ピオラ花店の娘たち 最終回 ネタバレと感想 大満足!

韓国ドラマ、【ピオラ花店の娘たち】がようやく最終回を迎えました🎶。これを見るまでは、否、見始めてからもず〜っとモヤモヤしていたのが、最後の最後でスカッと晴れて大満足のおばさんです。も〜頑張って最後まで見てよかった😍!以下ずばりネタバレですピオラ花店の娘たちの最終回のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

ジェスが生きてた!

も〜何が嬉しかったって、これが一番嬉しかったですよ💕。でもそれが分かったのは、本当に最後の最後なんです💦。経緯はこうです

最後の反撃

死を覚悟したジェスは、最後に、これまで溜まっていた鬱憤を全て晴らしました。最初はジュンハンです恨みはらさでおくべきか!

人間が小さい!

ジェスはジュンハンに会いに行き、自分は山に行くから=消えるから、デロとボラの結婚を許してくれと頼みました。俺は末期癌でもうすぐ死ぬ。ジュンハンがジェスの言うことなど信じられない、もうじき死ぬからって指図するつもりか👿、と息巻くと、お前は人間が小さいっ!😡と罵倒します。過去に囚われて周りを不幸にするな!!ジュンハンは、またしても暴力に訴えようとしたその時、ジェスはひどく苦しみ出しました😭。さすがにあの状態の相手を殴るようでは人間じゃありませんよね💢。これでジュンハンもすっかり毒気を抜かれました。

薬を飲んで痛みが落ち着いたところで、ジェスは、ピョリがアリと気兼ねなく会えるようにしてやってほしいと頼みます。ジュンハンは「お前に死ぬ資格はない、生き抜いて娘を育て上げろ」と憎まれ口をききました。ジェスはいかにも無念そうに答えます。俺だってできるものならそうしたい、でも願ったからといって叶うものでもない。俺は愛する娘を一人残して逝かねばならない。おまえは二人の娘を育てられただけ幸せだと思え!

これにはジュンハンもぐうの音も出ませんでした。

被害者が納得するまで謝れ!

またジェスはスンジンにも文句を言いに行きます。それを聞いたスンジンは(ピョリを預かった)礼を言われるならともかく、文句を言われる筋合いはないと怒りました。ジェスはかつての誤報について言及しますが、スンジンはまったく意に介しません🐵。それについては番組でも謝罪したし、自分もひどい目にあった、ジュンスは誘拐までされた、と被害者ぶります🐒。

それでもジェスは引き下がりませんでした。謝罪というのは、被害者が誠意を感じて許そうと思うまで続けて始めて謝罪になるものだ。私はまだ怒りがおさまらない!!誠心誠意謝れ!!

ジェスが末期癌で余命いくばくもないと聞いていたスンジンは、さすがに胸を痛めたらしく、誠心誠意謝罪しました。本当にすまなかった。ピョリのためにも長生きしてくれ🙏。

遊園地へ

こうして怒りを発散させた後、ジェスは最後にピョリと遊園地へ行きました💜。デロやボラ、ジランとも一緒です。たっぷりと楽しい時を過ごした後、また痛みに襲われたジェスをピョリは心配そうに見つめていました😥。その夜ジェスは置き手紙を書いて出ていこうとします。山へ行くというとデロやジランが付いてきそうだったので、皆には最後までソウルにいると嘘をついていたのです。が、ピョリが目を覚ましたので、しばらくそばに付いていました。泣きながら可愛い娘の顔を胸に刻みつけます😭。

山へ

こうしてジェスは山へ帰りました。その頃、ジェスが死ぬ前にボラとの結婚式を見せたいということで、ボラとデロはジュンハンから許しをもらって結婚式の準備を進めていました。ジェスは、山へ探しに行こうとするデロにメールを送ってきます。俺を捜すな。結婚式には必ず出席する。デロはこの言葉を信じました。自分だけ何も知らなかった、別れも言えなかった、と悲しむピョリをも、ジェスの言葉を信じようと励まします🌹。

結婚式

そしてその結婚式は、ボラとデロ、そしてジュンスとアリの合同で行われました💐。頑固なアリもどこまでも誠実なジュンスには根負けしたのです😏。ピョリも可愛く着飾って、ジェスが来るのを今か今かと待ち望みました。が、いつまで経ってもジェスは現れません。その代わりに、これまでずっと他人に寄生してきたのを現場に復帰し、山で生きる「自然人」を取材していたスンジンが、ジェスの「伝言」を預かってきました。ビデオレターです。ジェスは顔色も良くとても元気そうでした🌸。

再会

その時は、余裕がなくて式には出られないとのことでしたが、それから1か月後、皆でジェスのいる山を訪れます。デロとボラ、アリとジュンス、ヘシムとジュンハン、そしてピョリとジランに加え、スンジンはジェスを取材していたようです。山は花でいっぱいで、ジェスもとても元気そうにしていました。皆笑顔で再会を喜びます❣️。

ほか

ウォンテの復讐

ジランは母親のチン・オクファンから、ウォンテが裏金を作った証拠を貰い受けました👍。するとウォンテは裏金を用意したのは「ジェスを潰せとチン会長に命じられたからだ」とのたまいます🎉。ウォンテはその時の会話も録音していたそうです。死なばもろとも、とは言うものの、何とかして逮捕を免れようとしたウォンテは、意地汚くもデロに謝罪を申し出ました。でもデロはキッパリ断ります。たとえボラの実父でも許さない!犯した罪を償え!!😡

ウォンテは覚悟を決めてボラに会いに行くのですが、あいにくボラは留守でした。それでヘシムに過去の過ちを謝罪します。ヘシムやボラを捨ててまで金を掴みたかったけれど、実際にはジランと結婚してもずっと会長から馬鹿にされ続けていたとこぼしました。だからこそ頂点に立って見返してやりたかった!😭

ウォンテは、宣言通り、会長を道連れにしようとしたため、会長はショックで入院してしまったそうです😜。拘置所にいるウォンテにはボラが会いに行きました。本当は縁を切ろうとしたけれど、ヘシムに謝罪したと聞いて会いにきた、と伝えます。私、デロオッパと結婚するわ。

ウォンテは、本来なら父親として扱ってもらえなくて当然なのに、と感動して泣きました。

クムスク

クムスクは「家族のためにしてきた我慢」を手放してようやく自由になりました。自分が姑からさせられていた家事をアリに押し付けたことを反省し、これからは「自分のために生きる」と決意します。もちろん、ジュンスとアリの結婚にももう反対しませんでした。案外この人が一番成長したかもしれませんね👌。

ジェスの好きな人

今となってはもうどうでも良いことなんですけどね💦、最初の頃、ジェスは本当は誰のことを愛していたのだろうか🙄、と疑問に思っていました。ジェスが好きだったのは、ジランじゃなくてナニョンだったそうですよ😲。それでも打ち明けられずにいたのですが、結局借金を背負わせることになり、今度こそ一緒に、と思った矢先に末期ガンを宣告されて山に逃げてしまったのだそうです😥。となると〜あながちジュンハンの怒りも的外れじゃなかったってことなんかな。つまりふたりは両思いだったのだものね。

感想

ジェスの病が良くなったかどうかはさておき、心に溜め込んだ怒りを全て吐き出し、大切な人が皆幸せになった今、美しい自然の中で体に良いものを食べ、無理をせずに笑顔で生きられるなら、これほど幸せなことはないと思えました💕。たとえそれが愛する家族であったとしても、否、時には愛していればいるほど、共に暮らすということはよきにつけあしきにつけ「ストレス」を感じずにはいられませんからね😓。ああやってのんびり心穏やかに生きていれば、いつの日かガンもまた消えて無くなってくれるかもしれません🌹。

また最後はみ〜んな良い人になって終わりました😁。執念深いおばさん的には、ジュンハンだけはまたいつか豹変するかもしれないとの疑いを捨てきれずにおりまするが😈、今はそれよりも、一人の人間の中にはいろんな面があって、そのどの面が強く出てくるか、強く感じられるか、またはそれを相手が好もしく思うか思わないか、によって「善人と悪人」に分かれてしまうものなのね〜などと思っている次第です🐒。最後までお付き合いいただきました皆々様には厚く御礼申し上げます。長丁場、本当にお疲れ様でした💐。

関連記事
 0

COMMENTS

ピオラ花店の娘たち