韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

ハンムラビ法廷 ネタバレと感想 6&7話 小さくて大きな一歩

2020/07/01
ハンムラビ法廷-初恋はツンデレ判事!? 0
ハンムラビ法廷 Ara

韓国ドラマ、【ハンムラビ法廷~初恋はツンデレ判事!?】の6話と7話を視聴しました。法曹界で生きる人間は皆ク〇ばっかりかと思ったけれど、そうではなかったようで一安心ですね。以下早速ネタバレです良い部長がたくさんいて良かったです

ここでの見どころは2点ハンムラビ法廷のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ~1つはゴンチュンの責任を問うための「判事会」、もう1つは、医療ミスで息子を亡くしたハルモニのその後、です

まずは1点目、チャオルムとバルンは、なんとか判事会に出てもらえるよう、引き続き皆に声を掛けていました。が、主席部長がこれを妨害します。過激なチャオルムが部長苛めを扇動していると記者に書かせてネットに流出させたのです。気の弱いボワンは、いち早くこの件から手を引きました

バルンとともにウジンの見舞いに行ったチャオルムは、思いもよらないウジンの反応に驚きます。ウジンは、自分のことで大騒ぎになった、もう裁判所に行きたくないと訴えたのです。会う人ごとに流産の話を聞かれるのは耐えられない!

またセサンはチャオルムに、部長たちと話をしてみるよう促しました。俺たちは判事だ。双方の意見を聞くのが基本だろう?お前は俺の話すら聞こうとしない

チャオルムは深く反省します。自分が好きな人の味方になったつもりで熱くなって突っ走った挙句、その好きな人さえ苦しめていることに気づいたからです。

チャオルムの祖母はチャオルムを寺に連れていき、千手観音を拝ませました

身内びいきだっていいんだよ。その代わり、たくさんの助けの手を遠くまで差し伸べればいいんだ。世界中の苦しんでいる人々を残らず抱えられるようにね

そこでチャオルムは、変り者と呼ばれている部長たちにも出席を依頼しました。その「変り者」が当日出席してくれます。また、本来は一番忙しい時間帯のところ、若手も何とか時間を捻出して集まってくれました。ボワンもドヨンに促され、後ろの方の席ですが、座ってくれました

それでも既定の人数には届かず、判事会を開くことができません

チャオルムは、首席ではなく所長(キム・ホンパ~ジンガブ父@チェックメイト!)に談判します。どうか、発言を許してください!

首席は無視しようとしましたが、所長が許可してくれました

そこでチャオルムは、自分は上司のセサンが好きだと語り始めます。20年以上判事を続けながら、今でも常に当事者に寄り添っているから

同じように他のすべての陪席判事にも上司を好きになってほしい。仕事に追われて心の余裕を失い、出世のためだけに働くのではなく、やりがいを感じてほしい。事件の当事者に寄り添ってほしい。ともに働く仲間に対して配慮できる余裕を持ってほしい。

チャオルムは、会議は開けずじまいだったけれどそれでも多くの判事たちが集まってくれたことに心から感謝しました。彼女が尊敬している最高裁の女性判事が退任する際に語った言葉でそのスピーチを締めくくります。

単独でヒマラヤに登頂した登山家は、己との闘いで勝てた分だけ前進し、勝てない時は泣きながら撤収した。

チャオルムはそれをアレンジし、自分たちはこの貴重な最初の一歩を皆で踏み出せたのだから、笑って撤収できると微笑みました

さて2点目ですが、これもまた首席判事の妨害に遭い、控訴は事実上不可能になりました。病院側が徹底して当時の証拠を出そうとしなかったからです。これはヨンジュンも調べてくれたそうですが、確かにミスはなかったそうです。彼は大学病院の理事をしていたらしい。

それでも病院側は見舞金として5千万ウォン出してくれることになりました。チャオルムは、ハルモニのためにこれを喜ぶ一方で、法では何も解決できなかったと悔しがります。おばさん的には、やましいところがあったからそんなに出すんじゃないの、と思ってしまいましたけどね

それ以外では、ボワンはドヨンが好きなのに、どうやら撃沈しそうなこと、そのドヨンには「夜の趣味」があるらしいこと、そして、チャオルムとボワンもまた学生時代に会っていたこと、が判明しました。

記憶を消す消さないのくだりは、ウジンやチャオルムの思い出したくない過去にリンクさせようとしているのは分かりますが、イマイチ説得力に欠ける気がするなあ。ここにバルンの恋心を重ねるから余計に印象が薄まっちまって、ほとんど記憶に残りませんでした。バルンとの恋愛部分にはどーにもこーにも気乗りしなくてごめんなさいです


ハンムラビ法廷〜初恋はツンデレ判事!?

これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.