Information
当ブログには随時、広告が掲載されています。お目に留まったサービスや商品などございましたら、是非ご検討いただけますと幸いに存じます💐

アンダーカバー~君を守りぬく~ネタバレと感想 1〜3話 夫の秘密

韓国ドラマ【アンダーカバー~君を守りぬく~】もようやく着手いたしました。1話から本日放送分の3話まで視聴したところです。原作はBBC制作のサスペンスということで、同じように「スパイ」が現実味を帯びている韓国のリメイクは、かなりワクワクさせられました💜。ちなみに原題の「アンダーカバー」は「潜入捜査」を意味しています。以下早速ネタバレですアンダーカバーのネタバレ感想いきますよ〜( `ー´)ノ

出会い

チェ・ヨンス(ハン・ソナ〜ハン・ジヨン@酒飲みな都会の女たち)は若い頃から正義感が強く、学生運動に参加しては公権力に抗議していました。ある日も警察に捕まって護送中、同じ護送車に乗っていた「ハン・ジョンヒョン」に助けられます。実はこのジョンヒョン、本名は「イ・ソッキュ」(ヨン・ウジン〜ファン・テピル@烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち)という国家安全企画部(現在の国家情報院)のエージェントでした。以下「ソッキュ」で統一しますね。

その上司がオ・ピルジェ(クォン・ヘヒョ〜チャン・ギホ@誰も知らない)です。現在は牧師やレンタカー会社の社長をしていますが、当時は安企部の係長で、彼らは組織を「会社」と呼んでいました。このピルジェが、警察学校で学んでいたソッキュを安企部にスカウトして「ハン・ジョンヒョン」という名前を与えたらしい。ソッキュはピルジェに命じられてヨンスを見張っていたのです。

その後でもソッキュは、国家を守るよりヨンスを守りたくなって、組織を脱退することにします。そう簡単には抜けられなかったらしいけれど、なんとかうまく逃れて姿を隠し、弁護士となって弱者を守る活動をしていたヨンスのために「主夫」となりました。結婚後は男女ふたりの子供にも恵まれて幸せに暮らしています。

高位公職者犯罪捜査所

権力者の汚職や貧困層への冤罪を防ぐため、大統領府では「高位公職者犯罪捜査所」を設立することにしました。その高捜処長候補にヨンスの名前が挙がります。ヨンスは現在、濡れ衣を着せられて30年もの間服役している&しかも末期の膵臓癌😭)ファン・ジョンホ(チェ・グァンイル〜死刑囚@刑務所のルールブック)の刑の執行を止めようと活動していました。ヨンスの古くからの友人らしいカン・チュンモ(イ・スンジュン〜シン・ウヒョン@ミセン-未生-)もヨンスの内定を歓迎します👍。

ところが、これを面白く思わない者がいました。国家情報院の企画調整室長=イム・ヒョンラク(ホ・ジュノ〜チャン・バンソク@ミッシング)です。その部下のト・ヨンゴル(チョン・マンシク〜キム・ジェジュン@グッド・ドクター)は、ヒョンラクの指示のもと、早速ソッキュを見つけ出して脅しました👿。

実際ヨンスは、高捜処長になってしまうとジョンホの担当を降りなければならないため、今はまだ時期尚早だと思っていたようです。ヨンスからこの話を聞いていたソッキュは、ヨンスは高捜処長を辞退するつもりだと伝えました。

父への後悔

父のマンホ(パク・グニョン〜チェ・ドンソン@黄金の帝国)と二人暮らしだったソッキュは、警察学校を辞める際にアメリカへ行くと嘘をついたようなのですよね。マンホは、これを「出世」と解釈し、大いに祝福してくれました。

その後、上でも触れたように、ソッキュは安企部を辞めてヨンスと結婚するのですが(おそらくは)安企部に見つからぬよう姿を隠していたために、マンホとも音信不通だったようなのです。ある時偶然、街で家族でいる息子をマンホが見つけて駆け寄ってくるんだけど、ソッキュは「人違いだ」と言って立ち去りました😭。あの時の様子だと、マンホは何か察していたようでしたか?

それからマンホは認知症を患って施設に入ったようです。それを知ったソッキュは「ボランティア」と称して度々マンホを見舞いましたが、マンホはもう目の前のソッキュが誰だか分からなかったようでした

それでもマンホは、ソッキュが来る時にいつも携えてきたバターボールを全部引き出しにしまっていたようです。ピルジェが、ソッキュの立場を慮って代わりに引き取ってくれた遺品の中にはこの飴と「ソッキュとの写真」が入っていました🌹。ソッキュは涙が止まりません

ほか

それ以外では、国家情報院金融7チーム調査チーム長のチャ・ミンホ(ナム・ソンジン〜イ・ジェギョン@悪魔判事)が自殺を装って殺されたようです。ミンホは亡くなる直前に、自分に何かあったらヨンスを頼れとのメッセージを残したらしい

関連記事