韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

トップスター・ユベク ネタバレと感想 第6&7話 ソウルから来た優男

2020/03/18
トップスター・ユベク-同居人はオレ様男子- 0
トップスター・ユベク 韓国ドラマ キム・ジソク

トップスター・ユベク~同居人はオレ様男子~のあらすじと登場人物はこちらです: トップスター・ユベク あらすじと登場人物一覧

キム・ジソクさん主演のラブコメディ、【トップスター・ユベク~同居人はオレ様男子~】の6話と7話を見終わりました。今回はガンスンとガンスンハルモニの関係が温かくて和みましたね~ガンスンの気持ちわかるな~(;´Д`)。以下早速ネタバレですトップスターユベクのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ

今度はガンスンの過去が明らかになりました

ガンスンの両親は村長のチェ・ハンボンと一緒に漁に出たまま帰らぬ人となったのだそうです。ひとりだけ生き残って戻ってきたハンボンは、それを悔やんでいつも酔っぱらっていたのだそうそれでいつも外で寝てたのね~(-_-;)

それはふたりの命日を前にしてますますひどくなりました。それを知ったガンスンハルモニは、そんなことをしてもちっとも嬉しくないとハンボンを叱りつけます。死んだジェピルの分も長生きしなくちゃダメじゃないか!

またガンスンは、法事で両親にお供えするためにカニを採りに行きました。サザエは嫌いだと言って食べなかったユベクを誘い、カニの天ぷらは、サザエよりずっと美味しいと教えます

その日の朝、例の官能小説を徹夜して読んだために興奮していたガンスンは、ユベクのことが気になってなりませんでした。しかもそのユベクに小説を見られてしまいます。も~ユベクは面白がって、事あるごとに小説の文章を引用してはガンスンをからかっていました

そのユベクは、意地を張ったために食べられなかったサザエの天ぷらを、マドルが全部持って行ったことを根に持っていて、そのサザエよりも美味しいカニを食べさせてくれるのか!俺のために!!と大喜びで付いてきます。カニは夜行性なので、夜しか採れないのだそうです。ふたりは、時に小説をネタにしながら、楽しい時を過ごしました

翌日の法事を無事終えると、ガンスンはひとりこっそり家を出ていきます。ユベクが後をつけると、ガンスンは海へ入ってぽっかり浮かんでいました。以前ガンスンは、海に入っていると両親に抱かれている気がして落ち着くと語っていたのを思い出すユベクです

それでユベクはアイドル時代、父親の命日だからと急いで母の家に駆け付けたのに、母は男と一緒で、父の命日などすっかり忘れていたことも思い出しました

ユベクは海から上がってきたガンスンを思わず抱きしめます。涙も止まりませんでしたユベクが可哀想( ;∀;)

ガンスンを捜しに来たマドルはその二人を目撃し、何も言えずに立ち去ってしまいます

でもガンスンは、ユベクがガンスンを慰めてくれたのだと誤解し、やっぱりウニと同じで本当は優しい人なのだと微笑みました

翌日、ガンスンのスーパーにやってきたユベクは、居眠りをしていたガンスンの頭がちょうど当たるように鍋を置いて悪戯しました。ガンスンの頭が鍋を直撃すると、鍋は見事に凹んでしまいます。やっぱりお前の頭は兵器だな

ガンスンは、売り物の鍋を台無しにした、と文句を言いますが、ユベクは持ち合わせがないからツケにしておけと命じます

そう言いながらも、ガンスンの手首についた生々しい傷がたくさんあるのを痛々しく思い、自分の「世界に1つしかないブレスレット」を外してはめてくれました。ガンスンは海女だから生傷が絶えないのですよね。ブレスレットはアイドル=シリウス時代に作ってもらったそうです

ガンスンが、そんな大切なものをなぜ私に?と聞くと、ユベクはつい「腕を傷つけないようにと言いかけて、大切なものだから傷をつけるな、とごまかしました

そこへマドルがやってきて、ガンスンをデートに誘います。なんとマドルは「見合い」をするふりをしてガンスンを連れ出し、ガンスンにプロポーズをするつもりで指輪まで持参していたのだそうです。どうやらフランスで買ってきたらしい指輪には大きなダイヤが乗っかっていました

ガンスンを連れていかれたユベクは、仕方なくガンスンの秘密基地に行きます。そこで見つけたガンスンの日記には、大学受験の当日にマフラーを忘れて家に戻ったところ、ハルモニが、大学へ行ったら寂しくなると語っていたのを見て、受験を放棄して帰ってきたことが記されていました

ガンスンはハルモニに、ずっと独身をとおしてハルモニと暮らすと語っていたのはその時のことがあったからなのですね。

そのハルモニは、元アイドルのユベクが思わず見惚れるほどダンスが上手でした。それにお裁縫も得意で、ユベクのブランド物のクラッシュデニムの穴をすべて繕ってくれます。しかも真っ赤な布をあてがって

そこへ、仲良しで有名な夫婦~ドンチュンの両親がやってきました。ふたりは幼馴染らしく、グクソプ(チョン・ウンピョ~チ・チョンドク@オクニョ)は「ソウルから来た優男」に触発されてヒャンギ(チョン・イラン)にプロポーズしたのだそうです。

それを聞いたユベクはガンスンをヒャンギに重ね、もしソウルから来た優男と結婚していたら、今頃はソウルで優雅な暮らしができたと余計なことを言いました。怒ったグクソプは立ち去り、ヒャンギとハルモニからも責められてしまいます。どうしてそんな意地悪を言うの?

いやいや意地悪じゃなくて、マドルにガンスンを取られたくないだけでやんす

でもね~現実的にガンスンがハルモニを置いて島を出ていくとは思えませんよね。ユベクがトップスターを諦めて「島の男」になるしかないかな

トップスター・ユベク」は続きを見るのが楽しみです


トップスター・ユベク~同居人はオレ様男子~DVD−BOX

←前回のレビュー  次回のレビュー→

これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編ラブコメは面白い(^^)/

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.