マイ・ヒーリング・ラブ ネタバレと感想 第37話 もう離婚だ!

韓国ドラマ、【マイ・ヒーリング・ラブ-あした輝く私へ】の37話を視聴しました。も~今さら謝っても遅いですよね。以下早速ネタバレですマイヒーリングラブのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


チユはワンスンに離婚届を突き付けました。イボクはなんとか止めようとして語るに落ちてしまいます。子どもなら今からでもできるわ


チユは、イボクがミョンヒのことばかりか不妊手術のことまで知っていた、それで黙っていたと知り、ますます怒りを露にしました


大体、テレビで見ているから笑えるんであって、あんな姑に8年も耐えただけでチユは立派ですよね。それも、出来は悪くてもひたすらチユを愛してくれるワンスンの母親だと思ったからこそ、ひたすら我慢してきたのです


も~無理っ!!


そう思って当然です。優しいブハンにも助けられてきたことでしょうが、ブハンだけではもう引き留められませんし、そのブハンも分かってくれたようです


それなのにワンスンは、なんとかチユの心を取り戻そうとサムスクを訪ねました。サムスクが言えばチユも考え直すと思ったそうです


でもサムスクは、チユが怒った原因の半分=女、を聞いただけで怒り出しました。ワンスンがこれまで「婿」としての体面を保ってきたのはひとえに「チユへの愛」が本物だと誰もが信じていたから、ただそれだけなのです


こんな図々しいワンスンに比べて、ジンユの健気なことったらなかったですね。ジンユはジェハクとの養子縁組を解消する手続きを進めました


もちろんジェハクは承知しませんでしたが、ソンジュのことを抜きにすれば、ジェハクとの親子関係を解消しておくのは、実は決して悪いことじゃありませんよね


それに、ソンジュのことにしても、ソンジュが一連の罪を犯したのも、ジンユをジェハクの息子にしてハンスグループの跡取りにすることが目的だったのですから、それを無効にしない限り本当の謝罪にはならないと考えるのは当然です


それでも、そのためにジンユが慣れない力仕事をし、ギップムも家を恋しがる姿は見ていて胸が痛みましたね。ギップムに関しては、チユが幼い頃の自分を重ねて大いに同情し、家に引き取りたいとヒョシルに頼んでいたようですが


まったくね~ソンジュはなんてことをしてくれたんだ浅はかにもほどがある(;´Д`)、ですよね。自分に親がいなかったから、親が悪事を働いたら子どもがどう感じるかまでは想像できなかったのでしょうか。イユも今やジュチョルの顔すら見られない状態です


ジェハクはソンジュにDNA鑑定のことを自分の口から説明するよう電話をしますが、ソンジュはもうスマホを捨ててしまったので、留守電を聞くことはないでしょう。


一方でユンギョンは、ジンユがハンスグループを辞めたと聞き、ここぞとばかりにうちの会社に来てほしいと誘いますが、ジンユにその気はないようです


さ~て、これでほぼ悪い要因は解消されたようですから、そろそろまた「明日輝く私への部分を描いてほしいですね。外国のブランドとのコラボはどうなったのかいな?


マイヒーリングラブ」は今日の放送も楽しみですね



マイ・ヒーリング・ラブ~あした輝く私へ~ DVD-BOX5


←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません