私だけに見える探偵 ネタバレと感想 5&6話 遺体はどこに?

チェ・ダニエルさん主演のミステリー、【私だけに見える探偵】(今日の探偵)の5話と6話を視聴しました。見れば見るほど「赤い服の女」は恐ろしいです。以下早速ネタバレです


その赤い服の女の正体がついに明らかになりました。予告によると、名前はソンウ・ヘと言い、12歳の時に、父親がヘと弟を道連れに練炭自殺を図ったのですが、ヘだけがかろうじて生き残ったらしいです。


その時ヘを助けた警官は、まだ幼いヘ(ホ・ジョンウン~ジミン@匂いを見る少女)に思い切り顔を引っ掻かれたそうです。どうやらこの「傷」が何らかの悪さをしているようで、その警官もうつ病になって20年前に自殺してしまったのだそう。


理由は分かりませんが、ヘは現在植物状態で、いつも同じ男性~全徳重ってことはチョン・ドクジュンですかね~(チョン・ペス~オ・スチョル@魔女の法廷)が付き添っています。トクジュンはヘに「ソロモンの鍵」の話を聞かせていたようで、ヘはその影響で警官を引っ掻いたらしいのです。ということは、以前からの知り合いだったということでしょうか?


幽霊か悪魔の可能性も考えましたが、ヘに命じられてヨウルの前に姿を現したところを見ると、あの本もへが読むよう命じたのかもしれませんね


これらを調べるにあたり、ヨウルだけでは心もとないからと、ダイルはサンソプにすべてを明かす決意をしました。ダイルは、ダイルの遺体を見せれば信じざるを得ないと考えて、ダイルが埋まっている場所へ二人を案内します。


え~ダイルの遺体は科捜研から運ばれて出て行ったのですから、お墓に埋められたんじゃなかったのでしょうか???


でも、サンソプがいくら掘っても、遺体は出てきませんでした。代わりにダイルの軍人時代のID(銀のペンダント)が見つかります


ダイルは次にファストフード店に入り、いつもダイルが頼む、いかにも不味そうなハンバーガーを頼みました。ヨウルが言われたとおりに注文すると、サンソプがようやくハッとします。ダイルはいつもそれしか食べなかったからです。


サンソプは、お腹がすいているのか、とダイルに尋ねました。ダイルは幽霊なのに腹ペコで仕方がないのだそうです


するとサンソプはハンバーガーにフォークを突き立てて、こうして「お供え」すれば食べられると差し出しました。するとどうでしょう、そのハンバーガーはダイルにもつかめて食べることができたのです。一般人にはテーブルに置かれているようにしか見えませんが、ヨウルは、ダイルが美味しそうにむしゃぶりつく姿が見えました


また、ダイルは幽霊なのに、なぜドアを通り抜けられないのかと不思議でしたが、今回これを解剖医のキル・チェウォンが解明してくれました。チェウォンは元巫女さんだったそうで、その手のことには詳しいのです


良い霊にはそういうことはできない。力を使えるのは悪い霊だけ


チェウォンにダイルははっきりとは見えませんが、その気配を感じることができるのだそう。ようやく力強い味方ができましたね


これに加えて、今回ヘに操られてヨウルを殺そうとした園長のファン・ヨンヒが、誤って自分を刺してしまいました。ヨンヒが持っていたチャンミの手帳に「赤い服の女」のことが書かれていたことから、ジョンデもヨウルの話をほぼほぼ信じてくれます


が、ヘは、ダイルたちが核心に迫っていることを知り、ダイルの愛する人々を殺そうとしました。ヨウルとサンソプです。


ヨウルは今のところ無事ですが、心配なのはサンソプです。サンソプは車の下に引きずられて、腕にひっかき傷を作ったようなのです。それはすぐに消えてしまいましたが、消えること自体が怪しいですよね。その後のサンソプはすっかり生気を無くした風でした


そしてヘに操られ、自殺を図ろうとしますが、ダイルが必死に止めようとします。どうやらダイルがヘの腕をつかむと、ヘの他者への影響を防げるようです。その分ダイルは体中の血管が浮き出てひどく苦しんでいました。


ただし、ヘは午前1時になると姿を消すということが分かっています。生霊だから生身の体に戻らなくてはいけない時間なのかもしれませんね。


なんとかサンソプが助かってくれて本当に良かったですが、何かに乗り移られていやしないかとまだまだ安心できません


私だけに見える探偵」は続きもとっても楽しみですね


←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません