韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

私だけに見える探偵 ネタバレと感想 13&14話 ソンウ・ヘの言い訳

2020/01/21
私だけに見える探偵 0
私だけに見える探偵 チェ・ダニエル

チェ・ダニエルさん主演のミステリー、【私だけに見える探偵】(今日の探偵)の13話と14話を視聴しました。今回は、なぜヘが次々と人を殺すのか、その理由が明らかになりました。以下早速ネタバレです私だけに見える探偵のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


前回ダイルとの会話で明らかになったように、ヘは図らずも父を毒殺する羽目に陥りました。へがその後悪霊(生霊)となって人々を殺し続けたのは、人は自分と他人のどちらかを殺さねばならないという選択を迫られた時、相手を殺さずにいられないということを証明したかったのだそうです。つまり、自分の行為を正当化したかったのですね


これまでヘが出会ったほとんどの人間は、ヘと同様、自分を選んで、相手を見殺しにしてきたそうです


が、二人だけは、ヘの思い通りにならず、愛する相手を助けるために、自分の死を選んだのだそうです。それが、ダイルの母とヨウルの妹のイランです。そう、イランは「ヨウルとイランのどちらかを殺す」と脅されて、ダイルの母同様、自殺をしたのだそうです。


ヘにとってこれは屈辱的な結果でした。それでヘはダイルとヨウルに執着しているのですね。現在に至っては、ダイルは仲間に引き入れようとし、ヨウルはその体を狙っているようです


今回へは、ギョルの働きでついに実母に遭遇しました。ギョルはそのために実母を知る神父を殺しています。


ヘは、その自分の母にも同じ実験をしました。ヘと母のどちらを選ぶか迫ったところ、母は、ダイルが息子のフンだと思い込んでいたため、そのフンを守るためにヘを殺そうとします。彼女は認知症だったようで、目の前のヘも、娘と言うよりは悪霊に見えたようですね。ま、それは正しいですが


へはこうして父に続いて母もその手で殺しました


一方のダイルは、こうした残虐な行為への怒りで、ますます悪霊になりかけています。ギョルやヘばかりではなく、ヨウルまで殺そうとしましたダイル、目を覚ませっ!!


それに気づいたダイルは、ジョンデから手錠を奪い、自分の手を手すりにつないで動けないようにします。その上ダイルは後にジョンデの元を訪れ、ヨウルより先にダイルの体を見つけて殺すよう命じました


実際ダイルの体はかなり弱っていた上に、面倒を見ていたヘの母が亡くなってしまったので、もはや風前の灯火かと思われます


ヨウルとサンソプ、そこにチェウォンとウンチョンも加わって、皆でヘの母親を捜しに行きました。そこに、ヘに唆された人々が次々と集まってきて「補聴器」を奪おうとします


何でも、亡くなったイランにはヨウルと同じように霊感があったようで、そのイランの思念が残っている補聴器と、ギョルの持っているイランのブレスレットは「巫具」として使えのだそうです。巫具には死者と生者を繋ぐ力があるらしい


果たしてこれがどんな働きをしてくれるのでしょうか?


一方、今回のカン・ウンチョンの発言も大いに気になりました。ウンチョンは、ダイルが幽霊だと主張したために新聞社を解雇されてしまうのですが、その時ダヘにこう食って掛かったのです


(ダヘの上司である)新聞社のオーナーは、父親が将校で、母親は創業者の一人娘、本人は政治家を目指している。それがなぜまたダイルなんだ?キム一等兵を死に追いやり、俺(ウンチョン)に遺書を偽造させ、ダイルを破滅させた。それでもまだ足りないのか?


この新聞社のオーナーは、ハウンの父のイ・ギョンテですよね?やっぱりね~コイツは絶対に怪しいと思ってましたよ


ヨウルを守るためにせいでどんどん悪霊化していくダイルを、いくら怖かったからとはいえ、慰めることも勇気づけることもできぬばかりか拒んでしまったと、自分を責めるヨウルが可哀想でしたね。サンソプの言う通りですよ~ちゃんとダイルはヨウルの気持ちを分かっていますって。そんな優しいヨウルだからこそ、命を懸けてでも守りたいと思っているに違いないのですからね


とはいえ、何とか助かってほしいですね~


またここに来て、いつもは怒ってばかりだったのに、ジョンデを信じてくれた上司のプ・サス(ヒョン・ボンシク)もええ感じですよね


私だけに見える探偵」は続きもとっても楽しみですね



韓国ドラマ今日の探偵DVD版 全32話


←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.