Information
当ブログには随時、広告が掲載されています。お目に留まったサービスや商品などございましたら、是非ご検討いただけますと幸いに存じます💐

酒飲みな都会の女たち ネタバレと感想 1〜5話 これがなかなか楽しい

【酒飲みな都会の女たち】久しぶりに、ミステリーでも時代劇でもないフツーの韓ドラを見始めました。1話を見た時はつまらないからやめようと思ったのですが😅、他に見るものも無くなりそう〜という実に消極的な理由で見続けたところ🐒、これがなかなか面白くて、今ではすっかりハマってしまいました。今ちょうど5話まで見終わったところです😁。

細かいあらすじは書けそうにありませんが、何か書いておきたくて筆を取りました。とりあえずは(5話まででわかった)主人公3人のキャラをちと時系列でまとめてみますね酒飲みな都会の女たちのネタバレ感想いきますよ〜( `ー´)ノ

酒飲みな都会の女たち

主人公の3人はとにかく酒が大〜好きな、学生時代からの親友です🌹。

アン・ソヒ

アン・ソヒ(イ・ソンビン)は大学卒業後すぐは出版社で働いていました。仕事はやりがいがあるとはお世辞にも言えず、なぜかいつも上司(チョン・ソギョン〜ウ・ジェピル@マウス-ある殺人者の系譜)の食事に付き合わされていましたが、私生活では恋人もできて、まずまず満足していました🤗。

でもソヒには「酒を飲むとだらしない男が好きになる」という癖があり、その恋人もひどい男だったのですよね👎。ソヒが手に入れたチケットで新しい女とコンサートに出かけた上、そこで当選した車をよこせと言い出す始末。もちろんソヒは意地でも渡しませんでした😤。私の金で買ったチケットでもらった車よっ💢!!

ある時ソヒは、めずらしく大きな仕事を任されました。大企業L社の会長=パク・ヨンギュ(パク・ヨンギュ〜チャ・グァンホ@ひと夏の奇跡)の自叙伝を出版する仕事です。

でもこのパク会長が絵に描いたような「自慢しい」で、自分を神や仏に例えて威張ってばかりいたため、ソヒはすっかりイヤになってしまいました😔。

そんな時に、親友のジヨンから呼ばれてホテルのプールに出かけたところ、なんとそこにパク会長がやってきます👿。詳細は別にまとめますが、会長が「自慢しい」だけじゃなく「すけべジジイ」でもあったと知ったソヒは、すっかり幻滅してしまいました。

とはいえ、仕事は仕事です。ソヒは仕方なく会長との会食に出かけていくのですが、そこで「高価な酒」を勧められたため、思わず飲んでしまいました😨。当然「思ったことを素直にぶちまけてしまいました😂。このすけべジジイっ!!よくも私のジヨンを!

こうしてソヒは会社をクビになりました😅。いつも食事に誘ってくれた上司は、最後もまた食事に誘い、いつもソヒが内心はそっちにいきたいと願っていた店の「無料クーポン」を山ほどプレゼントしてくれます😭。いつも食べていた店も、ソヒは気づかなかったけれど、美味しくて有名な老舗だったらしい。

それからソヒは、長年の夢だったコメディアンになるためにオーディションを受けました。そこでコメディアンの才能はなかったものの、ハイヒールでビール瓶の蓋を開けたのが気に入られた?らしく「放送作家」としてデビューすることになります。

そこではカン・ブック(チェ・シウォン〜ピョン・ヒョク@ピョン・ヒョクの恋)という男性プロデューサーと犬猿の仲だったのが、やはり酒がきっかけでベッドを共にする仲になります🤭。それも相当マズイですが、もっとマズイのは、毎日浴びるように飲んだ酒が理由でアルコール性の認知症になりかけていること😱。ひゃ〜シャレにならんよ💦。

ハン・ジヨン

ハン・ジヨン(ハン・ソナ〜チャン・ウンジョ@契約主夫殿オ・ジャクトゥ)は、栄養士の資格を活かしてL社の社員食堂で働いていました。ルックスも性格もめちゃいいジヨンは人気の的です😍。スケベなパク会長もすっかりジヨンが気に入りました😈。彼はジヨンを専属にしようとしますが、体良く断られたので、ある時彼女をホテルに誘ったわけです👎。

見た目は何も考えてないようで、実はかなり賢いジヨンは即、会長の下心を見抜き、ホテルにソヒとジグを呼びました😁。ジヨンは天真爛漫なふりをして会長をプールに引きずり込みます。怒った会長はジヨンを犬の農場に左遷してしまいました。

でもジヨンはそこでも毎日楽しそうに犬の世話をしていました🤗。犬たちも皆ジヨンを慕って懐いてくれます。ところがある日会長がやってきて、その中の一頭を捕まえるよう命じました。なんとそこで飼われていた犬たちは皆「食用💀」だったのです!?😱

それを知ったジヨンは斧を持ち出して犬たちの檻の鍵を壊し、これを動物愛護協会に訴えましたジヨン、いいぞ!。マスコミでも大々的に取り上げられ、会長の評判は失墜します

当然ジヨンは農場もクビになりますが、まったく後悔はありません。彼女は体の柔らかさを生かして「ヨガインストラクター」になりました。

カン・ジグ

カン・ジグ(チョン・ウンジ)は、高校の歴史の教師をしていました。でも本当は美術を専攻したかったそうですが、港町で魚屋をしている母(ユン・ボギン〜ユトップスター・ユベクベクの母@)は、食いっぱぐれのない安定した職に就くよう命じたそうです😔。

クールなジグは女生徒に人気でしたが、ある時、中でも女性しか好きになれない同性愛者の生徒=パク・セジン(ハン・ジヒョ)に告白されてしまいます。セジンの危うさを心配していたジグは、一度は彼女の自殺を食い止めましたが、一旦死を決意したセジンを止めることはできず、彼女はついに亡くなってしまいました😭。

それからジグは教師を辞めてしばらく引きこもっていましたが、何かのきっかけで折り紙を始め、折り紙YouTuberになったそうです。

まとめ

ソヒの友情はもちろんですが、ジヨンとジグのそれも素敵ですよね💕。ふたりは一見、馬が合わないように見えますが、ジヨンが暴漢に襲われた時、ジグは真っ先に駆けつけてくれました💜。それまで何度も大したことない用事で呼び出されたのにも関わらず、ジグはいつも真剣に助けに来てくれます。またジグが引きこもっていた時も、ジヨンだけは連絡が取れたそうです。あらためて女の友情はいいなあと思わせてくれる作品です👍。

関連記事