Information
当ブログには随時、広告が掲載されています。お目に留まったサービスや商品などございましたら、是非ご検討いただけますと幸いに存じます💐

真心が届く〜僕とスターのオフィス・ラブ!? ネタバレと感想 めっちゃ楽しいラブコメでした

イ・ドンウクさん&ユ・インナさん主演の韓国ドラマ、【真心が届く〜僕とスターのオフィス・ラブ!?】を見終わりました。これは、以前コメントで教えていただいたBSJapanextという無料放送局で放送していたドラマです。

主役の二人は「トッケビ」というドラマののサブキャラだったらしく、トッケビを見た方には1粒で2度美味しい作品だったようですね。おばさんはトッケビを見てへんけど、それでも十分、否、十二分に楽しめました💕。いや〜とにかく可愛かったです。主役もいいけどここのサブキャラもまた皆明るくてめっちゃ楽しめました👍。

ラブコメ好きな方なら、きっと皆様もうご覧になっているとは存じまするが、以下あっさりネタバレと見どころをまとめさせていただきますね。BSJapanextでは何度か同じドラマを、しかもまとめて放送しているようなので、未見の方にはオススメですよ〜真心が届くのネタバレです

BSJapanext公式サイト BS無料放送のつながるテレビ局

BSJapanext公式サイト BS無料放送のつながるテレビ局

BSJapanext(ビーエスジャパネクスト)は地域創生、スポーツ・エンタメ、アニメ、健康・趣味・教養などを放送し、アプリで"つながる"テレビ局です。「テレビでBSJapanextを視聴するには?」

概要

主人公は、女優のオ・ユンソ(ユ・インナ〜カン・セリ@最高の愛~恋はドゥグンドゥグン~)。かつては「宇宙の女神とまで呼ばれたトップスターでしたが、悪質な変質狂のファンによってスキャンダルに巻き込まれた結果、芸能界を干されてしまいました😨。

そのユンソがある時、有名脚本家のドラマを目にし、どうしてもその役を演じたいと熱望します。役柄は弁護士で、かつては法科に合格したこともあるユンソは大乗り気ですが、制作者側はユンソが主演を張る条件として「法律事務所での実務研修」を打ち出してきました。「美貌と愛らしさ」で人気だったユンソも、実は「大根役者🐵」というレッテルを貼られていたからです😵。本人は嫌がっていましたが、事務所の代表のヨン・ジュンソク(イ・ジュンヒョク〜コ・セヒョク@ストーブリーグ)と、デビュー当時からユンソ付きのマネージャーだったコン・ヒョクジュン(オ・ウィシク〜オ・サンシク@知ってるワイフ)は、せっかくの復帰のチャンスは潰せない、とユンソの背中を押しました

たまたまジュンソクの従兄のヨン・ジュンギュ(オ・ジョンセ〜パク・サンテ@弁護士の資格~改過遷善)が大手法律事務所オルウェイズの代表をしていた縁で、ユンソは3ヶ月間の期間限定研修生として派遣されることになります。ジュンギュは昔からユンソの熱烈なファンだったため、二つ返事で引き受けました😍。そして、エース弁護士のクォン・ジョンロク(イ・ドンウク〜チェ・ウォン@天命)にその教育を任せることにします。ユンソは「秘書オ・ジンシム」(本名)として働くことになりました。

法科に合格はしても、高校時代にデビューした女優業を選んだジンシムには、いわゆる「常識」がありません。法律事務所で働くと聞くと「ドラマの派手なイメージ」しか思い浮かばず、働くにはとても似つかわしくない格好で出勤します😵。しかも初日から遅刻して😓。

芸能界のことなど何も知らない堅物のジョンロクは、最初から厳しく指導しました😈。ジンシムがいくら「オ・ユンソ」を強調しても「一般人のオ・ジンシムさん」として接します💀。

が、生来の真面目さと負けず嫌いが奏功し、ジンシムは次第に「秘書」としての任務をきちんとこなすようになっていきました👍。本来はなかなか賢いだけでなく、情も厚いので、依頼人への境遇にも共感し、いつの間にかジョンロクにとってなくてはならない助手と変化していきます🌹。ジンシムもまた(ルックスだけじゃなく)不器用で一徹なジョンロクに心惹かれていきました💘。

最後は、モチロン、ハッピーエンドです🎉。

真心が届くがサイコー!!

見どころ

ふたりがカップルになるまでの過程ももちろんですが、カップルになってからも実に初々しくて可愛いのですよね。ふたりとも、いつも一番に相手や周囲のことを考えて行動するので、恋愛感情だけじゃなくてそうした「信頼関係」もまた本当に素敵でした。

ジンシム(ユンソ)の健気さ

特にオススメなのが、ジンシムの健気さ(真心=ジンシム)です。なんとかしてジョンロクや依頼人の役に立とうと、夜遅くまで勉強したり、聞き込みに出かけたりと、これが「研修」であることなどすっかり忘れさせるほどの打ち込みようです。その熱意が実って、3ヶ月後のドラマ撮影では見事に「大根役者」の汚名を返上いたしました🤗。

ジョンロクの変貌

恋愛オンチのジョンロクは最初、なかなかジンシムの気持ちに気づかないでいるのだけれど、それが自分の気持ちに気付いてからは、180度変わっちゃうんですよね。最初の「堅物」と後半の「尽くす男」のギャップがまたたまりません。もちろん中身そのものは「誠実な男性」で変わっていないのですけどね。

それにまた見た目もごっつ素敵ですからね😍。ジンシムが(芸能人でもないくせに「無駄にかっこいいと嫉妬しちゃうわけですよ。いや、実際は芸能人だから、まったく無駄じゃないんですが😓。

一途な所長

オールウェイズの代表のジュンギュもお気に入りのキャラでした👍。昔からユンソ一筋な(そのためじゃない?💦)独身で、そのユンソが事務所に来てからもその気持ちは変わることなく、常にユンソに尽くすんだけど、まさかそのユンソが「事務所一成績は良くても愛想の悪いクォン弁」と相思相愛になるなんて想像だにしないのがまたおかしいんですよ😂。でもって、ジョンロクよりも自分の方がずっとオトコマエだと思い込んでいる🐒。

でもこのジュンギュ、実はジョンロクの恩人でもあって、なかなか男気のある素敵な上司でもあります👌。確かに見た目はジョンロクより劣るけど&借金もあるらしいけど😈、良い人だと思うんですけどねえ😁。

一途な事務長

また「顔はいまいちなのに心はピカイチ💕」なのが事務長のイ・ドゥソプ(パク・ジファン〜キム・ギョンチョン@緑豆の花)です。ドゥソプは最初、来たばかりのジンシムから「そっち系ユンソひどすぎ」だと誤解されてしまったほどコワモテではあるんだけど😓、心は誰よりも優しくて繊細です🌹。密かに「子持ち秘書」のヤン・ウンジ(チャン・ソヨン〜ユ・ジウォン@ザ・ゲーム~午前0時:愛の鎮魂歌 (レクイエム))に想いを寄せているのですが、その恋は果たして実るのか?👻

チェ弁とタン弁カップル

「顔もルックスも確かに悪くない👌」チェ・ユンヒョク(シム・ヒョンタク〜ハ・ドギョン@TIMES〜未来からのSOS〜)は思いっきりマザコンなので、いまいち女性にモテません。同じ弁護士で、めちゃ惚れっぽいタン・ムニ(パク・ギョンヘ〜イ・ソニョン@胸部外科)もそれを知ってからは、決してチェ弁だけは好きにならないようにと己に言い聞かせていました。が・・・😁。

根っからのナルシストと根っからのイケメン好き女子の恋の行方にも注目大です

ラストシーン

ラブコメのラストはもちろん「ハッピーエンド」と相場は決まっていますが、この「芸能人と一般人カップル」の場合はどんな結末になるのか、そこにも関心を寄せていました😍。

一時は、努力が実ってせっかく芸能界に復帰したユンソの立場を配慮したヒョクジュンが、ジョンロクにユンソと別れるよう忠告し、ユンソの芸能界復帰への熱意を目の当たりにしてきたジョンロクもまた、黙って身をひいてしまいます😭。でもそれでは(あくまでもラブコメ的には)「ハッピーエンド」とは言いませんよね。

ジョンロクと別れて以来すっかり沈んでいたユンソを見るに見かねたヒョクジュンから真相を聞いたユンソは、早速ジョンロクに会いにいきます。ジョンロクももう耐えられず、ふたりはついに結ばれました。その後は、まずはオルウェイズの皆に交際を明かした後(ジュンギュの反応がまた見もの🤣)、所属事務所代表のジュンソクにも(恋愛面での)独り立ちを宣言します。私には好きな人がいる!スキャンダル&視聴率を気にして恋人を悲しませるわけにはいかないわ!( `ー´)ノ

最後は大いにドレスアップし、ジョンロクにもタキシードを着せて、ドラマの打ち上げパーティーに連れていきました💕。オルウェイズのスタッフも皆招待されます

まとめ

繰り返しになりますが、久しぶりに100%楽しめたラブコメでした。再放送があれば是非また見てみたいです🌸。

関連記事