韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

たった一人の私の味方 ネタバレと感想 第42話 心が貧しい人々

2021/01/19
たった一人の私の味方 2
たった一人の私の味方 チェ・スジョン ユイ

韓国ドラマ、【たった一人の私の味方】の42話を視聴しました。このドラマを見ていると、たとえ物理的に裕福であっても心が貧しい人はたくさんいるものだとつくづく呆れちゃいますよね人を見ればドロボーと思えという言葉がありますが、ここに出てくるその心が貧しい人々は、金銭的に貧しい人は皆ドロボーだと思い込んでいるように思えてなりません。あ~だから韓国社会の格差はますます広がるばかりなのだと思わずにいられんて教育の息届かない=なりあがり者たちめっ!(`・ω・´)

でも「心の豊かな人々」の楽しいシーンもタップリありましたよね。以下早速ネタバレですたった一人の私の味方のネタバレ感想行きますよ~(^^)/

父さんのベーカリー

ドンウォンに店をもらったと聞いたドランは、早速駆け付けてきて、いつからのどんな知り合いなのだと尋ねました。スイルがテキトーにごまかして外出したところに、そのドンウォンが鉢植えを持って駆け付けてきます。ドンウォンもまたドランからの質問に困って口を濁しているところに、スイルが戻ってきました。

ドンウォンは兄貴の顔を見たから帰ると言い、スイルはこれを見送りに行きます。そこでドンウォンは、気まずいだろうから今後は自粛すると語りました。でも会いたくなったら来てもいいかい?スイルはドンウォンの心配りに胸が熱くなります。もちろんだ!

店に戻ったスイルはドランに、店の名前を決めてほしいと頼みました。ドランがふざけて「美男パン店」はどうかと言うと、スイルは、店に入った途端に看板に偽りありだと帰られてしまう、とダメ出しします。そこでドランは「父さんのベーカリー」はどうか、と提案しました。誰もが父親の焼いたパンを食べてみたい。スイルもこれには大賛成です

そこへホンジュがやってきます。ホンジュはドランに、スイルとは正式な友達になったのだ、と伝えました。スイルはそそくさと逃げ出し、ふたりはそんなスイルを見つめてともに笑います

スイルと一緒に窓ふきをしたホンジュがまた可愛かったですね~。今ではスイルもすっかり素直になって、そんなホンジュを愛おしく思っていたようですスイルとホンジュはお似合い( *´艸`)

開店当日には、ジングクからの祝いの鉢植えも届き、デリュクも会社を休んで手伝いに来ました。ドランとホンジュはスイルとともに店の前で無料のサンプルを配って宣伝します。

そこへグムビョンがチョさんを伴ってやってきました。グムビョンがホンジュに、発作を起こした時は迷惑をかけてすまない、と謝ると、ホンジュは、問題ない、今日は来てくれてありがとう、と礼を言います。これを聞いたチョさんは、途端にむくれてしまいました。なんであの人が礼を言うの?女主人みたいに振舞って!!

周囲の反応

チョさんは邸に戻ってから、ヨジュさんに文句を言いました。それをウニョンとダヤが耳にします。も~チョさんは良い人なんだけど、おしゃべりなのが玉に瑕よね。でもいつだったか、ウニョンに対しても、ダヤのしつけがなっていないいいぞいいぞ!、と意見したのはサイコーでしたが

その夜スイルは、終日店を手伝ってくれたホンジュを家まで送ってきました。ホンジュは、今日は本当に素敵だった、お疲れ様、とハグをしてスイルをねぎらいます。そこへ、案の定、ダヤがやってきました。ダヤはスイルを「おじさん」呼ばわりして二人を非難します。ホンジュはきっぱりと、この方は叔母さんの彼氏のカン・スイルさんだ、と紹介しました。挨拶しなさい

ダヤは大いに反論します。何を言っているの?正気なの?この人が誰か知らないの??運転手だった人と、どうかしてるわ!

ホンジュは語気を荒げて姪の無礼を咎めました。カン・ダヤ、カン先生の前で失礼でしょ!

ダヤは、まるで3歳児のように家に駆けこんでいきました。オンマっ!!

ホンジュは必死でスイルに謝ります。ごめんなさい、カン先生。私が叱っておきます

スイルは笑って大丈夫だ、と答えました。つい先日まで会長宅で働いていたから、驚いたのでしょう。あまり叱らないで

ホンジュ、無礼を叱る

家の中ではダヤからふたりの交際について聞いたホンシルも、ダヤと同じように怒っていました。そこへホンジュがやってきます。

ダヤ!カン先生の前であの態度は何なの?恥を知りなさい!

これにホンシルが応戦します。運転手と付き合っているの?家の前で抱き合っていたなんて!

ホンジュは、いったい何が問題か分からない、とやり返しました。ダヤは、浅ましさ丸出しで大騒ぎします。あの人はおばさんの財産目当てで近づいたのよ!

ダヤっ!あなたは本当にひねくれているのねっ!!よくぞ言ってくれた!

これにはさすがのダヤも黙り込みました。ホンジュは重ねて、叔母さんが誰と付き合おうと関係ない、と言い渡します。ホンシルが正気なの?と口を出すと、ホンジュの怒りは頂点に達しました

私は完全に正気よ!私よりも娘に礼儀を教えたらどうなの?百歩譲ってカン先生が運転手だったとしても、よ、義姉の父親を「おじさん」と呼ぶなんて、なぜそんなに礼儀知らずなの!?私はカン先生の前で恥ずかしくてたまらなかった。姉さんは娘をどう教育したのよ?こんなに非常識な子は初めて見たわ!その通りっ!( `ー´)ノ

この後の反応がまた呆れましたね。ホンシルがホンジュを非難するように「オモオモオモ」と言ったので、ダヤもまた自分が正しいと信じ込んで、叔母さんがどうかしちゃったわ、と言い出します。まさしくホンジュの言うとおりで、これはホンシルの教育が悪い

ダヤ、婚家で恥をさらす

ダヤはぷんぷん怒りながらワン家に戻り、ちょうど部屋の前で遭ったドランを睨みつけました。お義姉さんの父親はいったい何者なの?

目上の人に失礼だとドランが諭そうとすると、その目上の人が叔母の財産目当てに近づいている、とけなします。目を覚まさせて!

そこへデリュクがやってきました。チャン・ダヤ、何の真似だ!

ダヤは口をとんがらせて文句を言い続けます。叔母とカン運転手が交際なんて話になると思う?妹はうちの兄に近づいて、うちの家族に何するのよ!

さすがのイリュクも止めに来ました。チャン・ダヤ、何をしているんだ!!

ダヤは、注目を浴びて喜ぶ子供のようにいい気になって、ますます声を荒げます。今すぐ叔母から離れろと、父親にはっきり伝えて!!

イリュクは、義姉に言うことではないと叱りましたが、バカなダヤは止めません(もう伏字もしたくない)。叔母の財産目当てで近づいたのよっ!!叔母が惑わされているのに黙っていられる??

デリュクは大声でダヤを怒鳴りつけました。チャン・ダヤっ!そこまで言うのかっ!!

そこへ最初はこれまたバカなウニョン、次には、我らがグムビョンが現れました待ってました!

ジングクも入れ、居間でダヤの話を聞いたグムビョンは、ダヤが悪いと言い渡します。ふたりの交際が事実だとしても、それは当事者同士の問題で、ドランに言うのは筋違いだと指摘しました。でもわがまま放題に育ったダヤは、どう考えてもおかしい、と持論を展開します。兄はドランの妹と、叔母はドランの父と、なんて、故意に近づいたとしか思えないというのです。

コイツには何を言っても分からないと気づかないグムビョンは、懸命に分からせようとします。どうしてあなたがでしゃばるの?ジングクも、ダヤがやりすぎだ、と賛成しました。

ダヤは泣き出して出ていきます。どうして誰も私の気持ちを分かってくれないのっ!

グムビョンは大きなため息をつき、分別が無いわね、とつぶやきました。イリュクが代わりに謝ります。ジングクは、今後は気を付けるよう言い聞かせろ、と命じました

が、黙っていればいいものを、ここでもう一人のバカが口を出します。ダヤの立場で考えたら腹が立つのも当然よ。大事に育ったゴレもあんな家の娘と結婚したし、一人きりの叔母も元運転手と付き合っている。嫌に決まっているわ

そりゃそうよね、何せ「父親を殺された娘(=ダヤ)なんて縁起が悪いからもらいたくない」と言ったウニョンだものね。ジングクは黙らせようとし、デリュクはドランを部屋に連れ帰ろうとしました。でもドランはキッパリ言い渡します

父は毎週日曜に教会の施設でパンの奉仕活動をしている。そこでホンジュに会って友達になった。人は年齢や地位に関係なく友達になれるとか。父は何も持っていないけれど、その事で非難される理由はない。今後父についてそう言う話はしないでほしい。

デリュクは、ウニョンが何か言う前に、ドランを部屋に連れ帰りました。ウニョンは一歩遅れてジングクに、嫁が生意気に盾ついたのに、どうして黙っているのか、と怒り出します。ジングクは、ドランは間違ったことは1つも言ってないのに、何が言えるというのだ、と答えました。

ウニョンが何ですって!?と金切り声をあげると、その様子を黙って見ていたグムビョンは、いかにもウニョンを蔑むような目つきで見つめアイゴー(情けない)と言って出ていきました。これでようやくウニョンは自分が間違っているのではないかと気づきます。ジングクは、いつになったら何も考えずに話す癖が直るんだ、ととどめを刺しました

ドランの前でよくあんなことが言えるな?お前なら、父親をあんな風に言われて気分がいいか?

ウニョンは、なぜ私が責められるのか、と文句を言っていましたが、それはおつむがダヤと同レベルだからですよね。以前グムビョンはウニョンを「買い物をして夫の金を使うしか能のない女」と定義していましたが、まさにその通りですよ。そんだけ暇で金があるなら、少しはスイルやホンジュを見習って奉仕活動でもしたらどうなんですかね?賢いジングクとグムビョンなのに、なんであんな嫁をもらったのか、不思議でならんわ

家出

一方では、似た者親子のホンシルがホンジュの部屋に押しかけてきて、スイルと別れるようわめきました。あの男は子どもを捨てるようなひどい奴よ!

ホンジュは、確かに我が子を捨てるのは天罰を受ける大罪だが、好きで捨てるはずがない、だからこそ、娘と再会しても名乗ることすらできなかった、なぜその心情が分からないのか、人の傷をえぐるような物言いをするホンシルの方が悪人だ、と結論付け、ホンシルの家を出ていくことにしました。行先はもちろんスイルの家です

心優しい人々

またデリュクはドランを慰めたくて、一緒に「お義父さん」の家へ行ってチキンとビールでもどうかと誘いました。その頃ホンジュは、以前スイルにもらったスウェットを着て、スイルにラーメンをねだっています。スイルは笑って、すぐに作ります、と答えました

そこへデリュクとドランがやってきます。お義父さん、こんばんは!

ホンジュは慌てて隠れました。スイルは、何も隠れなくても、と止めようとしましたが、ホンジュは誤解されたら困ると逃げ出します。そのくせすぐにトイレに行きたくなって、スイルにメールをしてきました。チキンの良い匂いでお腹もすいたわ

ドランはすぐにスイルが挙動不審だと気づきます。どうしたの?何かあったの??しかもふたりは、もうビールを飲んだから今日はここに泊まる、と言い出します。ホンジュからは、もう我慢できない!との電話がかかってきました

ホンジュさん、もう出てきて

ホンジュがすまなそうに出てきてトイレヘ直行すると、スイルは懸命に言い訳しました。自分たちが「お邪魔だった」と気づいたデリュクは()ドランを連れて帰ろうとします

誤解するな、本当に違うんだっ!!

スイルがふたりを引き留めているところにホンジュがサッパリした顔で出てきました。どうしたの?飲みましょうよ

その後も大いに飲んで食べただろう4人は、スイルはデリュクと、ホンジュはドランと同じ部屋で寝ました。デリュクはぐーすか寝て、スイルに布団をかけなおしてもらっていましたが、ホンジュとドランは「スイルとのなれそめ」を話すのに忙しくて眠れなかったようです。カン先生は私の守護神なの。全部が好き

今度はダンナの偵察

責める相手に皆逃げられたダヤは、今度はイリュクの店へ出かけました。イリュクは、可愛くて賢い従業員と買い物に出かけていたため、それを見たダヤがまたうるさく詮索します。それでイリュクは、そんなことならもう二度と店には来るな!と言い渡しました

ホンシルの反撃

ホンシルは、遅まきながら、ミランとヤンジャを苛め倒していました。でもね、ホンシルには「悪意」があるからイラっとしますが、言ってることはまともですよね。いくら新婚とはいえ、夫が働きに出かけているのに、まだ若くて元気な妻は寝ていて食事も作らない、夫はシリアルで済ませて出かけていく。これを黙って見ている姑がいたら、そっちの方が不自然でしょうに、実際ホンシルはこれまでそれを許して来たそうなのです

さすがのヤンジャも、この嫁いびりには腹を立てながらも、ミランが何もできないことは重々承知していて、これからでも教育すると謝るのですが、ホンシルはそれすらも認めることができません。もうふたりの結婚自体、ひどく後悔しているからです

感想

今回「天罰」という言葉が出たのでふと思ったのですけどね、昔風の言い方で言えば、スイルはダヤ一家にとっては「仇」に当たるわけですよね。つまりダヤやホンシルがスイルやその関係者をひどい目に遭わせるのは天罰だという理屈になります

でももしそうだとしたら、ゴレやホンジュ、それにデリュクが、スイルたちに「好意」を寄せたのは何故なのでしょうか。決して「天罰」などではなく、過去の罪を心から悔いて生き方を改めたスイルの人徳の賜物ですよね

まあ、こんなことを言ってもダヤやウニョンには分からんだろうな~と思いつつ、あれこれ思いを巡らせたおばさんでした。今日の放送も楽しみですね


たった一人の私の味方 DVD-BOX 1~4 [ チェ・スジョン ]

これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

Comments 2

There are no comments yet.

イラついてはいましたが反撃セリフにニンマリでした。

こんさん今晩は~今日も寒いんですよヽ(;´Д`)ノ
こんさんが書かれている通りですよねー
ドランさんの言ってる事に何一つ間違いがないので
いうことは無いと言う事が理解できない愚か者を何故嫁にしたのかが
謎ですよ(*´Д`)

ホンジュさんが、ダヤの生き方を指摘したのは拍手喝采!
しかし、言われてもこれまた理解不能な愚か者親子に(。>д<)ヘックション!

でもねーミランさん!ご主人をベッドでお見送りはNO!
シリアル朝食手前用意!言語道断!←これは叱られて当たり前です。
そんなこんなで、レベル低い会話に開いた口が塞がりません(爆

PS:ドラン頑張ってね!
   我らがボスは健在&裏ボス(ホンジュさん)もいるからねw

2021/01/19 (Tue) 23:54
こん

Fさんへ

同感(^^)/

Fさ~ん、本当に寒いですよね~( ;∀;)。
アタイは早起きが特技?だったのに、最近はまったく起きられません(;^ω^)。ミランのことをとやかく言えないかも(爆。

冗談はさておき、そうそう、そーなんですよね。アホな輩は正論を言われても分からないところに、余計モヤっとイラっとさせられています。大事なのは家柄より人柄なのにね~(-_-;)。

まさしく「レベル低い会話に開いた口が塞がりません」の通りですわ。

グムビョンとホンジュがいてくれて本当に良かったですよね~。それにドランも本当に良い子だし。これからどんなことがあっても彼らのおかげで見て行けそうですね( `ー´)ノ。こん

2021/01/20 (Wed) 07:52