韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

たった一人の私の味方 ネタバレと感想 19~22話 身分差がなんだ!

2020/12/11
たった一人の私の味方 0
たった一人の私の味方 チェ・スジョン ユイ

韓国ドラマ、【たった一人の私の味方】も毎日楽しく見ていますが、ダヒとウニョンはボコボコにしてやりたい気分でいっぱいです。どんなにお金があっても、心が貧しければ何の意味もありませんよね。以下早速ネタバレですたった一人の私の味方のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

急接近

ドランがグムビョンを庇って怪我をした時、スイルは自分が何もできなかったと悔やみました。その一方で、真剣にドランを心配し、ドランを背負って走ったデリュクの誠意を信じます。それでスイルはデリュクに、ドランとの橋渡しをすると約束しました

その結果、ドランもデリュクに心を開き、ついには交際がスタートします。が、これが次々に周囲に知られ始めました

周囲の反応

ホン秘書

真っ先に気づいたのはホン秘書です。ホン秘書はドランのことが好きだったのだそうです。デリュクより自分の方がドランを幸せにできるのに、と大いに悔しがりました。ドランから頼まれたデリュクは懸命にホン秘書の機嫌を取って口止めをします

ゴレ

デリュクがドランと公園でデートしていたところに、偶然ゴレが通りかかりました。ドランはデリュクの髪をヘアピンで可愛く留めていたため、ゴレは、なんだ、その髪型は、と笑います。でもゴレはこういう話を言いふらすような浅はかな人間ではありません。問題はその妹です

ダヤ

一番心配なコイツに知られてしまいました。最初は、デリュクとドランが手をつないでいるところを目撃し、その後はグムビョンが「ミョンヒ」を呼んだためにドランがやってきた際、夜中にふたりがこっそり会っていちゃ付いているところを隠れて見ていたのです

それをグムビョンが「お前も2Fの青年に気があるのか!よくもミョンヒの男を横取りしようとしたな!さすがは愛人の娘だ!!グムビョン、でかした!( `ー´)ノと髪を引きむしりました。グムビョンは、ミョンヒ(ドラン)がこっそり「2Fの青年」に会いに行くのに気づいていたのだそうです。ドランがデリュクからダイヤの指輪をもらっていたことにもいち早く気づいていました

ダヤはウニョンに、デリュクとドランが付き合っている、と告げ口します。でもウニョンは、ドランを嫌っているダヤが作り話をしていると思い込み、ダヤを厳しく叱りました。いくらなんでもそんなことがあるはずがないわ。キム秘書が来ないと困るのは私なのよ!

それでダヤは、わざわざ会社にまで押しかけて「証拠」をつかもうとします。ホントにダヒは性格が悪いですよね~

その頃ドランは、スイルの後押しもあって、互いの家族に正式に交際を伝えることに決めていました。それでデリュクと買い物に出かけ、またしてもベタベタしていたところを、ダヤに写真に撮られてしまいます。さすがのウニョンもこれを見せられては信じざるを得ませんでした

ウニョン

ウニョンは早速ドランを呼び出して、デリュクとの交際は断じて認めない!と釘を刺します。あんたなんかが嫁に来たら、会社の株も下がるし、価値も下がる。ゆめゆめデリュクと結婚しようなどとは思うな!私は絶対に認めない!!

グムビョンからはお揃いのネックレスまでもらい、介護士事件があった後はウニョンも優しくしてくれていたので、ドランとしては青天の霹靂だったことでしょうそんな!( ;∀;)

ウニョンは、留学が決まったとでも嘘をついて、会社も介護も辞めるよう言い渡しました人格を否定されたドランは大いに傷つきますが、それを誰にも話すことができません

ドランの決意

ドランは別れを決意し、ジングクに会いに行きました。ウニョンに言われるまま、留学が決まったから会社を辞める、もうグムビョンの世話もできないと断ります。ジングクは何が起きたのか分からないとショックを受けて、慌ててウニョンに電話をしました。その頃、もしドランがジングクに告げ口したらどうしようと心配していたウニョンとダヒは、この電話に安堵します

え?留学に行くから辞めるですって?随分無責任ね!

まったくひどい話でやんすね。予告によると次は「ミョンヒの偽者」を連れてくるようですよ。も~悪いのは正確だけじゃなくて頭もときたもんだサイテー!

ドランはデリュクにも、財産目当てで近づいたが、好きでもない人と一緒にいるのは嫌だ、と言って指輪を返しました。デリュクは驚いて急な翻意の理由を聞こうとしますが、ドランは決して話しません。困り果てたデリュクはスイルに相談しました。スイルは早速ドランとうどんを食べに行きます。そこでもドランは語ろうとしませんでしたが、ついついがあふれるのを止められませんでした。それを見たスイルは、理由は留学ではなく他にあるに違いない、と察します。何せ家政婦ですら「デリュクとドランはあり得ないと馬鹿にしていたのです。

ホンジュの失恋

スイルからストーカー扱いされていたホンジュは、またまた偶然、それもスイルの目の前でスリに狙われました。スイルはこれを助けると、ホンジュが本当に近くに住んでいたのだと悟ります。これに加えて教会での奉仕がふたりを接近させました

が、ホンジュが「財産目当ての男」に騙されているのではないかと心配したホンシルがホンジュの後を付けて、相手が「娘の嫁ぎ先の運転手」だと知り、激怒します。直接スイルを呼び出して、スイルを貶めました。スイルは、まったくその気はないし、迷惑だ、と言い渡します

ようやく仲のいい友達になれたところだったのに、ホンジュはこのせいですっかりスイルに避けられるようになりました。でも~~もしかしたら「嫌われた」訳じゃあなさそうですよね。スイルも、純真なホンジュのことを少しは好きになっていたような気がしますが?

ミランとゴレ

このふたりもなかなかお似合いです。最初はミランが見栄っ張りでイラっとしたけど、その分ゴレがめちゃ無頓着なので、ちょうどバランスが取れているかもしれませんね。

感想

韓ドラを見ているとよく「身分違いの恋」が出てきますけど、人間の価値は家柄や経歴じゃなくて本人の性格や教養ですよね。ジングクやグムビョンはあんなに賢いのに、ウニョンとダヒはどうしてあんなにもア〇なんでしょうか。いくらデリュクが好きでも、あんな〇ホな人間とは親戚にならん方がええよ、と思わずドランに言いたくなります

たった一人の私の味方 DVD-BOX 1~4 [ チェ・スジョン ]

これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.