これが人生!ケ・セラ・セラ 最終回 ネタバレと感想 終わって寂しくなりました

これが人生!ケ・セラ・セラのあらすじレと登場人物はこちらからご覧いただけます: これが人生!ケ・セラ・セラのあらすじと登場人物一覧


韓国ドラマ、【これが人生!ケ・セラ・セラ】の最終回を視聴しました。なんとな~くそんな予感はしておりましたが、やはり寂しかったですね。以下、107話を含めたネタバレのあらすじですこれが人生ケセラセラのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


最終回でジョンチョルが亡くなりました。日中はスクジャやジェホと一緒に久しぶりにカラオケへ行き、ダンスを踊って大いに楽しんできた夜中の出来事です。


喉が渇いて目が覚めたのか、部屋から出てきて冷蔵庫から水を取り出した後、床に倒れてそのまま帰らぬ人となりました。その物音では誰も起きなかったようです。


それからしばらくしてスッキョンが起きてくると、何かに躓いてハッとし、電気を付けたら、ジョンチョルが床に倒れていました。スッキョンは大声でジョンチョルを呼び、どうやら息が無いらしいと気づいてスクジャを呼びます。オンニっ!!


スッキョンに起こされたスクジャはジョンチョルの体にすがって泣き叫びました。あなた~っ!ヨボや~っ!


連絡を受けたジェホはヘギョンの手を取ってマンションに駆け付けてきます。ギョンホもミンホも、その家族たちも揃った頃にはもうスクジャは冷静でした。


泣いている皆を追い出して、二人きりになるとでもまた涙が止まりません。ジョンチョルが、死ぬ時は一緒が良い、お前が先でも私が先でも困る、と手を握って語ったのはつい先ほどのことだったのです


ジョンチョルは、次は孫たちを連れて行こうと張り切っていましたが、亡くなる直前にその光景を思い描いていたようでしたね。いつまでも元気で長生きしてほしかったけれど、やっぱりあれは誰もが望む幸せな大往生だったと言わざるを得ません


それからスクジャは認知機能が低下して、ジョンチョルが生きているかのように振舞いました。スッキョンはそんなスクジャが不安でならず、お願いだからシッカリしてほしいと泣きますが、スクジャはそれはそれで幸せなのだと思います。ジョンチョルと過ごしたマンションへの思い入れは深く、そのまま住み続けていたそうです


ジョンチョルが亡くなって1年が過ぎた頃、皆がヘギョンの誕生日を祝いに集まりました。ユリとスミの子どもが生まれたのは分かりますが、赤ちゃんがもう一人いたのはナヨンとセジュンの子どもでしょうか。またソヒも今にも生まれそうな大きなお腹を抱えていました


あれほど皆を騒がせたギョンホとミョンナンは、戸籍上は離婚したみたいですが、これまで通り一緒に暮らしていたそうです。スクジャから、夫を追い出して自分は店もほったらかしか、とお灸を据えられたのが効いたのでしょうか


ジョンチョルが亡くなる前、セヒはヒョヌに「3人で暮らそう」と語っていたので、その頃はもうジェヒョンと3人で暮らしていたことと思われますし、ジソンはプロポーズを断っていました。今さら結婚するのはめんどくさいようでしたね


以前のヘギョンとミョンナンがそうだったように、今ではユリとナヨンが軽く旦那の悪口を言って笑っています。こうして代々「家族」は続いていくのでしょう


ヘギョンは、認知症になったスクジャと一緒にロウソクの火を消そうとしたら、スクジャが先に全部消してしまいました。ヘギョンは大笑いしてスクジャを抱きしめ、皆は温かく見守っています心はいつもジョンチョルとともに


生きていれば誰もが避けられない生老病死、夫婦や親子の問題に友達との関係~どこにでもありそうな日常が実に温かい視点で描かれていました。自分もまた家族の一員になったつもりで毎日が楽しみでしたから、終わってしまって本当に寂しいです


前にも申しましたが、できるならば続編が見たいですけれど、それが無理なら是非またいつか再放送をお願いしたいです


←前回のレビュー


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません