韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」

ウォッチャー-不正捜査官たちの真実 ネタバレと感想 第6&7話 チグァンが犯人!はミスリード?

2021/08/10
ウォッチャー-不正捜査官たちの真実 0
ウォッチャー ハン・ソッキュ キム・ヒョンジュ ソ・ガンジュン

ハン・ソッキュさん主演の韓国ドラマ【ウォッチャー】の6話と7話を視聴しました。あ〜ますます怪しくなってきましたね、あの人が😈。以下早速ネタバレですウォッチャーのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ。(ごちゃごちゃ思わせぶりの部分はバッサリ割愛してあります🙇‍♀️)

イ・ギョンエの行方

オ・サンドの妻、イ・ギョンエが失踪中だと言うことが明らかになりました💀。ジェミョンやサンドは、それがムイルグループ、ひいてはハヌクの仕業だと確信してわざと「一芝居」打ったのだそうです。なんとサンドを刺したのは、他ならぬジェミョンでした😵。ジェミョンは、サンドの命が狙われていると知ればきっとチグァンはサンドを刑務所から出そうとするに違いないと思ったそうです。そしてその推理は見事に的中します😎。

一方のヨングンは、あらかじめサンドの家を捜索し、カレンダーに張り付けられていた薬を発見しました。それは乳がんの治験薬だそうです。当然、一般人の手に入る代物ではありません。またこの捜査に加わった「人探しのプロ=元借金の取り立て屋😁」のジェシクは、その家にそぐわないカーペットに注目していました👍。その勘も的中しており、カーペットは「大量の血液」を拭き取った後に敷かれたものだったそうです😨。これは元監察のスヨンがルミノール反応で確認しましたが、それはもう少し先の話になります。

テジュの賭け

サンドが襲われたと聞いたチグァンとヨングンは(こちらも🐒)サンドに一芝居打たせて病院に連れて行こうとしました。が、そこでまたしても他の囚人に刃物で襲われてしまいます😱。これはテジュがムイルグループ会長のソクテとチャン・ヘリョンの関係を探るために、ジェミョンに頼んで「サンドが死んだことにしてほしい」と頼んだからですよね。会長には「サンドを始末する」と約束して、その代わりにヘリョンの尻尾を掴もうとしたのでしょう。テジュはヘリョンが会長の手先だと確信していたようで、「ハン・テジュを殺せ」と命じてほしい、と頼んでいました😅。

テジュは、15年前にジェミョンを妻殺害で起訴したものの、何かがおかしいと思い直してもう一度事件を再捜査したのだそうです。夫婦ともども襲われたのはその直後だったことから、ジェミョンの妻を殺害したのとテジュの親指を折った犯人は同一人物だと確信していたらしい。つまり、その犯人は、既に逮捕されていたジェミョンではないと言うことです。で、疑ったのがへリョンだったのですが?😈

シヨンの告白

サンドが生きていることは、サンド自身がハノクを拉致したことで明らかになりました🙄。サンドはギョンエの居場所を突き止めようとしたのですが、その後、上で言及した「大量の血液」からギョンエは既に殺されている可能性が濃厚になります。殺したのはハノクで遺体を始末したのはパク・シヨンです。そしてこのシヨンの親指にも、テジュと同じように折られた形跡がありました😲。シヨン曰く、彼の親指を折ったのはチグァンだったそうです!?😱

一方でテジュも、ハノクから、チョン会長には「汚れ仕事」を引き受けている警官がいると聞き出しています👍。一度だけその警官を見たことがあると語ったハノクの顔が、チグァンを見て引き攣りました。そう、その「警官」こそこのチグァンだったのです!!なんてこった!( ;∀;)

サンドは、せめてギョンエの遺体を見つけて埋葬したいと願い、サンドを脅してその場所を探させました。サンドが罪を犯したのは、ギョンエの治療薬を手に入れるためだったそうです😿。またチグァンもシヨンを脅してその場所を白状させます。シヨンは、忘れもしない、チグァンに親指を折られた人気のない場所=ソニル生態公園にギョンエの遺体を埋めたそうです😱。

感想

チグァンのやることなすことが、いかにも姑息で卑劣ですよね😟。刑務官の弱みを握って面会を強行したり、血を吐いたと芝居をさせて逃がしたり、ハノクの首を絞めて脅したり、シヨンはすぐにも会長に殺されると吹き込んだり、と枚挙に暇がありません💀。これでもしチグァンを信じていたのであれば逆になかなか賢いと思うところなれど🎶、いかにも胡散臭いので、どんどん嫌らしく(残酷に)思えてきてしまいます😥。むしろジェミョンが冤罪なのではないでしょうかね〜🧐。

とは言うものの、逆にこうも怪しいとチグァンも違うような気がしちゃうのはミステリーオタクの悪い癖でやんすね😁。続きもとっても楽しみです💝。

ウォッチャー 不正捜査官たちの真実〜韓国放送版〜 DVD-BOX1,2
関連記事

コメントをどうぞ♪ 0

There are no comments yet.