韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

チェックメイト! ネタバレと感想 第8話 ドハは敵なの?味方なの??

2020/07/07
チェックメイト-正義の番人 0
チェックメイト 韓国ドラマ キム・ドンウク キム・ギョンナム

~チェックメイト!正義の番人のあらすじと感想、登場人物はこちらからご覧いただけます: チェックメイト!~正義の番人~あらすじと感想、登場人物一覧(全20話)

韓国ドラマ、【チェックメイト!~正義の番人~】は8話も面白かったですね~。でもドハはいったい敵なのか味方なのか分からなくてイラっとさせられちまいました。以下ネタバレのあらすじですチェックメイト!のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

ミランがドックの甲乙企画を調べ始めました。その理由はイマイチ分かりませんでしたが、HPの説明には「通報を受けて」とあったので、ドハ辺りが通報したのをおばさんが見逃しちゃいましたかね。そこにジンガブがやってきますが、ここは幸い?なことにミランが寝ていたので気づかれませんでした

そのジンガブは、ソヌから内部告発の資料を手に入れて、いよいよTSの捜査に当たろうとしますが、肝心の「契約書」が見つかりませんし、ハジマンも調査には否定的です

それでジンガブは最終手段に打って出ました。TSに忍び込んで盗むつもりです。ドックでは「契約書」がなんたるかが分からないため、オフィスにはジンガブ自身が潜入することになりました。
それはさすがにマズいっしょ(;´Д`)

が、そこに予期せず、テスが戻ってきてしまいます。焦ったドックが教えに行こうとしますが、そこをまたソラの秘書=コ・マルスク(ソル・イナ)にストーカーだと勘違いされて引っ立てられてしまいました。ドックが身振り手振りでソヌにピンチを知らせると可哀そうなドック( ;∀;)、ソヌが急いでテスの後を追います

この様子にピンときたミランは、そのソヌの後を追いかけました。テスは検事のジランに呼び出されて別の部屋へ行きましたが、刑事のミランが総務部にいたジンガブを見つけてしまいます

調査会社を手を組んで、会社に不法侵入するなんて、いったいどういうつもりなの!?ミラン、頭硬すぎ(-_-;)

ミランは、ジンガブはちっとも変っていないと激怒し、ジンガブに手錠をかけました。ここで不正を見逃してしまえば一蓮托生となり、ジナを育てる資格が無くなると息巻きます

ところが、その様子を監視カメラで見ていたドハが、これを邪魔しにやってきました

ドハの気配に驚いたミランは、本能的にジンガブとともに身を隠してしまったため、ジンガブから「共犯者」呼ばわりされてしまいます

これが最後よ!次は容赦しないわ!!

こうして契約書を手に入れたジンガブに、次はハジマンが立ちはだかりました。ハジマンは、違法派遣を理由に元請けを処罰した例はないと及び腰なのです

そこでドンヨンが頑張ってくれました。TSの未払い賃金の証拠を見つけてきてくれたのです。あくまでも未払い賃金で捜査しろ

もちろんそれは建前で、ジンガブは元請けの違法派遣を暴くつもりです。キム・ジラン検事のもとにもシツコクシツコク通い詰めて、とうとう令状もゲットしましたさすがのジランも根負けしました( *´艸`)

が、ドハはあらかじめ都合の悪い証拠をすべて隣のサンド旅客に運び込ませます。でもね~その箱すべてに「TS」と書いてあったら、すぐに見つかってしまいますよね。ジンガブもそう簡単には騙されません。どうやら、テスの暴力に嫌気がさした雇われ社長たちが皆協力してくれたようです

こうしてジンガブは無事、サンド旅客から証拠を押収しましたが、ドハから、それは違法捜査だと指摘された上、今回の捜査は「未払い賃金」に関してのはずだとやり込められてしまいます

法廷でやり合いますか?

も~このドハが敵なのか味方なのか、めっちゃイライラさせられますよね味方でいてほしい!( `ー´)ノ

それと、ムショ暮らしのテギルは、ジンガブへの恨みを糧に日々、体力作りに励んでいました。ある時、たまたまチェ・ソラに遭遇する機会に恵まれ、一刻も早く娑婆に出してほしいと頼み込みますが、ソラは、罪を犯したら償って当然だとうそぶきます。テギルが気色ばむと、家族を盾に脅されました

またTSは今回ミョンソン病院と業務提携したようですね。名目は「電算システムの総入れ替え」ということで、それでここに入院していたウンミの姉が締結式に乗り込んできたのですが、こうしてグループが仕事を与えていれば、たとえ社長がどんなにアホ猿でも、おのずと業績はあがるという仕組みでやんすね

どんどん膨れ上がる強敵にジンガブはどう立ち向かっていくのか~本日の放送も楽しみですねチェックメイトが面白い(^^)/

これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
《他にこんな記事も書いています♪》