マイ・ヒーリング・ラブ ネタバレと感想 25&26話 新たな証言

韓国ドラマ、【マイ・ヒーリング・ラブ-あした輝く私へ】の25話と26話を視聴しました


ここ数年、この手のいわゆる「マクチャンドラマ」にはと~んとご無沙汰していたので、おばさんが知らないだけかもしれませんが、このドラマほどサクサクと気持ちの良い展開の韓ドラはかつて見たことがないほどです


フツーはかなりの終盤に来てよ~やくスッキリするものですが、これはまだ中盤だというのにこの痛快な展開ですからね~。もう毎日が楽しくてなりません。ですから毎日語りたいのは山々なのですが、体力的になかなかそうもいかず、という訳で、本日は2話分タップリ語らせていただきまするマイヒーリングラブのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


チユはハンスグループでの絵の仕事も順調でした。(室長の嫌がらせにも負けず)社員投票でチユの絵が選ばれたと、ジンユは嬉しそうにジェハクに報告に来ます


正式に勉強した訳でもないのにとこれまた嬉しそうに笑うジェハクに、ジンユは、僕の妹ですよ、ご存じありませんでしたか?とジョークを飛ばしました。ジェハクは(アイゴー)それはそれは立派な妹さんをお持ちで、とやり返します


そのジンユは、チェ家での食事に招かれたチユとワンスンを迎えに行くことにしました。チユはともかく、ワンスンが気を遣わなくて済むように、あらかじめ会っておこうとしたのだそうです


ところがそのワンスンは、またしてもミヒャンに呼び出されていました。慌てて外に出たワンスンは、ミヒャンと一緒にいるところをジンユに見られてしまいます。しかもミヒャンは、嫌がるワンスンにベッタリくっついていたのです


これまで優しそうだったジンユの顔が一変したところに、チユがワンスンを追って出てきました。チユに二人を見せてはならないと、ジンユはチユの顔を抑えて後ろを振り向かせないようにします。じっとしてて


ワンスンたちが姿を消すと、ようやくいつものジンユに戻りました。夫が依頼人に呼ばれて戻ってこないと困っているチユには、メールを送って先に行こうと促します。おばあさまが待っているから


チユはそんなジンユに違和感を覚えたようですが、ジンユの言うとおりにしました。


チェ家ではソンジュがご馳走を用意してチユを迎え、白々しくも、過去のことは水に流して仲よくしようなどとのたまいます


食卓ではチユの絵が話題に上り、ジェハクに褒められたチユはついいつもの癖で「ありがとうございます、社長さん」と答えてしまいました。ヒョシルは「お父さん」と呼べと促します。時間が経つとますます呼びにくくなるものよ


食事が終わった後に、ようやくワンスンがやってきました。なんでもミヒャンはパニック障害らしく、別れを切り出したワンスンの前で発作を起こして倒れてしまったらしいのです。もちろんワンスンはそんなことはおくびにも出さず、チユに家族を捜すよう勧めたのは自分だと威張りました


ジンユは不審に思い、なぜ捜そうとしなかったのか、と尋ねます。チユはためらいながら、迷子になったのではなく捨てられたとしたらどうしよう、もう誰も家族が生きていなかったら、などと不安だったからだと答えました


ヒョシルは感動し、ここまで待てたのもすべてはソンジュのおかげだと、また言い出します。まったくフツーの神経ならあそこにいられませんよね


チユは帰り際、ちょっと待っていてほしいともう一度家に入っていきました。その間、チユを送ろうと出てきたジンユはワンスンにぶすりと釘を刺します。依頼人とは随分親しそうだったが、その依頼は決して受けるな。チユを悲しませることは断じて許さない!!


笑っているジンユは本当に優しそうなんだけど、怒るとめちゃ怖いですからね~。ワンスンもこれで懲りてくれればよいのですが、そう思う一方で、こんな男とは早く別れた方がいいとも思えてなりません


またチユが家に戻ったのは、ジェハクをお父さんと呼ぶためでした。わざわざ戻ってきて「おやすみなさい、お父さん(アッパ)」と恥ずかしそうに語ったチユの心情が嬉しくて、ジェハクもとろけそうな顔で礼を言います。ありがとう、チユ


その後、チユは家族と実母ミヨンの墓参りに行くことになりました。ジンユは、仕事で行けないけれど、と、ミヨンが好きだったという白薔薇の花束を用意してくれます。も~チユの親友のソニ(シム・ジンファ)が羨ましがって「オッパ」と呼びたくなる気持ちが分かりますよね~。チユのお兄さんなら、私にとってもお兄さんだわ、って


ミヨンの墓の前で、それぞれの思いに浸るヒョシルとジェハク、そしてチユとともに、ソンジュがいるのが、また信じられませんでしたよね。ソンジュは、チユが記憶を取り戻すのではないかと気が気ではなく、常に側で見張っていたかったようです


その後、今度はサムスクたちを招待した席で衝撃の事実が明らかになりました。ヒョシルは、チユを育ててくれたサムスクに感謝する一方で、なぜ警察に届けなかったのか、その理由を確認しておきたかったのだそうです


もちろん、そんな理由を確認されたら困るソンジュは、慌てて、それではせっかくチユを育ててくれた相手の気分を害することになると、これまたもっともらしくたしなめました


それでヒョシルも思いとどまったのですが、サムスクは意外なことを語りだします。ヒョシルがチユを見失ったと言ったのを聞いたサムスクは、チユが迷子になる直前に一緒にいたのは(おばあちゃんのヒョシルじゃなくて)他の「綺麗な若い女性」だったと教えたのです。これは、当時市場で働いていた配達員が目にしたそうです。


自分がチユを見失ったと長年後悔していたヒョシルですから、この言葉を看過することはできません。その配達員を捜して「若い女性」が誰だったのかを突き止めなければ!!


もちろん、それはソンジュです。配達員は、ヒョシルとはぐれて泣いていたチユが、ソンジュを見つけて抱き着いたところを目撃したようですね


ソンジュはそこで、目印になる赤と緑の洋服を脱がせて、グレーのワンピースをチユに着せ、その場に置き去りにしたのだそうです。そのワンピースのポケットには「大事に育ててください」とのメモを入れておいたのだとか


それでサムスクは、チユは捨て子だと思い込み、警察にも届けずに、自分で育てることにしたのだそうです。あ~それでもやっぱり警察には届けるべきでしたよね~。でもそうすると施設に預けられると思ったのかな。


家に戻ったサムスクは、ヒョシルたちがチユを30年以上も捜していたという言葉から、ようやく、なぜ自分が警察に届けなかったのか、その理由を思い出しました。そうよ、あのメモがあったはず!!


これでまたしてもソンジュを追い詰めることができますね~。チユ自身の記憶も少しずつ蘇ってきたようですし。


とはいえソンジュもまた性懲りもなく、密かに「配達員」を捜させていたようです


またソンジュは、赤と緑の洋服は袋に入れて捨ててきたはずなのに、なぜチユは持っていたのだろう?と不思議に思っていたらしく、サムスクから聞き出そうとしましたが、そこへチユがやってきたのでごまかしてしまいました。これまでもそうだったように、こうしてソンジュがごまかしてきたいくつかのことが、いつの日か、ピピーンと繋がる日が来るのでしょうね


一方、チユがイユの姉と判明したため、イユはヒョシルからもジュチョルとの交際を禁じられてしまいました。が、イユは、二人とも本気なのだとジンユに助けを求めます。ジンユはジュチョルを呼び出して話してみて、その人となりを知り、ふたりが困難に立ち向かうというなら、温かく見守ろうとしていたようです


ジュチョルは昔リンパ腫を患って、テコンドーを諦めたようでしたね。それを今回「型」の選手権にでることにしたようです。イユはもちろん、サムスクやチユもこれを知ったらどんなに喜ぶことでしょうか


またイボクは、めずらしくまともなことを言ってワンスンを叱っていました。愛人にもらったスーツを着て義父に会いに行くつもりか?さっさとミヒャンとは別れて、一生チユに尽くせ!!


ハヌルを連れて家を出たウンジュも、なんとか仕事が見つかったようです


さて来週は、どうやらチユのお披露目があるようです。ジンユはそのためにチユを連れ出し、美容院で髪をセットさせ、上品な服も購入しようとしました。が、チユは、最初は喜んで試着していたのが、ふと値札を見て度肝を抜かれ、ここではなく、市場で買おうと言い出します


普段は優しそうに見えて、実は頑固なジンユですから、どんなにチユが辞退しようと、一番上品で一番チユに似合うドレスを買わぬはずはありませんね


あ~来週の放送が今から待ち遠しくてなりませぬ



マイ・ヒーリング・ラブ~あした輝く私へ~ DVD-BOX1~5


←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません