で答えろ!💢(😵)

検視官は仕方なく、手首に死ぬ直前にできたらしいがあったと答えました。

犯人扱い

ヘランがケビンの死を知ったのは、体調を崩したヨンジュンに代わって朝のニュースのキャスターを務めた時のことでした。何気なく原稿を見たヘランは絶句します😨。いつも冷静沈着なヘランの動揺ぶりに周囲が驚いたほどでした😲。そしてその後、ヘランは警察に参考人として呼ばれたようです。

憶測は憶測を呼び、ヘランはすっかり「犯人」扱いされました。警察から出てきたヘランにはマスコミというハイエナ群がってきます😈。でもヘランは堂々と「真実のみ」を伝えろとのたまいました👊。裏どりもしない無責任な記事で個人の名誉やメディアの信頼を失うな、品位を保て、と静かな、でもキッパリとした口調で諭された記者たちは、さすがにバツの悪そうな表情で引き下がります😜。

が、その後もケビンとの熱愛までまことしやかに囁かれました。JBCのスポンサーは次々と離れていき、報道官へのスカウトの話も流れたかのように見えました。局長もヘランに謹慎を命じます。でもヘランは、やっていないと主張し、自ら辞表を出そうとしました。それで局長は賭けに出ます👍。ヘランに続投を命じたのです🎉。

テウンは反対しましたが、局長の判断は正解でした💕。ヘランはカメラの前で堂々と、自分がケビンの事故の参考人として呼ばれたと語り、「コ・ヘランのニュース9」では最後までこの事件の真相を究明すると豪語したのです。必要とあれば警察にも協力を惜しまない、今後も公正でクリーンな報道を心掛ける、そう語ったヘランの一点の曇りもないその表情は視聴者を魅了したらしく😍、視聴率はうなぎのぼりだったそうです😁。番組が終了すると、大役を果たし終えたヘランには、同僚たちから尊敬の眼差しが注がれました🌹。中でもギソクは缶コーヒーを手にやって来て、ヘランを称えます。お疲れ様でした。さすがです

テウクの反応

テウクは、警察に「ヘランの代理人」として現れた時は、まだ、ケビンへの嫉妬に苛まれていました。当然、ヘランへの態度も冷たくなります。ヘランはそれが悲しくても最初は我慢していましたが、次第に我慢しきれなくなり、夫ならまずは気遣って欲しかった、と訴えました。

一方で、ヘランの内助の功が奏功し、外国人労働者の青年の裁判でテウクが勝訴します🌸。事務長は懸命に、ヘランはテウクを愛しているのだと援護射撃しました👍。それでもテウクは悶々としていたのですが、母と会っていた際に、口さがない男どもがヘランとケビンの下品な噂をしているのを耳にして、自分の気持ちを察します😨。テウクはその男を殴りつけ、母に宣言しました。夫としてヘランを守る!💜この気持ちをヘランにも伝えます。これまでずっと孤独な闘いを強いられて来たヘランにとって、この言葉がどれほど心強かったことかは、察するにあまりあります😿。

感想

かつてヘランは、多分一度も、テウクへの愛情を表現してこなかったせいで、テウクがなかなか「ヘランのテウクへの愛」を信じられないのが何とももどかしかったです😔。も〜素直じゃないんだから。またヘランとウンジュがケビンの葬儀中も親しげにしている姿を見たギジュンが「ふたりがグルになってケビンを殺したのでは?」と邪推したのには苦笑しきりでした😂。本当に、ふたりから復讐されても当然のことをしてましたよ、ケビンは👊。ま、殺すこたないけどね。

こんな性格の悪い男だから、他にも命を狙う人間がいても全然不思議じゃありませんよね😤。

ヘランの性格も決して良いとは言えませんし、多少の嘘もつくけれど💦、おばさんにとっては許容範囲なのです👌。局長がヘランを信じてくれたのも嬉しかったですし😻、続きもとっても楽しみです🎶。

ミスティ ~愛の真実~ DVD-BOX 1、2 [ キム・ナムジュ ]
関連記事

コメントをどうぞ♪ 0

There are no comments yet.