韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

Welcome to my blog!

トップスター・ユベク ネタバレと感想 第16話 ガンスンの心の叫びに大笑い

2020/03/31
トップスター・ユベク-同居人はオレ様男子- 0
トップスター・ユベク 韓国ドラマ キム・ジソク

トップスター・ユベク~同居人はオレ様男子~のあらすじと登場人物はこちらです: トップスター・ユベク あらすじと登場人物一覧

キム・ジソクさん主演のラブコメディ、【トップスター・ユベク~同居人はオレ様男子~】は16話も実に楽しかったですね~。鼓子(コジャ)=不能者というのは韓国の若者言葉なのだそうですよ。ほぉ~

以下早速ネタバレですトップスターユベクのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

ガンスンとユベクを迎えに来たのはマドルでした。ガンスンはユベクとつないでいた手を放してとても気まずそうでしたが、マドルは、ガンスンさえ幸せならそれでいいと伝えます。今後も「お兄ちゃん」としてガンスンを見守っていくつもりだと語り、これからは俺を兄だと思えとユベクに握手を求めました

いや~ここは本当に良いシーンでしたね~。マドルは本当にええ男ですわ

その頃ガンスンの家では、クムジャが、期待通りの爆弾発言をしていました。ユベクはコジャだから子どもが作れないと聞いたハルモニは愕然としてしまいます。ハルモニは、両親を早くに失ったガンスンには「大家族」を作ってほしかったからです。

一方のユベクは、自分に片親しかいないことを引け目に思っていたらしく、これがふたりの会話を面白くさせましたね

ハルモニ: そんなに苦しんでいたなんて。事故で?いつ失ったの?片方だけ?

ユベク: 子どもの頃に。ハイ、片方だけです

ガンスン: 私もソウルで知ったの。

ハルモニ: (ことに及んだと思い込む~嫁入り前に)なんてことをっ!!

ハルモニは、片方だけでもあればなんとかなるかもしれんと思いながらも、やっぱりダメだ、と反対しました

ユベクは一生懸命努力する、と訴えますが、島民ギャラリーは「頑張ればなんとかなるというものではないとかぶりを振ります。

家を飛び出したハルモニをガンスンが追いかけていきました。

訳が分からないでいたユベクに皆が説明すると、ユベクは必死で誤解を解こうとします。〇〇コジャというのは若者言葉で、〇〇ができない、とか苦手だ、という言い回しなんです!!

これを知ったハンボンが、島内放送で誤解を解いたのがまた笑えましたね~。トップスターさんは鼓子ではなく「ヘタレ」だから、ちゃんと子作りができる!って

これを聞いたマドルも大笑いです。でも、ハンボンとパンシルは、できるだけマドルの視界に二人を入れないように気を配りました。それをマドルもちゃんと気づいていて、大丈夫だから気を遣わないでくれと頼みます。

その気配はたぶんガンスンにも伝わっていました。ガンスンは、ハンボンから貰った通帳を返しに行くのですが、ハンボンは、これは「嫁」としてのガンスンではなく「娘」としてのガンスンにあげたものだから、と断りました。ハンボンは、ガンスンの相手が誰であろうと、バージンロードを一緒に歩くつもりだそうです

も~この島の人は本当にいい人ばかりですよね

一方でガンスンは、ユベクに「後戻り」を提案したことをひどく後悔していました。ユベクはあれ以来約束を守り、ガンスンにキスをしようとしなかったからです

ユベクにキスしたくてたまらなくなったガンスンは心の中でつぶやきました。

私はただ待つだけの受け身の女じゃないの。私はね、欲しいものは欲しいという現代的な女性よも~正直すぎ(;´Д`)。(ものすごい訛ってます

そのうち心の声がだだ洩れになります

欲しいのっ!欲しいのよっ!!すごく欲しいんだってば!!スキンシップに後退はないってわかったの!!ものすごい大声だし(;´Д`) キスもしたいし抱きしめたいと思っている、いつだって、ところかまわずキスしたくてたまらないっ!!落ち着け、ガンスン

ユベクは大喜びでしたが、どこからともなく「ザブーン、ザブーンという雑音が聞こえてきます。ふたりのすぐ近くには、マドル親子とドンマン親子がいたのです

小学生のドンマンは放置されていましたが、ハンボンとパンシルは、マドルの両耳に貝殻を当てて、なんとかこの会話を聞かせまいとしました

あれじゃあマドルが可哀想だというグクソプにマドルは虚勢を張って、俺は平気だから気を遣わないでくれ!と立ち去ります。

ガンスンの家ではハルモニがたくさんご馳走を作って待っていてくれました。ガンスンは恥ずかしがって出てきませんでしたが、ハルモニはユベクに、これからはところかまわずチューをしていいと許可します。でもユベクは、ゆっくり段階を踏んで結婚し、温かくて賑やかな家庭を築きたいのだと答えました

一方でクムジャは認知症が進み、スンジンももう「物忘れ」だと見過ごすわけには行かなくなりました。スンジンはアラに相談し、アラが簡単なテストをしたところ、いかにも認知症の症状を呈しています

アラはソウルの病院に行くよう勧めましたが、クムジャはこれ以上スンジンに迷惑をかけられないと置手紙を書いて出て行ってしまいました。途中で家出の決意自体を忘れて戻ってくればよいのですけどね~

またアラは、テジュク島でミンの前でおならをしてしまったことを恥じて逃げ回っていました。ミンはそんなアラが愛しくて、自分もサツマイモを食べてオナラをし、今度こそ一緒になろうと愛を告白します。いや~これは良かったですね

後はマドルだけですね~。優しくて可愛い子が現れるとよいですね


トップスター・ユベク~同居人はオレ様男子~DVD−BOX

←前回のレビュー  次回のレビュー→

これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編ラブコメは面白い(^^)/

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.