まだ結婚できない男 ネタバレと感想 第4話 やっくんは身近なところにいた?

阿部寛さん主演の【まだ結婚できない男】の第4話は「母親とケンカして悪いか!!」です。桑野の気持ちもものすご~く良く分かるんだけど、おばさんも昨年母を亡くしたばかりなので、なんだかしんみりしちゃいました親はいつ逝っちゃうか分からんからね(;´Д`)。またやっくんの正体も明らかになりそうでしたね?


以下ネタバレのあらすじですまだ結婚できない男のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


桑野の母、育代が突然桑野のマンションにやってきました。なんでも自宅が水漏れでいられなくなったので圭子のところに身を寄せたのに、その圭子と喧嘩したために、行くところが無くなったのだそうです


意外なことに、否、当然かな、育代は桑野の部屋に入ったことがなかったそうで、今回もまた桑野はいかにも迷惑だと言わんばかりに露骨に嫌~な顔をしました


育代は仕方なく、びしょびしょの部屋で風邪ひきながら過ごせばいいのよね、と言いながら出ていこうとします。さすがの桑野もそこまで人でなしではありません。分かったよ。いればいいだろ?


桑野は翌朝早速育代をまどかのもとへ連れていきました。水漏れは業者の責任だと主張して修理の費用を獲得し、かつ代わりの居場所を確保して育代を早く追い出すためです


でも育代の関心はすぐにまどか本人に向けられましたきれいで優しくシッカリ者の女性が息子の知り合いだと知るとすぐに独身かどうかを確かめずにいられません


独身です


育代はニンマリしましたが、その後、その気持ちは大きく変わっていきます。桑野が、育代のやることなすこと気に入らなくて文句ばかり言うからです


特にひどかったのは、育代が冷蔵庫の中の物を使って夕飯を作ってくれたのに、桑野は礼を言うどころか育代を批判したことです。理由は、桑野が週末の(一人で食べる贅沢なディナーにむけて熟成させておいた舌平目を、育代は煮つけにしてしまったからです


ああして生で置いてあったら、フツーはカルパッチョだって分かるだろ??


いやいや、分かりませんて。でも、もしおばさんも桑野みたいに一人で暮らしていたらああなったな~きっと。そして、もし虫の居所が悪ければ、母を思い切り怒鳴りつけたかもしれません。せっかくの舌平目が台無しよ!!


まあそこまで言わないにしても、すぐにお礼は言えなかったかも。夕食作って待っていてくれてありがとねって。


特に親子だから尚更ですよね。これで相手が他人だったら、あ~あ、と心の中では思っても、顔や口には出しません。あ、桑野は他人に対しても同じですね。そういう意味では「裏表がない正直者とも言えるでしょうか


それで育代は、こんな息子では嫁に来る女性が可哀想だと心底痛感しましたあなたは結婚なんかしちゃいけない! どこでどう間違ってこんな風になっちゃったの??


桑野も、結婚などするつもりはない、と答えながらも、どこか悲しそうでしたね


その後圭子から、明日が育代の誕生日だから、プレゼントを買って誕生日を祝ってやれと言われた桑野は、渋々、まどかに相談に行きました。桑野は、プレゼントに何を買っていいか分からないし、プレゼントに何が欲しいと母に聞くのも恥ずかしいらしいのです


そのまどか自身も母とは折り合いが悪いそうです。まどかの母親は何かにつけてまどかに張り合おうとするのだそうです。それを聞いた育代は、共通の話題が欲しいからだと解釈しましたが、まどかは疲れるだけなのだそう。あ~これもまた分かる分かる。母親だけじゃなく、姉妹もそうですよね


まどかが未婚だということも母との不仲の原因のようですね。結婚しろと言われるのもうざいし、かといって腫れ物に触るみたいにその話題を避けられるのもうっとうしい。それもこれもまどか本人が割り切れていないからなのでしょうが


結局まどかは桑野に香水を勧めましたが、その後のフォローはしませんでした。いざ買いに行こうとしてもなかなか店に入れず、不審者扱いされた桑野は有希江に頼みに行きます。有希江は桑野を過大評価しているので、すぐに頼みを聞いてくれました


この話を聞いた中川は、キャバクラの子ならともかく、年寄りが香水なんて喜ぶはずがない、年寄りには滑らない靴とか温泉の素とかがいいんじゃないの?と馬鹿にします


これまたひどい話ですよねエイジハラスメントだ!。桑野の方がまだマシです。でもそうやって貢いだブランド物は、翌日には質屋行きだそうですよ


育代と喧嘩をした桑野は結局プレゼントを渡せずにうろついていました。結局、隣の戸波の家でバースデーパーティーを開いてもらった育代がタクシーで帰った頃を見計らって出てくると、まどかから、せっかく買ったのなら渡せ、タクシーを追いかけろ!と檄を飛ばされ、日ごろジムで鍛えた体力を証明するかのように、懸命にタクシーを追いかけます


もうヘロヘロになった頃に、ようやく育代が気づいて降りてきてくれました。桑野がいやいや香水を渡すと、育代は大喜びしてくれます。ああ嬉しいわ~いくつになっても女はこういうのが嬉しいものなのよ


一度学習したことは忘れない桑野です。このドラマが終わるまでにはまどかに香水を贈ることができるでしょうか?


桑野はめずらしく、育代はまだきれいだから需要もあるだろう、などと褒めましたが、育代は、こうして誕生日プレゼントをもらうのもあと何回かしらね、とつぶやきました。いつまでもあんたのそばにいられるわけじゃないのよ


果たして桑野はこの言葉の意味を本当に理解できたでしょうか


自宅に戻った育代はまどかにハガキを送りました。香水のアドバイスをくれたのもまどかだと気づいていたようで、それはありがたいけれど、桑野に同情して結婚しようなどという仏心はくれぐれも起こしてくれるな、と念を押したそうです


まどかも、その心配はいらない、と笑っていましたが??


桑野も以前よりは丸くなった気がするんですけどね~。とはいえ、確かにおばさんも御免ですが


それ以外では、ついに「やっくん」の正体が明らかになったかもしれません。いつもジムで張り合っている男性(デビット伊東~我孫子進@雲の階段)が「やくまる」というそうなのです?


育代はこのやっくんのブログを読んで、よほど桑野のことを好きなのだろうと分析していましたね。確かに一種のストーカーですものね。


まだ結婚できない男」は続きもとっても楽しみですね


←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません