Information
当ブログには随時、広告が掲載されています。お目に留まったサービスや商品などございましたら、是非ご検討いただけますと幸いに存じます💐

アンダーカバー~君を守りぬく~ネタバレと感想 6&7話 追いかけてくる過去

韓国ドラマ【アンダーカバー~君を守りぬく~】の6話と7話を視聴しました。以下あっさりネタバレですアンダーカバーのネタバレ感想いきますよ〜( `ー´)ノ

ミンホとソッキュ

亡くなったチャ・ミンホは、かつて国情院の一員として、ソッキュと一緒に潜入捜査をしていたそうです。前回ソッキュが地下鉄のロッカーから取り出した書類=無尽蔵事業のファイルの中にあったIDと口座番号は、ソッキュのそれのみならず、当時の要員たちの身分証もあったらしい。それがミンホと、コ・ユンジュです。

それらの口座には莫大な金額が入っていたそうですが、今は全額引き出されてしまっていました。となると〜用途はマネーロンダリングですね、きっと😎。ソッキュが「イ・ソッキュ」としてこの口座にアクセスすると、その情報は立ちどころにパク・ウォンジョン(チュ・ソクテ〜ヨム・ソンジェ@刑務所のルールブック)、そしてヒョンラクの知るところとなります☠️。

一方でソッキュは、ミンホが亡くなったと知ると、その遺体が発見された森へと出向きました。とそこでユンジュ(ハン・ゴウン〜ハン・ジェギョン@)に遭遇しますが、ユンジュはソッキュに気づきません。それどころか、敵だと誤解されて襲われてしまいますが「ユンジュ」と呼びかけることでようやく分かってもらえました。その後ユンジュはすぐにいなくなってしまいましたが、キーパーソンであることは間違いなさそうです。

嘘を重ねる

ミンホは27年連れ添った妻に、自分が国情院の要員だという事実をずっと隠していたそうです。それを知ったヨンスもまた、大いに妻に同情していました。ソッキュの心中は複雑です😨。

そのヨンスから頼まれて、ミンホの手紙にあったロッカーへ行き、封筒を持ち出したソッキュは(またしても)ヨンスに「ロッカーの中は空だった」と嘘をつきます。それでヨンスは、ロッカーから封筒を持ち去った男を見たと語ったチョルフンと一緒に駅の監視カメラを調べに行くことにしました。ソッキュは慌てて後を追い、やむを得ず非常ベルを鳴らしてヨンスたちを遠ざけます。

でもこの時の映像をヨンゴルが手に入れてソッキュに送りつけてきました😱。

兄の濡れ衣を妹が晴らす

またヨンスの高捜処長就任は、スングの「暴行事件」で立ち消えになるかと思われましたが、スンミが当時の被害者の女性を見つけ出してくれたおかげで、スングの正当防衛が明らかになり=晴れて濡れ衣を晴らすことができました🎉。

ヨンスが、どんな誹謗中傷にも負けず、毅然として息子を守ろうとした姿勢を、大統領府秘書室長のキム・ミョンジェ(チョン・インギ〜オ・ジョンナム@医師ヨハン)はすっかり気に入ったようです。が、ヨンスの事務所の事務長=ペ・グテク(イ・ハヌィ〜チェ・ハンボン@トップスター・ユベク)は、高捜処長になどなったら、命がいくつあっても足りないと猛反対です💢。

追伸

9話まで視聴しました。見ている時はまあまあなんだけど、いざ見終わってこれをまとめようとすると「見どころ」がないことに気づきます。うーん、最近ちと忙しくて疲れてきたことだし、この辺でサヨナラいたしまするね🙏。

関連記事