Information
当ブログには随時、広告が掲載されています。お目に留まったサービスや商品などございましたら、是非ご検討いただけますと幸いに存じます💐

私たち、家族です~My Unfamiliar Family~ネタバレと感想 10〜16話 サンシクの秘密

ハン・イェリさん主演のホームドラマ、【私たち、家族です~My Unfamiliar Family~】は、なかなか見る時間が取れずにいるうちに、あっという間に15話まで録画を溜めてしまいました😓。せめて2話ずつぐらいまとめてあらすじを書こうと思ったのですが、内容的にはほぼほぼ同じことの繰り返しだったため(その間に新たな事実が少しずつ明かされてく手法)、ついついどんどこ見ちまって、でもって今朝の放送分まで見てしまった不埒なおばさんです🙇。そんなわけで、今日は10話から16話までのネタバレをまとめさせていただきました。未見の方はどうかご注意くださいますように。以下ずばりネタバレです私たち家族ですのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

サンシクの秘密

このドラマを見ていて最も不思議だったのは、あれほど優しかったサンシクがなぜ今のように偏屈で横暴な人間に変わってしまったのか🤔、という点でした。しかも「外に家庭を作っている😈」なんてそんなことがあり得るのでしょうか??その理由が明らかになったのは14話でした。

なんとなんと、サンシクを「アボジ」と呼んでいたヨンシクは(名前も誤解を呼ぶわよね💦)サンシクの息子ではなく、サンシクが車で轢いてしまった子供だったのだそうです😨。ヨンシクは、当時、蔚山で祖母と二人で暮らしていたらしく、サンシクは警察を呼ばずに自分でヨンシクを病院に運び、その後の治療もすべて自分で賄ったのだそうです。それでもヨンシクの足は完治せず、障害を背負って生きることになったらしい。

冷静に考えれば、そんな時こそ「家族=ジンスク」に相談して、警察に行くか保険を使うなどして対処すべきだったのでしょうが、元々自分にコンプレックスを持っていたサンシクは、どうしてもジンスクに相談することができなかったらしいのです。それからと言うもの、サンシクの稼ぎのほとんどは、そのヨンシクの治療や養育費に回ってしまったそうです。1円でも多く金を稼ごうとしたサンシクは、寝る間も惜しんで働いたため、疲れ果ててギスギスしていっただろうことは想像に難くありません。

誤解が誤解を呼ぶ

一方のジンスクは(たぶん)その頃ジウを妊っていたため、やはり情緒不安定でした。夫の急変の原因を「夫以外の子を産んだこと」だと確信したジンスクは、ウンジュを連れて家を出ます。薬を飲んでジウを堕ろそうとしましたが、それに失敗した挙句、自分を殺そうとしたと誤解したウンジュや、自分を置いて家を出たとやはり誤解したウニの心をひどく傷つけてしまいました😔。

それからというもの、ウンジュはすっかり冷めた人間と化します。自分を殺そうとした母を恨み、そんな母に捨てられそうになった父をいたわりました。サンシクは昔からウンジュを誰よりも可愛がっていたからです。

その後もサンシクとジンスクの夫婦仲はどんどん冷え切っていきました。それでもウンジュの結婚が決まった時は二人とも大いに喜んだものですが、いざその式の日、サンシクはまた大きな誤解をしてしまうのです。婿であるテヒョンの家は格式が高くて招待客も大勢いたのに、サンシクの招待客はほとんどいませんでした。これをまたテヒョンの母が嫌味ったらしく指摘します。ジンスクは笑顔でうまく交わしましたが、サンシクは、普段着なれないスーツのせいもあって、息が詰まりそうでした。

なんとかその腹立ちを抑えようと席を外して戻ってきたその時、ジンスクは「とても嬉しそうに男性と話していた」そうなのです。その男性は、たまたまジンスクの学生時代を知る女性の夫であり、ジンスクは「人違いだ」と嘘をついてやり過ごそうとしていただけなのに、サンシクは、その男性を、こともあろうに「ウンジュの実父」だと思い込みました😱。いや〜どんだけ歪んでたんだかね😓。

この時を境に、サンシクはますます荒れ狂うようになりました。ジンスクは、なんとかウニとジウが就職するまで耐えぬいて、今回ついに卒婚を切り出したのだそうです。でもサンシクは、ジンスクが果実店のソンイルと「浮気」していると思い込み、ますます怒り狂った挙句、自殺をしようとしたのだそうです。でもそこでジンスクの好きな花を見つけて自殺を思いとどまったらしい🌸。

が、この「浮気」も実は(制作側の)思わせぶりでした😔。ジンスクは以前から病院や介護施設のボランティアをしていたようなのですが、ソンイルの妻(ペク・ヒョンジュ〜チャン・マノク@検事ラプソディ)も入院中で、その世話をしていたそうなのです。それでソンイルとも知り合ったのですね。

出生の秘密

その間ウニも、ウンジュがサンシクの子どもでないことに気づきました。22歳のサンシクの話と、ふたりの記念写真の様子から、サンシクがプロポーズした時ジンスクは既に妊娠していたと察したのです。最初はウンジュが「月足らず」で生まれたと思い込もうとしましたが、ジンスクはかつて、ウンジュの出産は予定日より遅れた、と語っていたことを思い出しました。

ウニはジンスクに、ウンジュにはジンスクの口から伝えるよう促します。もはやジウも勘づいているようだから、直接説明した方がよいと判断したのです。

とは言うものの、ウンジュは今、テヒョンの秘密を知って衝撃を受けたばかりだったので傷口に塩を塗るようなことになりましたが、ウニが言う通り「話さなかったばかりに生じた誤解」に苦しめられてきた彼らは、これを機会に、たとえどんなに傷つこうとも、言葉を尽くして気持ちや真実を伝えることを覚えた方が良いかもしれませんよね。

ジンスクから話を聞いたウンジュは、さすがに動揺を隠せませんでしたが、自分も「妊活」をした一人の人間として、ジンスクがウンジュを産む決意をしてくれたことに感謝していました🌹。そして今度は、サンシクではなくジンスクの味方をするようになります😓。

そのウンジュはかつてサンシクから通帳を渡されたらしいのですが、それって当然お金を渡した、ってことなんですよね?でもそれをウンジュはジンスクに返してきた。ジンスクは、自分は(ウンジュにとって)通帳ほども価値がないのかと嘆き、それをサンシクに返そうとしますが、サンシクは受け取りませんでした。問題はお金じゃなかったのよね😔。

記憶が戻ったサンシクは、ヨンシクとその息子のヨンギュと3人で暮らすと言って出ていきます。

ジウの反抗

ジウは、サンシクは昔ジウと遊んでくれなかったと不満を爆発させました。それもすべてはこの事故が原因だったのですけどね〜。ジウとしては今言わずにいられなかったのでしょうね。ここで物分かりの良い子にはなりたくなかったのでしょう😤。

三角関係

ウンジュの場合

テヒョンがゲイだと言うことは分かったのですが、もう一人のあのバリスタ=ヒョソクは何者なのかといまいちよく分からなかったのが今回明らかになりました。ヒョソクの前の恋人(♂)が、テヒョンのお相手だったようなのですよね。テヒョンとその彼がウンジュについても話しているのを知って、ヒョソクとしては何も知らないウンジュが気の毒でならなかったらしい。

でも確かにウンジュも気の毒だけど、個人的にはテヒョンも可哀想に思えてなりません。ウンジュを結婚相手に選んだのはテヒョンの意思ではなく、テヒョンの母親の命令だったそうなのです。育ちはよくないけれどなかなか賢く野心家なウンジュなら、テヒョンとうまくやれると踏んだらしいです😈。

最初はテヒョンに対して怒っていたウンジュもこれに気づき、義母に宣戦布告します👍。テヒョンとは別れることにしたのです。でもテヒョンは、母に逆らったらウンジュが傷つくことになると心配していました。んも〜だったらここは一念発起して母親と戦わなくちゃいかんでしょうよ。ウンジュはもちろん、テヒョンだってウンジュのことを、性的欲望の対象としては見れなくても、人間としては愛しているに違いないのですからねテヒョンがしっかりしなくちゃ( `ー´)ノ

ウニの場合

ウニの場合は三角というより四角な気がしますが、とにかくゴンジュがウニを知ったのはもう1年以上も前のことで、ウニは相手がゴンジュというより男性とは知らず「キュートな女子大生=シスル」だと思い込んでメールのやり取りをしていたのだそうです😵。その時の会話が楽しくて、ゴンジュは恋に落ちてしまったらしい。

今回ゴンジュが韓国にやってきたのは、出版社の韓国支店を畳むためだったらしいのですけど、ゴンジュ個人としてはウニに会うのが目的だったのだそうです💘。これを知ったウニの気持ちは複雑でした。それほど「シスル」とのやり取りは楽しかったらしいです。

が、その後、ウンジュを気遣うのに忙しくなり、自分の恋愛どころではなくなったウニの前に、ゴンジュのフィアンセだと言うチョン・ハラ(ペ・ユンギョン)という女性が現れます。このハラは、ウニの職場の先輩=ソ・ギョンオク(カ・ドゥッキ〜チュ・セナ@私の人生の春の日)の幼馴染で、ウニとのことを知って因縁をつけにきたらしい。なんでもハラは3年前にゴンジュと別れようとしたのに、ゴンジュが彼女にすがって別れられなかったのだそうです。ハラは今回のゴンジュの態度はその時の腹いせで、ゴンジュがウニを本気で相手にするはずがないとウニを馬鹿にしましたが、ウニは、二人のことは二人で決めてほしいと相手にしませんでした

そうは言っても簡単には割り切れず、毎日残業をしてゴンジュを待っていたようなのですが、ゴンジュは、ハラの体調が悪かったとかで1週間会社を休み、連絡もまったくくれませんでした。これでウニは気持ちにケリをつけます

一方でウニはようやく、チャニョクが自分にとってどれほど大切な存在かを意識し始めたようです💕。も〜ウニとチャニョクが互いを大切に思っている=愛していることに気づかないのはウニだけですよね😜。

まとめ

家族でも知らないことはたくさんあるけれど、家族にしか見せない顔(性格)というのも確かにあって、だからこそ家族同士の諍いは相手を深く傷つけると言う言葉がとても印象的でした。これが他人なら逆にもっと冷静に話すことで相手を正しく理解し、思いやることもできるのにね。なんとも勿体無い話ですね。

私たち、家族です~My Unfamiliar Family~ DVD-BOX
関連記事