トップスター・ユベク ネタバレと感想 第8~10話 ユベク頑張れ

キム・ジソクさん主演のラブコメディ、【トップスター・ユベク~同居人はオレ様男子~】の8話から10話を視聴しました。あ~これは本当に楽しいドラマですよね~。特にユベクがええですわ~


以下早速ネタバレですトップスターユベクのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


マドルは予定通り、見合い相手に「他に好きな人がいる」と断りました。その頃ガンスンは、ちょっと離れた席で、ユベクが飲みたがっていた「エスプレッソ」を注文し、あまりのカップの小ささに文句ぶーぶー言いながら飲んだら、ものすごぉ~く苦くてひいひい言っていたところです


マドルはそんなガンスンも可愛くてならないようで、見合い相手は諦めて帰ってしまいました。


マドルは、フランスで買ってきた婚約指輪を贈ろうとしますが、ガンスンから「本当の兄」扱いされて怯んでしまいます


そうこうするうちに海が荒れて船が出ないと知らされました。ふたりは仕方なくモーテルに泊まりに行きます。これも「紳士」のマドルはものすご~く嫌がりましたが、マドルを異性として見ていないガンスンはまったく平気でした


一方のユベクは、島でこの話を耳にし、慌てて船を出させます。嵐が来ようと海が荒れようと、ガンスンのためならどんとこいです


そうしてようやくテジュク島に到着したユベクは、ガンスンとマドルはモーテルに入っていくところを目撃しました


これで諦めて帰るかと思いきや、ユベクはナムジョに連絡をして、女性をくどく演出を用意させます。ちなみにヨジュク島は電話も通じず、船も2週間おきですが、テジュク島は電話も通じるし、船も、天候さえよければ、いつでも出せるのだそうです。


本来は「白馬」を用意したかったらしいのですが、いなかったため、白い車がガンスンを迎えに来ました


紳士のマドルは部屋を別々に取っていたので、ユベクはガンスンの泊まっていた部屋に「紳士に感謝するとメッセージを残して去って行きます。その時ガンスンは部屋で、ユベクのエスプレッソのCMを初めて目にしていたようです


マドルの悔しそうなことったらなかったですね~。マドル役のイ・サンヨプさんは、いつもこうした報われない役が多いですよね


「真冬に花火を上げ、花を咲かせる」演出にも、ガンスンは動じませんでした。でもユベクはすっかりこのシチュエーションに満足して、ガンスンに愛を告白し、キスをします


ガンスンは最初は圧倒されていましたが、我に返って怒り出しました。どうしてキスなんてするの!!


ユベクは意外な反応に言葉も出ませんでしたが、まだ時期尚早だったのだろうと気を取り直し、時計を24時間巻き戻すと言い出します。もう一度チャンスをくれないか?


ユベクはガンスンをそのままソウルに連れていきました。


ユベクのタワマンはガンスンも気に入り、ナムジョの用意していた可愛いブラジャーも喜んで受け取ります。テレビでユベクの主演作を見せられては、大いに感心していました。


ユベクはパスタ料理を手作りしてガンスンに振舞います


その後ユベクはガンスンを街に連れ出し、「きちんとした格好」をさせました。可愛いワンピースにジャケットを着たガンスンを連れて行った先は、ガンスンが大ファンのチョン・ヨンロク(本人)のところです。ユベクはヨンロクに頼んで、ガンスンのためのステージを用意してくれたのです


これにはさすがのガンスンも大喜びでした。その様子にはユベクがやきもちを焼くほどです


ユベクはガンスンをディナーに誘い、そこで、以前のキスから24時間経過したことを伝えました。お前の気持ちを聞かせてほしい


ところがここにドンチュンから電話がかかってきます。なんとガンスンハルモニが倒れたというのです!?


島ではマドルがハルモニと一緒に過ごしていたので発見が早くて助かりましたね~。ハルモニは木浦の大学病院に運ばれたそうです。


ユベクはすぐにもガンスンを連れて行こうとしましたが、ここにパパラッチが駆け付けてきます。ふたりがヨンロクのコンサートを楽しんでいた時、一般人がこれを見つけてSNSにアップしたからです


ユベクはガンスンを守るために非常階段に案内し、ドンチュンを呼びました。ユベクは自分が記者たちの前に出ていってドンチュンにガンスンを連れて行かせたのです。


ユベクはここでキッパリ、ガンスンは単なる知人で恋人ではないと発言しました。その後、ハルモニへの見舞いのフルーツを買って木浦の病院に駆け付けます


が、せっかく5時間もかけてやってきたユベクを、ガンスンは帰れと追い返しました。あなたの顔を見ると辛くなるわ。もう島にも来ないで! ガンスンは、自分が遊んでいる時にハルモニが倒れたと知って罪悪感を抱いていたようなのです。


ユベクの顔を見た途端殴りかかってきたマドルは大喜びですが、ユベクは呆然と立ち尽くしました可哀そうなユベクvv


でもマドルがユベクを殴ったのも、「女たらし」の噂を耳にしたからなのですよね。ドンチュンも、本当のユベクを知らなかったようです。


ふられたショックで「ウニ」を大量に買い込んで自宅のバスタブに入れたのには大笑いでしたね~


でもユベクは、バスルームの空気清浄機?にかけてあったガンスンのブラジャーを発見し、やっぱり諦めないと決意します。ガンスンは新しいブラに付け替えた後、古い方を洗って乾かそうとしたのですよね


ユベクは早速ヨジュク島に戻っていきました。何せもう荷物はとっくに送ってありましたからね


夢ではないかと驚き、もう来ないでくれと言ったのにと語るガンスンに、ユベクはキッパリ言い渡します。俺はもうお好が好きじゃない。告白のことは忘れてくれ


もちろん真っ赤な嘘です。ナムジョの忠告通り「駆け引き」を使うことにしたようですね


最後にもう一度会いたかったと寂しがっていたハルモニも大歓迎してくれました。ユベクは、またハルモニの料理が食べたくて戻ってきたと語ります。さ~すが、女たらしですね


マドルも可哀想だけれど、個人的にはユベクを応援したいですね~。マドルは、ハルモニを担当してくれた木浦の女医でガンスンの幼馴染=ノ・ヒウォン(ナム・ボラ)はどうでしょうかね。ヒウォンにとってマドルは初恋の人なのだそうです


またア・ソラとカン・ミンは、その昔、不倫関係にあったらしいです。ミンの妻が入院中に知り合ったらしく、ふたりがいちゃついている時に妻は息を引き取ったらしい。あ~それじゃあもう無理かもしれませんね


で、突然ですが、ヨジュク島には「立ち入り禁止の私有地」があるそうなのですけど、そこに不審人物がいるようなのですよね。あれってもしかしたら、亡くなったと思われているガンスンの父=オ・ジェピルってことはないんですかね~とふと思った次第です


トップスターユベク」は来週の放送も楽しみですね



トップスター・ユベク~同居人はオレ様男子~DVD−BOX


←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編ラブコメは面白い(^^)/

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません