韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

Welcome to my blog!

SKYキャッスル ネタバレと感想 第2話 謎の自殺

2020/04/04
SKYキャッスル-上流階級の妻たち 0
SKYキャッスル 韓国ドラマ キム・ソヒョン

韓国ドラマ、【SKYキャッスル-上流階級の妻たち】の2話を視聴しました。お~やっぱりデス妻の影響は偉大でござるね~。以下早速ネタバレですSKYキャッスルのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

なんとなんと、このSKYキャッスルでも中心的役割を果たすと思われたミョンジュがライフルで自殺してしまいました。どうやらクルーズ旅行に行ったというのも嘘だったようです。旅行に出発した翌日にどこかの内科(精神内科?)を受診して薬をもらっていたようです。

ソジンはその薬の袋を目撃し、ミョンジュが電話で母親に対して「もう見つけた」「しゃしゃり出ないで!」と怒鳴っていたのを耳にしました。

ミョンジュの夫のスチャンは、あたかも息子のヨンジェがミョンジュを殺したかのような口ぶりです。ヨンジュはその前に荷物をまとめてバックパック旅行に出かけたようなのですが、母の死を知り、戻ってきて嘆いていたようですのに

でもこのヨンジュが、入試コーディネーターのキム・ジュヨン(キム・ソヒョン~パク・ヒヨン@ここに来て抱きしめて)といまだに連絡を取っていたらしいのが気になりましたね。ジュヨンは、受験が終わったら生徒や家族との関係は終わりで、ヨンジュについても同じだと語っていたのに

スチャンは病院もさっさと辞めてどこかに引っ越してしまいました。引っ越し業者はその際、壁の隅に立てかけてあったミョンジュのタブレットに気づかず、置いていってしまいます。

スチャンの後釜には、ファン・チヨン(チェ・ウォニョン~キム・ウチョル@2度目の二十歳)という神経外科医が赴任してきます。皆が陰で「1000年モノの亀と呼んでいる院長の推薦だそうですが、なんと彼の出身大学はSKYではなく地方の医大なのだそうです

しかもチヨンの息子は、イェソと同じように「首席合格」したファン・ウジュ(チャニ)です

一方でソジンとイェソは、ヨンジェをソウル医大に送り込んだコーディネーター、キム・ジュヨンに認められ、手ほどきを受けることになりました。残念ながらスンヘは、夫のミニョンが口を出すだろうことを懸念されて断られてしまいます

ジュヨンは、イェソの生活環境から食事まで、ありとあらゆる指図をしてきましたが、ソジンは願ったり叶ったりで大喜びです。それにかかる費用は、夫に内緒で、教育熱心な姑のユン女史(チョン・エリ~ホ・ソンジュ@マイ・ヒーリング・ラブ)に頼んで貸してもらったようですね。ジュヨンはこの姑への対抗心で、何としてもイェソをソウル医大に入れようとしているらしい

そのソジンにジュヨンはウジュについて尋ねました。ウジュの教育環境はお世辞にもイイとは言えないようで、そんなウジュとイェソが同じ首席だということは、ウジュの方が優れているに違いないと言われたのです。ウジュの存在を知ればイェソの闘争心に火が付くに違いない

そこでソジンは何とかウジュの母=イ・スイム(イ・テラン~チャン・イノ@愛しの金枝玉葉)に連絡を取ろうとしました。が、スイムは、そしてウジュ自身も、ソジンたちとは正反対で、進路についてはほぼ無関心のようでしたね。勉強がすべてではなく、普通に頑張っていれば結果は後から付いてくると考えていたようです

そのスイムやチヨンが、この度、家族そろってSKYキャッスルに引っ越してきました。ミョンジュが住んでいた家に入った新しい神経外科の部長家族だということで、皆興味津々です。

前回触れなかったソジンの友人のチン・ジニ(オ・ナラ~アン・ジェヒ@品位のある彼女)も子どもの教育には熱心でしたが、ひとり息子のスハン(ユ・ジヌ)は、残念ながらあまり出来が良くないようです。夫のウ・ヤンウ(チョ・ジェユン~シン・チョルシク@被告人)はジュナム大学病院の整形外科に勤務するジュンサンの後輩で、スハンの課題をその後輩医師たちにやらせようとしていましたから、この親にしてこの子ありですね

引き続き3話もアップしますね


←前回のレビュー  次回のレビュー→


SKYキャッスル~上流階級の妻たち~DVD-BOX1、2、3

これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.