韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

ナインルーム ネタバレと感想 第19話 ヘイの好意に泣かされた

2020/04/07
ナインルーム 0
ナインルーム 韓国ドラマ キム・ ヒソン キム・ヘスク

ナインルームのあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: ナインルーム あらすじと登場人物一覧

韓国ドラマ、【ナインルーム】の19話を視聴しました。あ~まさかこのドラマを見て泣く日が来ようとは思いもしませんでした。以下早速ネタバレですナインルームのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

マルブンがヘイのマンションにやってきました。ファサはマルブンをお風呂に入れて体を洗います

マルブンの声を録音しながら、いかにも幸せそうなファサの様子を見たヘイは、かつて、ファサが高齢の母のために食事を作ったり、お風呂に入れてあげたりしたいから、減刑を認めてほしいと語ったことを思い出しました。ヘイはその時、どうせ母親は認知症だからわかりゃしない、と冷たく言い放ったのですよね

それがファサにとってどんなに冷酷な仕打ちだったか、ようやく骨身に染みたようで、床に座り込んでポロポロ涙をこぼします

ファサにお化粧もしてもらってすっかり綺麗になったマルブンは、いきなり、ヘイをファサと呼びました。マルブンの記憶にあるファサは若くて美しいままだからですね。そこへユジンが花束を持って現れると、ユジンが「ファサ」の婚約者なのかと言い出しました。

それでヘイはその通りよ、オンマと答えてファサのふりをしてくれます。ユジンもこれに乗っかってくれました

ユジンがマルブンを促して食卓に案内すると、ファサは涙を流してヘイに感謝します。ありがとう。母を喜ばせてくれて

ヘイが何も言えずにいると、ファサは感激のあまりヘイを抱きしめて泣き続けました

録音したマルブンの声は、ボンサムを通して声紋分析が行われました。こうしてすべての証拠が整います。ヘイから笑顔で感謝されたボンサムがまた嬉しそうでしたね~。真の男は見返りを求めないものだ、なんて強がっちまって

ファサはヘイとともに再審請求をしに行きました。その緊張や気疲れも大きかったのでしょう、ファサは、多分生まれて初めてのファーストフードを食べに行った後、気を失ってしまいます。ファサと入れ替わったせいで炭水化物が好きになったとジョークを飛ばしていたヘイは驚いてサンヘ病院に連れていきました

その頃、チャンソンが、わざわざ運ばせたレモンケーキに大量のモルヒネを入れさせておいたらしく、危篤状態に陥っています。ヨンベは再びユジンを誘拐して入れ替わりを謀っていましたが、敢え無く失敗に終わりました

そしてついにファサの再審が申請されます。判事はヘイが提出した証拠をすべて認め、ファサの殺人事件を再審すると宣言しました。これに加えてキ・サンの身元確認の請求も受理されます

喜ぶファサとヘイに対し、ヨンベが臨戦態勢に入りました。タムジャンの弁護士を総動員すると脅してきます。それに加えてジョンスが、判事と検事を買収しました

さすがのヘイも窮地に追い込まれますが、そこは、カン・ソンテ教授と元天才検事=ウルチ・ソンがエールを送ります。実際にソンはヘイのアシスタントを買って出てくれました

予想通り、裁判ではヒジョーに苦戦を強いられましたが、ポン・サダルの検視報告書や、ファサの隣に横たわる「本物のキ・サン」の写真は、かなりのインパクトがあったようです

そこで、痛み止めを飲むと精神錯乱状態になるからと薬を止め、必死で痛みをこらえていたファサが、チュ・ヨンベがこの法廷にいる、と証言しました

検事から、ヨンベを殺していないのならなぜそう言わなかったのだと問われたファサの答えがまた胸を打ちましたね。ヨンベを心から愛していたからだ、と。若い時には、その人がいないと生きられないような命がけの恋をするものでしょう?

追い込まれたヨンベはヘイを拉致します。も~こうなると「法治国家」もへったくれもありませんね

そのヨンベは、サウナで発作を起こして倒れてしまうんですが、ユジンが助けてしまいました。まだユジンとチャンソンの入れ替えを諦めていないのに、なんで助けるかな~とは言いながら、医者だからさすがに放ってはおけないですよね。それがむしろフツーですわ

案の定ヨンベはそんなユジンを襲わせました。ユジンはポケットの中の携帯からボンサムに電話をしてこの危機を知らせます。この前にユジンはボンサムを飲みに誘っていたのですよね

さ~いよいよ今日は最終回です。なんとか奇跡が起きないですかね~


ナインルーム<韓国放送版> DVD-BOXI、II [ キム・ヒソン ]

←前回のレビュー  次回のレビュー→

これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編やっぱりドラマは面白い(^^)/

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
《他にこんな記事も書いています♪》