韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

たった一人の私の味方 ネタバレと感想 13~15話 スイルがモテモテ

2020/12/03
たった一人の私の味方 0
たった一人の私の味方 チェ・スジョン ユイ

韓国ドラマ、【たった一人の私の味方】も毎日楽しく見ています。スイルの「大人の魅力がうるさいヤンジャを大人しくしてくれて、実に楽しくなってきました。以下早速ネタバレですたった一人の私の味方のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

遊園地

最も楽しかったのはこれですね~。ウニョンから、ミョンヒとしてグムビョンの面倒を見てほしいと頼まれたドランは、住み込みはできないが、呼んでくれればいつでも駆け付けるという折衷案を出しました。夜中でも早朝でも、いつでも呼んでくれて構わないとドランが約束したので、ウニョンもこれで一安心です

それからしばらくして、グムビョンはドランに礼がしたいと言って、会社からドランを呼び出しました。ドランをデパートに連れていき、店ごと買いかねない勢いで、たくさんのプレゼントをします。ドランが恐縮していると、スイルは、認知症になったことが分かって以来外出を控えていたグムビョンの気持ちだから、ありがたく受け取ればいいと助言しました

そのグムビョンはトイレに入った途端、また子どもに戻ってしまいます。ドランの顔を見ると遊園地に行こうと言い出しました。ドランはジングクに相談します。ジングクはすぐに行くと約束しますが、多忙のために、代わりにデリュクが行くことになります。というより、デリュクが行きたがったのですよね

遊園地の前でデリュクを見たグムビョンはデリュクを「2階の青年」と呼び、なぜここにいるのか、と不満げです。それでドランは、一緒に遊んだほうが、悪い人が来た時助けてもらえる、と説得しました。それからは、皆で童心に返って遊びまくります。スイルも熊の耳のヘアバンドをして楽しそうでしたね~

皆本当に楽しそうだったな~( *´艸`)

ずっとドランと暮らしていれば、ドランを遊園地に連れていき、こうした楽しい時間を過ごしたことでしょうに、それが今、こんな形でも叶うなんて、スイルはどんなに感動したことか。またドランの笑顔がめちゃ可愛いんだ、これが

それにグムビョンも、夫が亡くなってからずっと、女手一つで会社を守り、ジングクを育ててくれたのだそうです。幼い頃は継母に苛められたそうですし、こんなに楽しい時間は過ごせなかったことでしょうグムビョンも可哀想だったのね(;´Д`)

認知症になってわがまま言えてむしろよかったよ

おばちゃんたちにモテモテスイル

ヤンジャ

ドランはヤンジャたちに、スイルや会長の話を一切伝えなかったため、ヤンジャはスイルを「ドランの愛人」だと思い込みました。それでスイルがドランを送ってきたのを見つけると、スイルに飛び掛かっていきますも~信じられん(;´Д`)。その時にシャツのボタンを引きちぎったらしく、スイルは下着姿にされてしまいました。も~おばちゃん、何やってんねん

ドランは必死でヤンジャを止めて事情を説明します。この方は会長の運転手よ!何してくれんねんっ!!とは言ってません(;^ω^)

さすがのヤンジャも真っ赤になって平謝りに謝りました。さらに、よくよく冷静になってみたら、スイルはおばちゃん好みのイイ男ではありませんか。それからというもの、ヤンジャはスイルを見るたびに、下にも置かぬもてなしぶりですエライ変わりようだ( *´艸`)。そのせいで、ドランにまで優しくなりました。ドランのクレジットカードで黙って買い物をしたこともこれで帳消?になりました

「会長や大奥様のおかげ」で贅沢ができている、これからもシッカリお世話して差し上げなさい、といえば聞こえはいいけど、ミランには「道で認知症の老人を見かけたら必ず世話をしろ」(=そうすれば見返りがある)、と教えるのがまたヤンジャらしい

ホンジュ

それはホンシルの妹=ホンジュも同様です。ホンジュにはアメリカ人のフレディという夫がいたのですが、最近亡くなったそうで、体外受精で子どもを作るために韓国に戻ってきたのだそうです。そのホンジュが偶然スイルに助けられました。ホンジュはスイルが亡きフレディにそっくりに見えたそうで、これまた一目惚れしてしまいます

スイルはでも「頭のおかしいおばちゃん」だと思ったようで、そそくさと逃げ出しました。今度会ったら、スイルの精子をくださいとか言いそうですよね

デリュクの片思い

ドランは秘書課の同僚=ホン秘書(キム・チャンフェ)とともにレシピ公募展に応募することにしました。そのレシピを考えるために調理室を使ったところ、誤ってボヤをだしてしまいます。それを聞いたデリュクは慌てて駆けつけ、ドランの名を呼びまくりました

キム秘書っ!キム秘書っ!キム秘書っ!キム秘書っ!!大丈夫かっ!

って、もう一人、ホン秘書もいるのにね

これで自分の気持ちを悟ったデリュクは、見合い相手のスヒョンに会って、キッパリ交際を断りました。その上でドランに好きだと伝えますが、ドランは相手にしませんでした。しかもこの様子をスイルも目撃します。グムビョンからの差し入れを届けに来たのです。

スイルは以前デリュクとスヒョンを送った際、ふたりがキスをしている(正確にはスヒョンがした)姿を目撃していたため、デリュクが二股をかけていると思い込みました。それでここでもわざと邪魔しに出ていきます

デリュクは、スイルがドランやその家族と親しい様子を見ていたので、スイルに味方になってもらおうとしますが、スイルは、デリュクが二股をかけていると思っていたため、キッパリ断りました。それにたとえ真剣だとしても、今のドランの立場を考えたら、そうやすやすと交際を申し込むべきではないと伝えます

ク〇生意気なガ〇をとっちめる

苦労の甲斐あって、ドランはレシピ公募展で入選を果たしました。それで出た賞金でドランは早速、スイルとグムビョンに贈り物を用意します。すぐにも届けたくてワン家を訪れると、玄関先でスイルに遭遇しました。ドランが入選のことを伝えると、スイルは自分の事のように喜びます。本当に?おめでとうございます!よかったな~ドラン

自分は何もしていないのにプレゼントをもらうなんて、とスイルが躊躇すると、ドランは、アニエヨ~いつもお世話になっている、素敵な時計ももらった、と腕を見せました。スイルは「いつも使ってくれている」だけで大満足です。スイルへのプレゼントはセーターと靴下だそうです。スイルは感激し、大切に使わせてもらうと喜びました。

スイルは心の中でドランを自慢に思います。これまで苦労した分、これからはきっと良いことがあるぞ!

あいにくグムビョンは留守でしたが、中で待っていようとすると、ダヒが出てきました。ダヒは、家政婦がいないのと、自分がネイル中なことを理由に、ドランにコーヒーを淹れるよう命じます。しかもドラン用ではなく自分用で、2Fの部屋まで運べと言いやがった

キム秘書、必要ありません!そんなことはお前の仕事じゃない!

スイルが出てきて即座にダヒを諫めました。ドランはこの家の家政婦ではなく、グムビョンの客だから、お茶を淹れさせるなど間違っている、と指摘したのです

生意気なダヒは、これに昂然と反発しました。運転手のくせに、将来この家の女主人になる私に説教するとは私を馬鹿にしているの?

スイルが同じことを繰り返すと、ダヒは黙れと怒鳴ります。うちで給料をもらっている分際で私に口答えする気?!(ってあんたにもらってませんから何勘違いしてんの?さっさと出て行って!

これにはドランも黙っていませんでした。ダヤさん、ひどすぎるのでは?言葉が過ぎるわ。おじさんは正しいことを言ったのに。おじさんに謝ってアジョシは悪くないわ!

ダヤは鼻で笑い、グムビョンに可愛がられているからと言って本来の立場を忘れている、と言い出しました。うちで給料をもらって働いている人間でしょ(だから、あんたにはもらってないからっ!!居候の分際で図々しい( `ー´)ノ それなのに私に謝れと!?それに何?「ダヤさん」?私が友達なの??厚かましい

この一部始終をジングクとグムビョンが聞いていました

:ダヤ、何の真似だっ!!:キム秘書になんって言ったの!?

賢いドランは、本来の目的も果たさずに失礼しますと出て行きました。スイルがその後を追いかけます。ジングクは鼻息を荒くしてダヤに部屋へ来るよう言い渡しました。そこへウニョンが起きだしてきます

ダヤはジングクの部屋で黙って突っ立っています。そこへウニョンが入ってきて、自分が叱っておくから、ととりなそうとしましたが、ジングクは即刻ウニョンを追い出しました。お前は出ていろ!

ウニョンもこれには逆らえません。

ウニョンが出ていくと、ジングクは早速この育ちも心根も悪い〇ソガキを叱り始めましたダヤめっ!

あんな行動をどこで習った?私は従業員をそんな風に扱ったことはない。それにキム秘書は、私と家内が説得して母の面倒を見に来てもらっている大切な人だ。

何て失礼なことを!!自分の下で働く人を大事にしないと、人をあんな風に扱ったら、誰が本気で働く!?キム秘書に断られたら、お前がおばあさまの面倒を見るのか?あんなことをされてキム秘書がおばあさまに誠意を尽くすと思うか!?本当に失望した。出なさい

ダヤは泣きながら飛び出してきて荷物をまとめ、実家に帰りました。も~家に帰ってもホンシルに叱られればいいですよね

一方のドランはスイルに、自分のせいですまなかったと謝罪し、ひとりで家に帰りました。するとそこには、いち早くこの件を聞きつけたデリュクが先に到着しています。デリュクはダヤに代わってドランに謝りに来てくれたのです。代わりになんて謝らなくていいから、あのダヤに謝らせんかっ!!スイルとドランに土下座して謝れっ!!( `ー´)ノ

感想

せっかくヤンジャが大人しくなったのに、このダヤがホントに根性悪いですよね~。スイルやジングクがガツンと言ってやってざまあみろでした。でもな~実に腹立たしいけど、もしかしたら、ここでダヤからひどい目に遭わされることで、昔の罪を少しでも償っている、ってこともあるのかしらね

次回の予告では、ヤンジャが、昔ドランを預かってくれたスイルの大家さん=クモク(イ・ヨンイ)に遭遇するようです。スイルはクモクに、ドランとは無関係ということにしてほしいと頼んでいたので、あそこで孫のユジンの親友のドランがあのドランだと分かっても、黙っていてくれると信じたいですね~

「娘を嫁に出す父親のような切ない目」でドランを見ているスイルが、窮地に追い込まれることの無いよう、毎日祈るばかりです。続きもとっても楽しみです

たった一人の私の味方 DVD-BOX 1~4 [ チェ・スジョン ]

これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメントをどうぞ♪ 0

There are no comments yet.