マイ・ヒーリング・ラブ ネタバレと感想 22話 してやったり!

韓国ドラマ、【マイ・ヒーリング・ラブ-あした輝く私へ】の22話を視聴しました。これがまためちゃ楽しかったですね~!これは是非、ご覧になっている方とこの楽しさを分かち合わねばなりませぬ!!マイヒーリングラブが面白すぎ( *´艸`)


以下早速ネタバレですあした輝く私へのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


腹黒いソンジュは、もう一度、DNA鑑定に細工をしようと企んでいました。目の前で確認したいだろうから、家に鑑定のスタッフを呼ぶとヒョシルをうまいこと言いくるめたのです。もちろんヒョシルに異存のあるはずがありません。


その日はちょうどチウが会社に来る日でした。それでジンユに、帰りにチウを家に連れてくるよう命じます。ジェハクには、食事を作って待っているから、早く帰ってくるよう電話をしました。


DNA鑑定のスタッフには、ただ家に来てくれればいい、後はこっちでなんとかすると言い含めます。いったいどんだけの金額を提示したのでしょうか


久しぶりの家族そろっての食事だと喜ぶヒョシルには、チウの好物を作るとのたまうソンジュ。そんなソンジュにヒョシルはまたコロリと騙されちゃうんですよね。あの子の好物を覚えていてくれたの!?


その頃ジェハクは、家に帰る途中にどこぞに寄るよう命じています。なんとジェハクは、前夜にチウを訪ねた時、一緒に鑑定に出かけていたのだそうです!?


その前夜のシーンもまた感動的でしたね~。チウは、何も知らないイボクから、ウンジュとハヌルを追い出すようまくしたてられ、せっかく本当の家族が見つかった喜びなど味わえない状態でした


ウンジュは、ハヌルを実子と認めれば家を出ていくとジンスンを脅し、ついに認めさせたのです。イボクは、ウンジュのせいでジンスンが未婚の父になってしまったと、ウンジュのみならずチウにも当たり散らしていました


溜息をつきながら外に出てきたチウは、門の前にたたずんでいたジェハクを見つけ、「社長さん」と声を掛けます。チウはジェハクがブハンに用があるのだと思ったようです。


ジェハクは、隣に娘がいるのだと思うと寝付けなかったのだと答えました。そして、一度でいいから手を握らせてほしいと頼みます


チウは目に一杯涙をためてハイと頷きました。その手を握ったジェハクは、チユの手はあんなに小さかったのに、と感涙にむせびます


どうやらふたりはその後、一緒にDNA鑑定をしに行ったようなのですよね


家に戻ったジェハクは、どこへ行ってきたのだと尋ねるソンジュに、とても良いところだ、一生忘れられないだろう、と答え、どこへ行ったのかは明らかにしなかったのだそうです


そして今日、ジェハクが会社帰りに寄ったのは、鑑定の結果を受け取るためでした。その頃家には鑑定のスタッフを名乗る人間が到着し、ヒョシルとソンジュ、そしてジンユは、今や遅しとジェハクの到着を待っています。ソンジュはジンユに、チウを呼ぶよう命じました。


その必要はない!!


ジェハクが嬉しそうに、封筒を持って駆け込んできます。あの子は私の娘です!!チユです!


ヒョシルは、それは分かっているけれど、念のために鑑定をしなければならないとたしなめました。ジェハクは嬉しそうに封筒を差し出し、間違いないのです、と訴えます


検査結果は、当然のことながら、99.9%親子で間違いないというものでした


ヒョシルとジェハク、そしてジンユが感動に包まれている一方、ソンジュは地獄に突き落とされていますざまあみろ~っ!( `ー´)ノ。まさか!どうしてっ!?


その頃チウは、チェ家の食事に行く前に、ブハンとイボクに、本当の家族が見つかったかもしれないと話そうとしていました


が、ブハンとチウの話を小耳に挟んだイボクは、親など捜すなと言っただろう!とチウを怒鳴りつけます。ハヌルを養子にしろと言っても聞かないし、ウンジュも追い出さない~姑の言うことが聞けないのなら、この家を出ていけ!とチウを追い出そうとしました


手を離しなさいっ!!


現れたのはヒョシル、そしてジェハクです。ヒョシルはイボクの手をはねのけてチウを庇いました


イボクは、いかにもエラソーに、他人の家に入り込んで何をしているのだ、と突っかかります


ヒョシルは、私の孫を迎えに来た、と答えました。ええ、この子は私の孫です!!この子を苛めたら私が許さん!( `ー´)ノ


イボクは何が起きているのか分からずに呆然としています。チウはジェハクの顔を見つめ、ジェハクは、そうだったんだよ、というように、実に温かい微笑みを浮かべて頷きました


孫は連れていきます。止めても無駄です。二度と帰しません!! (


イボクはどもりながら、誰が誰の孫だと言うのだと言い返しました。ヒョシルはこれを無視し、チウ、あらためチユの手を取って出て行こうとしますが、礼儀正しいチユは、改めてイボクとブハンに報告します。


ブハンはジェハクに、ついに娘が見つかったんだな!と祝福の言葉を掛けました。チユが信じられないというかのようにジェハクを見つめると、ジェハクは、そうだ、お前は私の娘だ、と泣きながらチユを抱きしめます


よかったな、おめでとう!!


ブハンはヒョシルに、こんなめでたい日に水を差してしまってすまなかったと謝罪しました。ヒョシルは、良い日だから我慢するが、いびりは許せない、と釘を刺します。この子は、私と血のつながりのある唯一の孫ですから


も~この言葉でイボクの方針が決まりました。図々しいイボクは、こともあろうに、チユが家族と再会できたのは私のおかげ=自分がこの家に引っ越してきたからだと言い出します。あ、もちろん、ヒョシルたちが去った後です。


その上、未婚の父になり下がったジンスンはあっさり見捨て、「財閥の長女婿になったワンスンを大いに激励しました。やっぱりハンスグループと親戚になるのは運命だったのね!には開いた口が塞がりませんでしたね~。いったいどこまで図々しんだか


でもその運命も、どうやら勘違いかもしれませんね。ワンスンは、その前夜、幼馴染のチャン・ミヒャン(キム・ソラ)と、ついに一夜を共にしてしまったのです。よくよく聞いてみると、ミヒャンも家の借金で苦労したらしく、夫の財力で母を施設に預けているのだそう。


ああ見えてワンスンは結構マジメで情の深いところがあるから、チユとは離婚すると言い出すかもしれません


一方のソンジュですが、ヒョシルがひたすらチユに謝っていたのを見て、かなり焦っていたようです


ヒョシルは、迷子になった時、ひとりで怖かっただろう?何度もヒョシルの名を呼んだに違いない、とすまながっていたのですが、その言葉に動揺するということは、やっぱり、あの時ソンジュもあの場にいたんじゃないのでしょうか


以前の回想シーンでは、それがいつのことなのかよく分かりませんでしたが、このソンジュの焦りようを見る限りでは、ソンジュがチユを捨ててきたんじゃないんですかね。それで今は、チユが記憶を取り戻すのではないかと冷や冷やしているのではないでしょうか


それに、ジェハクのDNAをすり替えたのも、いずれは問題になりますよね。おそらくはヒョシル辺りが、あれはいったいどういうことだったのか、チユが死んだと鑑定するなど、マヌケな警察をただでは置かない!とかなんとか激怒しそうです。しかもあそこに監視カメラがありましたものね~


あ~早くソンジュをぎゅうぎゅうの目に遭わせてやりたいですね~ソンジュめ、覚悟しいや( `ー´)ノ。ジンユとイユは可哀想だけど、ちゃんと罰は与えなくちゃ


またチユの実家、否、養母のサムスクの家では、テコンドーコーチのカン・デフン(チャ・グァンス~コ・ヨンボ@奇皇后)がサムスクに気づいて、部屋を貸してくれることになりました。も~ジュアは来るな!って話でやんすが


いや~実に楽しかったですマイヒーリングラブが楽しすぎ(^^)/。「マイ・ヒーリング・ラブ」は今日の放送もめちゃ楽しみですね~



マイ・ヒーリング・ラブ~あした輝く私へ~ DVD-BOX1~5


←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません