Information
当ブログには随時、広告が掲載されています。お目に留まったサービスや商品などございましたら、是非ご利用いただけますと幸いに存じます💐

大丈夫じゃない大人たち~オフィス・サバイバル~5&6話 ヤクルトで乾杯

韓国ドラマ、【大丈夫じゃない大人たち~オフィス・サバイバル~】も順調に視聴しています。でもこれ、見れば見るほど呆れちゃってて、反撃の日を待ち望んでいるところです大丈夫じゃない大人たちのネタバレ感想いきますよ〜( `ー´)ノ。以下早速ネタバレです。

ウジョンが辞める理由

ウジョンが辞める決意をしたのは、てっきり、カンチーム長があまりにもえげつないからなのだと思い込んでいたのですが、さにあらず。実はそのカンチーム長が、自分が転職する会社=AA電子にウジョンを誘ったのだそうです。ハンミョン電子にいても先がない、AA電子に行けば今の1.5倍の報酬がもらえると説得されたウジョンは、バンソクを裏切ってまでカンチーム長の不正も隠蔽しようとしました💦。

バンソクはこれを察して、ウジョンにもう一度よく考えるよう命じます。それというのも、モーター事業部の仕事は、実質全てウジョンがこなしていたのだそうです。カンチーム長の評価が高いのも、すべてはウジョンのおかげだったらしい。バンソクは、ウジョンの実力なら、たとえ転職しなくてもそのぐらいの報酬はもらって当然だと伝えました。

このバンソクの推理は当たっており、AA電子がカンチーム長に声をかけたのは、他ならぬウジョンが欲しかったからであり、カンチーム長は「ウジョンを連れてくる条件」で雇ってもらうことになったのだそうです😨。しかも3000万ウォンの手数料も約束されたらしい😤。

これを知ったウジョンは、キッパリ、AA電子との契約を断りました👊。そしてジャヨンとバンソクは、カンチーム長にソンウンに謝罪するよう促します。もし断れば懲戒免職だと脅しました。転職の話が無くなったカンチーム長は、渋々「セクハラ防止教育」のチラシを配らされます。またウジョンは晴れてモーターチームのチーム長になりました🎉。

赤い糸?

ジャヨンは本社のノ・ジェヨル(カン・インギ〜イ・バンウ@チョン・ドジョン(鄭道伝))常務から、正社員の比率を今の8割から4割までに減らせと命じられました😈。このチャンイン市の事業所もやはり売却が視野に入っているのですね。ジャヨンが頭を抱えていると、そこにバンソクが現れました。ふたりは同じマンションに住んでいたことに初めて気づきます😁。

当事者たちはそれほどでもありませんでしたが、バンソクの母は大いに色めきだちました。ジャヨンが、父親よりも偉いのか、と尋ねたバンソクの娘に対し、肩書きはないけれど実質上のボスはバンソクだと配慮を示したのも好印象だったようです👍。まああなた、離婚したの?うちの子も今はひとりものよ!😍

実際、ジャヨンとルームシェアしている契約社員のシン・ジョンア(チャ・チョンファ〜サンソプの妻@私だけに見える探偵)は、ジャヨンには恋人が必要だと主張していました😏。またこのジョンアの弟のハンス(キム・ナムヒ)はソフトの開発に精通しているようで、バンソクが教えを乞うていたようです。

セグォンの野望

一方のセグォンは、ソ・ナリ(キム・ガウン〜イ・ヒョンジュ@まぶしくて〜私たちの輝く時間)という若い女性社員と秘密裏に交際していました。どちらも独身なのですから、オープンにしても良いと思うのですが、セグォンは必死で隠そうとしています👎。もしかしたら、この腹黒男のことですから、もっと条件の良い逆玉を狙っているのかもしれません😈。

何せセグォンは、研究棟センター長のジョンシクに媚を売っていたと思いきや、そのライバルである事務棟常務のペ・ジョンタク(キム・ジノ〜キム・ジュシン@トンイ(同伊))にも取り入ろうとしていたのです😱。ナリに近づいたのも、案外このルートを確保するためなのかもしれませんよね。ハンミョン電子では全社をあげて「企画書コンペ」が行われるそうで、セグォンもこれで採用されるべく躍起になっていたのです🐒。

一方でバンソクは「企画書のレジェンド」と呼ばれるほど、数々の企画を出しては採用されて実用化されてきました。今も皆がバンソクの意見を仰ぎにくるほどなのです💕。バンソクもまた、見た目は怖いけど面倒見がよいため、何だかんだ文句を言いながらも的確なアドバイスをしていました👍。

一方のジャヨンは「セキュリティ強化」と称して、オフィスの備品をすべてチェックし直します。鍵のかかっていない机はすべて「違反」とし、端末も登録されていないものはすべて没収しました。これは懲戒の対象に値するそうです。

これにセグォンのタブレットが該当しました。見つけたのはバンソクです😁。しかもその中にはナリといちゃついている写真が山のように入っていました😍。これが没収されたと知ったセグォンは慌てて人事部に駆けつけてきますが😱、その頃中身をすべて見終わったバンソクは、わざとこれを看過し、セグォンの「弱み」を握ったと本人に言い渡します😏。

団結宣言

ジャヨンは、何の見返りもないのに社員たちの企画を一緒に考えてやるバンソクを、バンソクは、何の得にもならないのに自分の家族に対してバンソクの顔を立ててくれたジャヨンを見直しました💜。ふたりは、互いに協力し合うほうがよいという結論に達し、ヤクルトで乾杯します🌹。これは余談ですが、韓国でも「ヤクルトアジュンマ」というそうですよ😁。

関連記事