私だけに見える探偵 ネタバレと感想 9&10話 所長が優しすぎて泣けてくる

チェ・ダニエルさん主演のミステリー、【私だけに見える探偵】(今日の探偵)の9話と10話を視聴しました。謎解きの面白さやヨウルとダイルの活躍もさることながら、亡くなったダイルを気遣う所長=サンソプの優しさが胸を打ちましたね~私だけに見える探偵の所長=キム・ウォネがええわ~


以下早速ネタバレですネタバレ感想行きますよ~(^^)/


死んだはずのヘが人間として蘇りました。好意的に解釈するなら、ダイルに刺されたことによって、ずっと麻痺していた体が機能するようになった?ということでしょうか。しかも生霊の時に使っていた、他人を思いのままに操る能力もそのまま使えているようです。つまりは「無敵」になってしまったということ!?ヘが怖すぎる( ;∀;)


医療スタッフを殺して逃亡したヘは、血だらけの病衣のまま裸足で外に出たため、途中ですれ違った、自分に感じの似た女性を殺してその衣服を奪いました。その後、ヘは公園のベンチで寝ていたドクジュンに合流します。


へが殺した女性は道端ではなく、彼女の自宅で発見されたそうですから、運んだのはドクジュンですね。こちらは警察が発見しました


その女性の部屋は荒らされ放題でしたが、ヨウルは後に、それが故意に荒らしたのではなく、小さな子供が洋服をとっかえひっかえしたり、化粧をしてみたりと、遊んでいただけだと気づきます。そう、ヘは、体は大人でも心は子どものままなのです。


テジュンはこの部屋で、戻ってきたドクジュンを逮捕しました


一方のダイルは、やはり、あの男巫のところで力を使う方法を学んできたそうです。男巫を痛めつけると神母が出てきて、その方法を教えてくれました。幽霊には実体=体がないから、それを使おうとするのではなく、強い感情を使って念じればいいと教えられます。神母は、残されたチェウォンのことを案じていて、ダイルにチェウォンを気遣ってほしくて力になってくれたらしい


神母はこれですべての力を使い果たして消えてしまいました。男巫は再びダイルを襲おうとしますが、力を得たダイルの敵ではありません


また警察は、監視カメラの映像から、ヨウルを重要参考人として連行しました。ズバリ言うと殺人容疑です


ダイルはヨウルの無実を証明するため病院に捜査に行き、ある男の子がヘを目撃し、あの殺人もへの仕業に違いないと騒いでいたのを動画に収めて、ダヘに協力を求めました。ダヘは早速ウンチョルにこの情報を流し、警察の誤認逮捕を訴えるよう依頼します


それと同時にダヘ自身もヨウルたちの代理人として警察へ出頭し、ヨウルを釈放するよう求めました


その後ダイルはドクジュンの取り調べを見に警察へ行き、テジュンにこっそりメモを渡して、ドクジュンから、ヘが最初に殺した人間を聞き出すよう命じました。ドクジュンは、「あの子」が最も大切に思っていた人だと語ります。あの子はこれからもっとたくさんの人を殺すだろう


またチェウォンは、知り合いの幽霊に会いに行き、マッコリを条件に幽霊の習性を聞き出しました。幽霊は、亡くなる前にしていたことを死んでからも繰り返すのだそうです。


この話を聞いたダイルは、ようやく、ヘが殺人を犯す理由に辿り着きました。ヘが最初に「死」を目の当たりにしたのは、最愛の父の自殺です。おばさんは、当時入室した警官の反応からてっきり練炭自殺だと思い込んでいましたが、そうではなくて服毒自殺だったようです


これは、ヘが殺したわけではないのですが、一人生き残ったヘは父を死なせてしまったと苦しんでいたようで、植物状態になってからもその行為=他人を自殺に追い込む、を繰り返していたらしい


それはそれで気の毒な話でやんすが、それで殺された方は浮かばれませんよね


一方でヨウルはチェウォンとともに、へに殺された女性の部屋へ赴きました。ヨウルが補聴器を付けると、ある歌が聞こえてきます。それが「国際旅行博覧会」の歌でした。ヘはそこでテロを起こそうとしていたのです


そこに、亡くなったイランが好きだったというヨウルの幼馴染、キム・ギョル(シン・ジェハ)が利用されました。ギョルもまたヘに脅されていたらしく、イランを助けようとしたのに助けられなかったのだそうです


へはドクジュンが手に入れたをギョルに渡し、大勢の人が集まる「国際旅行博覧会」の会場で配られるジュースにその毒を混入するよう命じました。その博覧会の主催者が、最初に誘拐されたハウンの父親=イ・ギョンウのようです。ヘはなぜそこまで彼らにこだわるのかも謎ですね


ヨウルたちが、再びギョンウが狙われると察して知らせに行くと、ギョンウは快く協力を申し出てくれました。それがあまりにも「快すぎて」、ついつい怪しく思っちまうのはミステリーオタクの性でござるね


だってですよ、いくらダヘから聞いたからと言って、そう簡単に生霊や幽霊の存在を信じるのは不自然じゃありませんこと?


それはさておき、皆の団結のおかげでこのテロは未然に阻止されました


その後ヨウルがギョルに気づいてその家を訪ねると、そこにヘから動画が送られてきます。ヘは道ですれ違ったカップルから電話を借りて、そのカップルの男性が女性を殺そうとしている様子を送ってきたのです。ギョルを殺せば、女性は助かる


ギョルはナイフを首に宛てて、まさにイランが死んだ時のように自殺しようとしますが、それをダイルが阻止します


ところがダイルはその後、姿を消してしまいました。予告でヨウルが「1時に消えた」と語っていたことから、もしかするとダイルもヘと同じ生霊だってことはないんですかね?死体もまだ出てきてませんしね~。もしそうだったら、サンソプがどんなに喜ぶことでしょう


そのサンソプがまた泣かせてくれましたのですわ


ダイルがいると聞いてはいても、自分でその存在を感じることのできないサンソプは、あることを思いつきました。そこにダイルがいると聞いたサンソプは、こっそり別の部屋に呼び出してミュージックプレイヤーを渡します。サンソプの問いにイエスならばそのまま、ノーならば、違う音楽を掛けるように促しました


お前は力が使えるようになったけれど、そのことが何かの災いをもたらすということはないのか?


本当はイエスなのに、サンソプを心配させまいとして音楽を変えるダイルです。ダイルの手があるところに手を延ばしたサンソプが、何かピリリと感じたと喜ぶ顔がまた涙を誘いました


テロを阻止する時も、ダイルが板書をすることで、昔のようにふたりであれこれ考えをまとめていると言った時も本当に嬉しそうでしたよね


もしダイルが生霊だとすると、消えた後はその体に戻っているはずですよね?なんとかしてそこを突き止められれば良いのですがって、単なる妄想倒れだったら申し訳ござらぬ


でもまずはその前にヘを何とかしなくちゃいけません。いくら「心は子ども」でも、あれだけの人を殺したのですから(韓国は実質死刑がないので)終身刑ですよね~


あれこれ妄想の余地があるドラマはやっぱり楽しいですね~。「私だけに見える探偵」は続きを見るのが待ち遠しいです


←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません