韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

TIMES〜未来からのSOS〜ネタバレと感想 1&2話 父を救え!

韓ドラおばさん
2022/07/10
TIMES-未来からのSOS- 0
TIMES イ・ソジン イ・ジュヨン

イ・ソジンさん&イ・ジュヨン主演の韓国ドラマ、【TIMES〜未来からのSOS〜】も覗いていました。が、内容が内容だっただけに、ちと控えておりましたのです🙏。こうしたフィクションを心置きなく楽しめる平和な世の中であってほしいものだとつくづく痛感した次第です😔。以下ネタバレですTIMESのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

父の死

ドラマの冒頭、ソ・ギテ(キム・ヨンチョル〜太宗@チャン・ヨンシル~朝鮮伝説の科学者~)が韓国大学で演説中に狙撃されて亡くなりました。時は2015年10月12日。ギテは大統領に立候補した候補者だったそうです。ギテを狙った犯人=キム・ジンチョル(ユ・ジェミョン〜キ・チュノ@自白~Confession)はギテを狙撃した直後、屋上にいた数名の警察関係者に射殺されて死亡しました。ジンチョルは、ギテが記者時代の報道のせいで警察を解雇された、とギテを恨んでいたのだそうです。病院で誇大妄想症と診断されて服薬治療中でした。

その姿を目にしたギテの娘のジョンイン(イ・ジュヨン)は父の名を叫ぶ一方で、涙ながらに「ジヌさんが父さんを助けて」と語ったところで画面が転換します。類推するに、もしかしたらこのシーンは「何度か繰り返された場面」なのかもしれません🤔。

次は、ギテが大統領に当選したシーンが映し出されました。そしてこの間、何者かの独白が展開されます:

私の話は常軌を逸しているから誰も信じないだろう。私はここまでのし上がるために多大な犠牲を払ってきた。生き残るには、連中の餌食にならないためにも、奴が動く前に先手を打つんだ。息の根を止めろ。それがこの国と我々が生き残る道だ。

これはおそらくギテの声のように聞こえました。いったい「奴」とは誰を指しているのか?😈

誕生日

2015年、ジョンインは記者だった父の後を継いで、DBSの報道キャスターをしていました。今最も力を注いでいるのは、前大統領=ペク・ギュミン(ソン・ヨンチャン〜オ・テクチン@自白~Confession)の汚職を暴くことです。そのギュミンはジョンインがギテの娘だと知ると、ギテもまた任期を終えればギュミンと同じ目に遭う👻、と嘲りましたが、ジョンインはこれを無視しました。

その頃、基地局で原因不明の火災が起き、その近隣で通信障害が起きていました。これがどうやらカギになるようです。

一方のギテは、前政権のように「慣例」という言葉で大統領の権限を利用しないという姿勢を打ち出し、歴代最高の支持率を誇っていました。が、家では娘に甘く、誕生日には手作りの食事やケーキを用意して祝います💜。ジョンインも、記者時代と変わらず、正義を追求しようとする父を誇りに思っていたようです🌹。

そのジョンインが、誕生日の朝、父と食事をした後会社に出かけ、ついうたた寝してふと目を覚ますと、なぜかそこはDBSではなく「デイリーサーチ」という会社になっていました🙄。ジョンインは訳が分からず、とにかくDBSに戻ることにします。でもDBSでは誰もジョンインを知りませんでした😨。挙句の果てに「父の死をきっかけにおかしくなった」と思われていたことが判明します😱。

ジョンインが唖然としていると、ギテの同志だったキム・ヨンジュ(ムン・ジョンヒ〜プヨン@千秋太后(チョンチュテフ))という議員から電話がかかってきます。ヨンジュは、その日がジョンインの誕生日だから、一緒に食事をする約束だったと語りました。でもジョンインにはまったく記憶がありません😭。

警備員に追い出されそうになったジョンインの目に「4年前の事件の映像」が飛び込んできます。ジョンインは思わずギテに電話しましたが、その番号は使われていませんでした💀。駆けつけてきたヨンジュがジョンインをギテの墓に連れて行ってくれます。過去を否定していてはダメ。前を向いて生きるのよ。

ジョンインは現実を受け入れて治療を受けることにしました。そうしてほぼ1年が経過したそうですが、それでも納得できないことは「記者」として調べているそうです。ちなみに現大統領は、ギテの側近だったナム・ソンボム(ユ・ソンジュ〜パク・スチャン@SKYキャッスル-上流階級の妻たち)です。

追い迫る過去

そんなジョンインに「過去」が迫ってきました。現在ジョンインが働いているデイリーサーチは5年前「TIMESタイムズ」という会社だったそうで、現在編集長のト・ヨンジェ(キム・イングォン)はイ・ジヌ(イ・ソジン〜カン・ウヒョン@トラップ~最も残酷な愛~)という社長の元で働いていたのだそうです。とはいえ、実際は友人だったようですけどね😁。そしてそのジヌは、ギテが撃たれた6日後の10月18日に交通事故で死亡していました😨。

それなのに、そのジヌからジョンインに「インタビュー依頼」の電話がかかってきます。1度目は5年前の出来事だったようでジョンインは素直に応じたらしいのですが、2度目は現在〜つまりは2020年に電話がかかってきたのだそうです😵。

最初は信じなかったジョンインも、電話の向こうからギテを応援する聴衆の声が聴こえてきたため、無視するわけにはいかなくなりました。それであれこれ試してようやく、ジヌが2015年の同じ時間に生きているらしいことを突き止めます。ジヌと連絡を取る手段は「ジョンインの携帯」だけです。それでジョンインは、もしかしたらジヌならばギテの暗殺を阻止できるのではないかと思い至りました👍。

それからジヌについて調べてみると、彼は10月11日に、自分の書いた記事を逆恨みされて建設会社の社長に薬局で刺されたことが判明します。ジョンインの話を信じようとしないジヌにこれを伝えたところ、ジヌは間違いなくジョンインの言った通り、薬局でその男に刺されてしまいました😓。

またこのジヌの弟、グヌ(ハジュン)はギテの補佐官をしていたそうです。どうやらそのグヌも亡くなったらしく、二人をよく知るデイリーサーチのミョン・スギョン(ムン・ジイン)は、ギテを忘れられずにいるジョンインは、グヌの死を受け入れられずにいたジヌとよく似ていると語っていました😢。

まとめ

でもですよ、途中を見る限りでは、ギテは一度は大統領に当選しているんですよね🙄。いったいどこが基準なのでしょうかね🤔。

内容的には政治的な話も絡んできてなかなか面白そうなんですけどね👍。問題はアタイに「見てまとめる時間」があるかどうかでやんすね😓。

TIMES~未来からのSOS~DVD-BOX1
関連記事

コメントをどうぞ♪ 0

There are no comments yet.