マイ・ヒーリング・ラブ ネタバレと感想 第27話 狭まるソンジュ包囲網

韓国ドラマ、【マイ・ヒーリング・ラブ-あした輝く私へ】の27話を視聴しました。これまたと~っても楽しかったですね~。以下ネタバレのあらすじですマイヒーリングラブのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


ハンスグループによる慈善バザーと限定版の発売の日に合わせて、チユが見つかったと公表されました。ヒョシルが待つ壇上に行くチユをジンユがエスコートします


上品なドレスに身を包んだチユの緊張は画面を通しても伝わってくるようで、おそらくはその緊張で氷の様に冷たくなった指を取ったジンユが、その緊張をほぐそうと、ブタ鼻をして笑わせます


ヒョシルから「私の孫」だと紹介されたチユは、恥ずかしそうに、でもとても嬉しそうに会場を見渡しました。ジェハクやイユ、それにこの晴れの日に自分たちを売り込もうと着飾ってやってきたイボクやワンスンも笑顔で見つめていましたが、ただ一人、チユを馬鹿にしていたチーム長だけは悔しそうでましたね


その後、インタビューを求められていたチユにワンスンが声を掛けましたが、チユはちょっと戸惑いながらも結局は無視する形で立ち去ってしまいました。まあ浮気野郎ですから当然ですが、チユはまだ知らないはずなのに、なんとなく察していたのでしょうか


帰宅したヒョシルはイボクに、しばらくチユを自宅に住まわせたいと切り出しました。イボクは大喜びで承知し、ワンスンも一緒に行かせようとしますが、子どもができないことを批判されたワンスンは、それで気が引けたらしく、自分はいかないと断ります。


確かにチユはもう38だそうですし、ふたりとも子どもが欲しかったようでしたから、病院に行けばよかったのにね。ワンスンの方に何か理由でもあるのでしょうか


そこへキム刑事から連絡が入りました。どうやら、ジェハクとチユが親子だという鑑定結果が出たようですが、キム刑事は、それでも科捜研でサンプルを取り違えるということはあり得ないと主張します


以前「チユ」と断定された遺体の身元を特定し、間違った鑑定結果が出た原因を突き止める、正式に捜査することが決まったとと豪語しました。


サムスクから聞いた「若い女」のことも疑っていたヒョシルは「胸騒ぎがする」と語っています


そしてチユはチェ家に住むようになると、1つ1つ記憶を蘇らせていきました


最初はギップムの「アジュンマ」と呼ぶ声でした。幼い自分が誰かをそう呼んでいたことをぼんやりと思い出したチユは次に、そのアジュンマに言われた言葉を思い出します


ソンジュはチユを置き去りにした際、言うとおりにしたらチユの好きなプルコギと卵焼きを作ってあげると言ってチユを騙したのだそうです


相手が誰かはまだ分からぬものの、チユはその言葉を思い出し、ヒョシルにそう告げました。ヒョシルは、

そんなことを知っているのは私とソンジュだけなのにっ!?

いったい誰がそんなことを言ったのだろうといぶかしみ、すぐにも医師を呼べと息巻きます。チユの記憶が戻ってきているわ!!チユが思い出したようよ!


ソンジュは内心ぶるぶる震えながら、ひたすらチユを見つめていました。チユもそんなソンジュをじっと見たんですけどね~。ソンジュを信じているヒョシルは疑おうとすらしません


あれはいったい誰だったのかしら?チユが、ジェハクの用意してくれたチユの部屋でぼんやりしているところに、ジンユがビールを持ってきました記憶が戻ったお祝いをしようと言うのです


このジンユがまた茶目っ気タップリで楽しいですよね。チユは、ジェハクをアッパ、ヒョシルをハルモニ、と呼んだのに、ジンユのことだけはまだ「オッパ」と呼んでくれないとふくれ面をしてみせたのには、ソンジュ以外は、大笑いです


幼い頃に別れたきりのチユとジンユが、今ではビールで乾杯するまでに成長したと思うと、ここはまたヒョシルになり切って感無量でした。ジンユは、チユの飲みっぷりに、もっと強い酒でも大丈夫そうだと言って、ジェハクが隠していたはずの酒を探しに行きます


何度も繰り返すようで恐縮ですが、一日も早くソンジュをつるし上げたいと思う一方、その時にこのジンユがどんなに悲しむだろうと思うと、なんとも心中複雑です


そうは言っても、やっぱりソンジュの罪は許しがたいですね~早くぎゅうぎゅうにとっちめたい( `ー´)ノ


ソンジュは、ワンスンからサムスク一家が家を追い出されたと聞き、家を探すという口実でサムスクを訪ねました。いつも通り、口ではさんざんチユを思いやるようなふりをして、密かに当時のことを探ろうとします


するとサムスクは(ポケットじゃなくて)チユのカバンの中に「メモ」が入っていたから警察に届けなかったのだと言い出しました。そのメモこそソンジュが書いたものなのですよね。


ソンジュはそのメモを取り返そうとしましたが、サムスクは、いくら探しても見つからなかったと答えました。いつもチユが見ている箱の中じゃないんですかね?


ソンジュはそれをいいことに、そんなメモの存在を知ったらヒョシルが苦しむし、チユも可哀想だと言ってサムスクを口止めします


またサムスクも、本当に良い人だ、などと思い込んで、黙っていると約束してしまうのです


こうしてソンジュは次々と先回りをしているつもりなのが、またいかにも小賢しいですよね~。チユは今目の前にいて、自らも記憶を取り戻そうとしている立派な大人なのに、いつまでも騙せると思う方が間違いざんすよ


期待通り、チユは、赤と緑の服を着てチユを「アジュンマ」と呼ぶギップムに、かつての自分を重ねました。昔、ヒョシルとはぐれたチユはあの格好をして、そこにやってきたソンジュを「アジュンマ」と呼んだのです


毎日少しずつ真実が明らかになっていく様子がまたたまりまへんね


マイヒーリングラブ」は今日の放送も楽しみですね



マイ・ヒーリング・ラブ~あした輝く私へ~ DVD-BOX1~5


←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません