ナインルーム ネタバレと感想 第12話 反撃

韓国ドラマ、【ナインルーム】の12話を視聴しました。ようやくボンサムがやってくれましたね~。以下早速ネタバレですナインルームのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


すっかり元通りになったヘイとユジンはヘイのマンションでくつろいでいました。ユジンは以前のアンティークの箱の中に婚約指輪を入れて改めてヘイにプロポーズします


とそこへ、まったく同じ箱が届けられました。あれはヒョンチョルの仕業ではなかったのか?不安に襲われるふたり


それと同時に、ポン・サダル院長の映像が流されます。サダルは、先日のパーティーでも、ヒョンチョルがいなくて寂しいなどと発言していましたが、いったいどんな役割を果たしているのでしょうか?


またチャンソンの終審では、ファサが傍聴席にやってきました。ヨンベやヘイがその姿に驚いていると、しばらしてボンサムが飛び込んできます。テンチルことソン・ハンビョルとそのBFが細工して、ボンサムに「チャンソンとモーガンの動画」が目に入るように仕組んだのです


ボンサムはその動画の入ったUSBを法廷に持ち込み、加害者と被害者は知り合いだった、と訴えました。これは計画殺人だ!!


判事もその必要性を認めたため、チャンソンは再び拘束されて、再捜査が行われることになりましたファサ、やったね!


ヘイは早速代理人としてチャンソンに会いに行き、本当のことを知らないと弁護できないと促しますが、チャンソンは沈黙を通します


そこへ今度はユジンが差し入れを持ってやってきました。ユジンがモーガン・キムについて尋ねると、ユジンは急に怒り出します。どうやら精神的な病を患っていたようですね。ユジンはいつものことだと言わんばかりに薬を渡していました。


ヨンベは、戻ってきたヘイに逆上して怒鳴り散らします。お前とファサ、そしてユジンが共謀したのか!?


何せあの動画で最初にヨンベを脅したのはヘイですからね~疑われても当然です


情報提供者は誰だとすごまれたヘイはハンビョルの名を明かしました。チャン・ファサの指示で見つけたようだ。また刑務所時代のミランの写真を盾に脅されて、ファサを探るために秘書に雇ったと答えます。


そのミランは、ヘイから「入れ替わり」を仄めかされて締め出されたため、ファサに会いに行きました。ハンビュルが知らせてくれたのでしょう。


モーテルにいたファサが倒れてしまったので、知人の医者=リチャード・ギア)を呼んだところ、ギアはファサがすい臓がんの末期だと見抜きます


ミランはブランド品を売って金を工面しようとしますが、思いのほか高く売れなかったため、タムジャンに忍び込みました


既に解雇されて給料ももらっていないと自分に言い訳をし、こっそり金を盗んでいたところを、こともあろうにサンスに見つかってしまいます。それですぐにヨンベの知るところとなりました


ヨンベにファサを消せと命じられたチョルスンが早速動き出します。何者かを遣わしてファサの点滴に毒を注入させました


ミランは、点滴に来てくれたギアを送って戻ってきたらファサが苦しんでいたので、仕方なくユジンに連絡をします。嘘で呼び出されたユジンはファサを見て、救急車を呼べばいい、と冷淡に言い放ち、すぐに帰ろうとしました


が、ユジンがカバンを持った弾みで、床にモーガン・キムの若い頃の写真がばら撒かれます。ユジンは、それがだと気づきました


それからユジンはすぐに解毒処置をして熱を冷まし、今度は身体を温めようとしたところにモーテルの管理人がやってきて、追い出されてしまいます


ユジンはファサとミランをヘイのマンションに連れていきました。怒るヘイに事情を説明するユジン。この写真は俺を生んでくれた母だ


ヘイは、同じ写真をヨンベに渡していましたからね。今度こそ放っておくわけにはいきませんね


またボンサムは、USBの指紋から前科者のハンビョルを割り出しました。ハンビュルは「弁護士」に頼まれたとヘイの写真を見せます。もちろん当時はファサなのですが、ボンサムには知る由もありません。


も~ヘイの写真を見た途端にでれ~っとするボンサムがおかしすぎでした。あれれ?最近おばさんのイケメンの定義が崩れていますね。やっぱり人間は顔より心ですよね


ナインルーム」は続きもとっても楽しみですね



ナインルーム<韓国放送版> DVD-BOXI、II [ キム・ヒソン ]


←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編やっぱりドラマは面白い(^^)/

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません